保育士、お母さんたち必読の書。平井信義さんの「意欲」と「思いやり」の子育て。

保育と言いつつも完全に受験生の悩みと同じであることが、興味深いというか、

この事実を受け止めずにまだ教育と福祉をバラバラにしてしまうのかと呆れてものがいえない。

ものをいわなくなってはいけないのだが。

平井さんの本はたくさんあるが、どれも読みやすく、事例の紹介の仕方もうまく、論理、話の流れが明確だ。
(私のもっている知識・経験を加えたらさらにいい本ができるとおもうのだが。共同執筆してくれるだろうか。)

心の基地はおかあさん

例えばこの本。もっと体系的にというか、別の書き方でも書いてくれているが、どの本でも繰り返し、言い換えて、同じ言葉がでてくる。
意欲、創造性、自発性がないと子どもは不登校登校拒否になったりやる気がなくてニートになったりする。
思いやりのある子育て、叱らない、しつけない子育て、甘やかさずに甘えさせる子育てが、子供を意欲的に、自発的に、創造的にする。

いたずら、反抗期は正常な発達であって、それは悪いことではない。
いい子にしている子は、反抗期が来なかったり、あとで不登校になったりする。
ルールに従わせる、自発性を奪う関わり方をしてしまうのは、大人が自分を省みていないから。

そういう話だ。
つまるところ「ちゃんと子どもを子どもとして理解しましょう」
「不登校になる、やる気のない子になる原因ははっきりしています。今すぐ命令・支配・干渉・過保護をやめましょう」
という話だ。

なんともすっきりしていて、わかりやすい。
平井信義さんが長い間研究し、相談を受けていた経験があるから、納得してしまう。

なによりも子どものチカラを信じている。
この文章に社会学、もっと大きな枠で統計やらなにやらを加えたらどうなるだろうか。

もうずっと昔の本だが、今になって、とても意味のある文章になっている。
教育退国日本で、どうしても読み継いでいきたい本。
新しく出てくるメソッドやら何やらを手にするお母さんが多い中で、フランチャイズや大手の予備校で学ぶ人がたくさんいるなかで、
学問の基礎、哲学をもった人たちがきちんと生き残れる世の中であってほしいとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です