うちの子、大丈夫?「大丈夫です」

お母さんが不安で、塾やら、発達支援サービスを利用するケースが多い。

新しい大人と出会う、環境が変わる、ということは悪いことではないが、子どもの経験の全体性が失われないか。塾に行く分、発達支援サービスを受ける分、子どもは「しゃべりたいこと」が増えるはずだ。小学生くらいなら。

もし塾のこと、習い事のこと、学校のことを話さないとしたら、子どもの「気が滅入っている」サインだとおもったらいいかもしれない。小学生くらいなら。(塾にいって、話したい!と思えるような出来事が、そもそもあるんだろうか?)

子どものサインに、気がつくだけでいいんです。

大丈夫です。

子どもが教えてくれます。

言葉がでないのは、心が閉じているから。

子供の心に一番近づけるのは、お母さん。「お母さんには内緒ね!」といって、イヤなことをさせられているんだーということを話してくれた子がいる。もう、子供でも、小学生になったら、十分、お母さんに気を使う。お母さんに、心を使っている。

心が開く経験。
(人に対してね。テレビのキャラクターに心が向くのは、テレビのキャラクター、ゲームのキャラクターと経験を共にする時間が長いし、おもしろいから!で、テレビアニメをみて、何が育つんだろう?)

オトノネひろげるシェアぼたん

勉強は「しつけ」か「あそび」か

勉強は「しつけ」だろうか。

やらせる、という限りにおいて、「しつけ」だろう。

習い事は「しつけ」だろうか。

やらせる、という限りにおいて、これも「しつけ」だろう。

しつけるとは「躾ける」と書く。身体を美しくする意味が、「拘束する」意味になったのが近代であり、現代社会ではないのか。

プログラミングするように、子どもを「しつける」大人がいる。

なにがしかの能力を植え付ける、仕付ける。「子どものために」。まるでコンピューターの性能をあげるかのように。

けど学ぶ気持ちは「躾」では文字通り得られない。

躾は本人の意思とは関係がない。なにせ、「躾」には自動詞がない。誰かが「躾ける」であり、誰かに「しつけられる」ものだ。

「あそび」には「遊ぶ」という自動詞がある。学ぶのも自動詞だ。

本当に子どもたちは学んでいるのだろうか。

「これをやりなさい」と言われて目の前に出された課題をやっている限り、それは学びではなくただのお勉強だ。(もちろん、お勉強をしながら何かを学ぶこともあるだろうが)

勉強が「あそび」になるだろうか。

今の日本では、勉強=「しつけ」だろう。子どもはお勉強をするように躾けられる。成績が悪いと「しつけが悪い」ことになる。(成績が悪い生徒は、いなくならない。だって相対評価だもん)本来それは「躾」ではない。美しさとは、数字で表せないから。

じゃぁ学校でさせられる「お勉強」ってなんなんだ?

「労働」という二文字がよく似合う。


オトノネひろげるシェアぼたん

近代ではなく現代に必要なことを学ぶ

多くの言葉が失われている。

多くの心が失われている。

多くの体が失われている。

うすっぺらい言葉と薄っぺらい心と薄っぺらい体が溢れている。「ムカつく!」という言葉は「むかむかする」であって、相手を叩くようなバシッとした言葉ではなく、心の中で処理しきれない、もぞもぞしている段階の言葉、「胃がムカついている」という使い方をしていた。それが今では「イライラ」するになっているかもしれない。むかむかする経験わまだコントロールできている感じがするが、イライラとなると、もう棘が立って痛々しい。

教科書で学ぶ言葉は漢字二文字の堅苦しい学術用語だ。そんな言葉を学ぶよりも、もっと豊かに生きるために必要な語彙を学ばないのか。(もちろん、二字熟語を学ぶのは悪いことじゃないが、大切なものを忘れては困る)

豊かな言語環境(時間をかけて、自由に話せる)、豊かな心の環境(信頼できる人間関係)そして身体の環境(リラックスでき、自分の姿勢を保てる場所)が最上の勉強環境であって、それは塾でも学校でもない。

