勉強の価値

勉強して役に立つの?

高校を卒業して、大学を出て、資格を取って、海外留学もして。。。

それでもし「役に立つ」かどうかを「給料」で換算したら、全く役に立たない。
特別な技能が必要ない事務職に就いてキャリアを積んだ方が、大学卒よりも給料がいいだろう。

そういう見方もできる。
大学に行ってお金をかけるより・・・

実際、大学に行って「見つけられなかった」人、大学にいって「出会えなかった人」は東大でもゴロゴロいる。

勉強したことが生きること、暮らすこと、幸せになることに変わりはない。
大学院にまでいかないと得られない資格がある。臨床心理士。
はっきりいって、受け入れ態勢がよくない。

雇われることよりも、まず、
仕事を自分でつくることを考えてみよう。
仕事を作る、目標に向けて、まずは誰かと一緒にやってみる、誰かに雇ってもらいながら学ぶ、というスタンスだ。
そういう学び方がいい。

専門の勉強をして得られる保育士資格がある。
勉強も何もしないで働く保育補助の給料とあまり変わらない。
子ども支援員、学習支援員の方が給料が高い場合すらある。

勉強と給料の関係はほとんどくずれている。

ただし、医者を除いては!(医者の世界は、給料を守るシステムが働いている)

オトノネひろげるシェアぼたん