言葉と意識と行為

なぜ目の前にあるソレを「いぬ」というのだろう。

誰もがソレを「いぬ」といって、問題がないし、便利だから。

なぜこういうときはああするんだろう。

引っ越してきたとき、隣近所の人に挨拶と、手土産を持っていくのはなぜだろう。(それが大和の紙袋にはいっていたほうがよりよいのはなぜだろう)

規範、道徳、倫理、こういったものは地域によって、文化によって違う。富山県の小学生は集団で投稿するし、石川県の小学生は一人でも道を歩く。富山県の小学生は「知らない人は恐ろしい人、無視しないといけません」と教わるかもしれない。

「いい」とおもうからそうさせるのだし、「わるい」とおもったらそうさせない。

「いい」「わるい」は会社によっても違う。組織が違えば違う。

組織が違えば意識が変わる。その組織で使われている言葉が意識をつくり、行為を作り上げる。言葉は、口から出てくるメッセージではなく、人の意識そのものをつくる。ブラック企業はブラックの価値観を当然のものとして語り、行わせ、それを意識させる。

寺院で、教会で、偉い人が「説教」をするのも同じ。物語を聞かせて、その世界をいしきさせる。それから、寄付やvolunteerなどの行為によって、意識を強める。信じる、というのはそういうことだ。

自分の感じたことを大切にして、慣習的な、与えられた外部のルールと、自分自身の幸せのための積極的に創造的につくるルールを分けて考える癖をつけてみよう。信じたことを、意識を、言葉で、行為で強めてみよう(中村天風の実践はここにある)。

今でも覚えている。青森県のねぶた祭りで出会った人は「私はブラック企業で働いているんですけど、ねぶたの日だけは何があっても休みます。休めないなら会社辞めますっていってあるんです」と話をしてくれた。ねぶたの仲間は、その人にとって本当に大切な、大切な、守って生きたい大事なものなんだと、感じた。

蛇足:ギリシャ時代のポリスでは「自由」とか「平等」とかいう話をしていたようだが、市民たちの生活は奴隷によって支えられていた。という。市民権があるかどうか、それが問題であった。私たちは自分たちが生きる権利をきちんとつかえているだろうか。。。奴隷として生きていないだろうか。黒人迫害時代のアメリカでは、黒人たちがそのエネルギーを音楽に費やした、らしいではないか。それが今は、黒人音楽、ジャズとして、世界の人たちを魅了している。結局何がなんだかわからないから、広い世界のことなど考えずにじぶんのサイズで暮らしてみたらいいんだろう。。

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。