無邪気なオトナ


『魂の殺人―親は子どもに何をしたか』A.ミラー

言葉は、言葉を発するココロは一言で人を生かしもするし、殺しもする。
殺す例が多い。塾の先生がただ「君には無理だ」ということ。その一言の言い方によってはもちろん、人を生かすことおもあるが、この一言でその子が死ぬか、生きるか、どちらにも行く可能性があるという言葉の重さを知っているオトナが教育の現場にはいない。学校の先生は筋を通せとか、詭弁を用いて雄弁に語るから言葉を教わることはない。

面白い話は、精神病の患者に「死のうと思います」と言われて「死ねば?」と言って、結局その患者は生きた。ただ医者の一言の言い方、それこそ重みがあったのだろう。その患者が感じているコト、その場で起きているココロの動きに合わせたのかもしれない。言葉の技術はプログラム不可能だ。ペーパーテストなどで測れるものでもない。どれだけ言葉が疎かにされてきたか。

本のタイトルには親とあるが、親が生きている時代そのものが、コドモの魂を殺している。コドモの魂の発達を阻害する。育てつつ、バランスをとるような、絶対に切り離せない自分の一部を無視して、抑圧させて、つながりをないものにして、ココロの一部、魂の一部だけが育てられたアンバランスさが、問題を引き起こす。勿論完璧な人はいない。お互いが部分を担いながら、ただ自分自身が苦手な部分をどう生きるか、そういった工夫、本人にとっていちばん大切な課題に気が付かずに入試問題を解くなどナンセンスだ。

親が育てなくてもいい。親は親で役割がある。全部やらなくてもいい。
ちゃんと向き合ってくれて、真剣で、感情を、言葉を、ココロを打ち合えるオトナと出会えたコドモは幸せだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です