中古ピアノを見てきた。

金沢にあるピアノ屋さんに中古ピアノを見に行った。
値段は何でかわるのか?どんな種類のピアノがあるのか?
いろんなことを聞きながら、

弾き比べをはじめてやってみた。

音が全然ちがうんだとおもった。
簡単にいうと、ひとつひとつのピアノは音が違っていて、大きく分けて2種類の音がある。

軽くて飛び跳ねるような音がでるピアノ
ちょっとジメッとして、重たく、落ち着きがある音をだすピアノ

子どもに弾いて欲しいのは、重たい感じの、落ち着いた音がでるピアノだ。
世の中には、神経を騒がせる音がたくさんある。
どうして音楽を習うのか。僕は子どもに音の美しさ、内向性を感じて欲しいとおもっている。
外へ!外へ!向かうような世の中で、立ち止まって自分の出す音に耳を傾けられるような音。
飛び跳ねて外にすぐでていってしまう音よりも、僕はそっちの音のほうが、子どもたちに弾いて欲しいとおもった。

グランドピアノとアップライトも弾き比べてきた。
アップライトだと、高い音がどうしてもキーンとしてしまう。
ピアノの中に余裕がなくて、弦が短いし、ハンマーを打つ場所も制限されているからだ。
グランドは、高い音でも、のびのびとして聞こえる。

電子ピアノもあったから弾いてみた。
やっぱり、子どもには生の楽器の音を聞かせたいとおもった。

使わないピアノがあったら、教えてください!

バルトークのミクロコスモスが習えるotonone-オトノネ-音楽の部屋はコチラからどうぞ

駅前で高校生を泣かせてしまいました。

2年半学校で勉強してきたのは、なんだったのか。
「大丈夫だよ」といわれて信じて課題をやり続けて、今、「ちがっていた」ことに気がついたのだろうか。
今までただ単に勉強してなかっただけなのか。。わからない。けど、こんなことがあった。

高岡駅の休憩所で勉強をしている子がいたので、声をかけてみた。

どうやらセンター試験の勉強をしているらしい。
高校を卒業した友達か先輩に解き方を聞いているようだった。

僕はちょっと気になっていろいろ話してみることにした。
話を続けようとしたら
「何をしたら帰ってくれるんですか!?(あなたはいなくなってくれるんですか!?)」
と泣きそうな表情で、声で、僕に訴えた。

2年半、勉強を続けて、課題をこなしてきて、それでもまだ目の前に受験が見えていない。
自分が受けるのではなく、「デキるはずだった」未来の自分と、今の自分のギャップに挟まっていると私は感じた。

僕は驚いてすぐに謝って、とにかくそこを離れた。
不安で不安で仕方がないのだ。
心が、締め付けられながら勉強をしているその子の姿をみて、悲しい気持ちになった。

学校の先生はひとりひとりをみていない。

初めての受験、何がなんだかわからない。
そんな道中を、もし歩いて行くなら、やっぱり誰かと一緒に歩いていってほしい。

高校3年生に、今の状況を何度か聞いたことがある。

海で溺れている。
出口がない。
私は今日、遭難しているという言葉で、受験生の気持ちを代弁したい。
不安で、怖くて、勉強どころではない高校生たちがいる。

つまずいて、転んで、泣いて、その時に
誰かが近くにいてくれる人は、幸せだ。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)