体の感覚を失えば感情も言葉も失う。

心や感情を失えば言葉も身体も失う。

言葉を失えば感情も身体も失う。

そのバランスをとるために、オトノネにきてくれたらいい。ヨガも教えるよ。(まじです)

やってみようよ。

オトノネひろげるシェアぼたん

なやんでばかりのおとのね さん

最良の学びの場は、豊かな暮らしそのものだ。豊かさとは何か、そのこたえは?richness

児童期は自分の力を発見して行く場。系統立てられたレッスン、一斉授業、「やらされることをやる」習慣は自然な学習意欲を損なう。

子どもの「遊び」は魔法の授業という本を読みながら。知ることと行うことのバランスの悪さにほとほと困ってしまう。これでも行動しているつもりだけど、全然、達成感が、まるでない。

この時代の中で、僕自身が育ってきた中で、これから僕自身がこう暮らしていきたい、子どもにもこういうふうに暮らしていって欲しい、育っていって欲しいという気持ちがある。僕の中で「うまく育たなかったこと」を本を読んで気がついて、いろんな人に出会いながら、「うまく育たなかったからできるようになったこと」をどう生かすか。その答えが今の所otonone-オトノネ-だ。

本屋に行くといろんな本が並んでいる。情報が多すぎる。最近は新しい流れがでてきたが、お父さんお母さんが見る子育てや勉強の本は「知育」とか「参考書」とか。テレビをつけているとコマーシャルが流れる。まわりのお母さんたちが早期教育を始める。その一つ一つが子どもからチカラを奪う。実に、奪う。そういった大人たちに“抵抗”するチカラが子供にあるだろうか。文化的な、地域的な圧力、「そのようにすべきだと取り決められたもの」が本当にいいことなのか、立ち止まって“判断”するチカラが子どもにあるだろうか。

お母さん・お父さん、身近な人が“抵抗”も“判断”もしていなかったら、子供は“従順”と”無念”の中で暮らすことになってしまう。心が壊れてしまう。(そういった話の研究は日本ではなされないし、情報にもなかなかのらない。)もちろん、DVを受けているのにそれを幸せだと思っている人もいる。ただ、それは僕が目指している精神ではない。逃げたいときは逃げる。休むときは休む。やりたいときはやる。社会の中で自己調整をしていくチカラ、抵抗できることとできないことを知ること、つくろうとおもえばつくれること。

あそびを知る大人になって、大人同士、子供どうしが遊べる社会をつくっていくこと。それがどんなやり方でもいい。そのチカラを家族だけでなく、周りの人、地域まで広げられる人もいればそうでもない人もいる。(僕は広げるのが苦手だし、遊んでくれるひとをいつも探している)

人間は便利な機械ではない。テスト(作業効率を計測する試験)で高得点を得られることで出荷(大学に行く、企業に行く)されるイメージなら、機械として壊れ、人間として苦しむかもしれない。実にそうだとおもっている。(もちろんその狂気から立ち直ってよりよく生き直す人もいる)

大人が、自分の暮らしを「豊か」だと思える環境の中で育てば、子供は「豊か」に育つ。オトナが「ストレス」に対処する行動を真似て、子供も「ストレス」に対処する。ストレスを子供にぶつける(お母さん。お父さんの不安を子供におしつける!子どもの将来を案じて!おせっかい!)オトナと暮らした子どもは将来、生まれてくる子どもに同じようにする(虐待の連鎖)。「勉強」をしている状態が「豊か」な人と学べば、子供は「勉強の豊かさ」を学ぶかもしれない。それが受験勉強という将来役に立ちそうにない(多くの場合実際、たたない)経験を有意義なものにしたいotonone-オトノネ-のオモイだ。

多くの情報はマスコミによってもたらされ、多くの資本を持っている「市場主義経済の権化」によって操作されている。私は正しいこと、美しいこと、善いことをしたい。良心をもった学者、芸術家として、リッチに生きたい、と、おとのねさんはおもいはじめた。学校という世界も、情報が統括され管理された、文化的な圧力をもった場所だ。「学校」に利用されず、利用できる人になってもらおう。オトノネが求める生徒は、そういう生徒だ。

お金!

オトノネひろげるシェアぼたん