富山県で共働きが多い理由を考える。

共働きが多い理由は、「富山県民は働き者だから」が通説だった。

今日、出会った話した人からこんな解釈をもらった。

「富山県は2世帯、3世帯がひとつの家に住むから、家にいるとめんどくさい、嫌になるから働きにでるんだ」と。

そうだよな!と正直に思えてしまうのは、今までそういう人にたくさん出会って来たから。もちろん、そうじゃない人にもたくさん出会って来たけれど。。。

2015年の共働き率が載っている、見やすいサイトがある。https://todo-ran.com/t/kiji/11891

勉強の偏差値55の壁があるので、こちらも55までの都道府県をみてみよう。(しかしながら、東京の共働き率はそれでも50%なのが見逃せない。偏差値だけではみえない数字の真実がある。)

上から順に、山形県福井県、島根県、富山県、新潟県、鳥取県、石川県、長野県、秋田県、岩手県、佐賀県、宮崎県。。。太文字は何かというと、「山陰」「裏日本」「日本海側」である。

さて、統計を使うとこんなことも調べられる。果たして、「大家族が嫌で仕事にでているのか・・・」どうか。もちろん、推測に過ぎないが。

核家族の割合のデータ。https://todo-ran.com/t/kiji/11895 これは低い方から見ればいい(核家族が少ない=大世帯)

そうすると、大家族の順に、山形県、福井県、秋田県、新潟県、岩手県、福島県、島根県、富山県、鳥取県、佐賀県、青森県、岐阜県、長野県、宮城県(石川県の偏差値は46だった)

なるほど、たしかに、大家族だと家にいるのが嫌だから働いている、といわれても、うなずける相関関係だ。

「経済的に貧困だから、共働きする」という仮説も検証しよう。

データはこちらを使う。https://todo-ran.com/t/kiji/10714 順位は、所得の「高い順」(1位が東京都)

富山県:5位、福井県14位、石川県16位(北陸三県)

長野県23位、新潟県30位、山形県32位、秋田県38位、島根県40位、鳥取県46位、

いやぁ、まいった。

富山県は・・・

所得が多いのに、それなのに働いている。(働いたから所得が増えている、のではない。だって、共働き率No1の山形県でも所得32位だもん)

富山県民に共働きが多いのは、家にいたくないからだという仮説が支持され(てしまっ)た。

もちろん、もっと別のデータの見方ができれば、見え方も変わるだろうけれど。共働きの数値が「女性の社会進出」を表しているというより、富山県の場合は、共働きの数値が「女性の生きづらさ」を表しているとしたら、もっとハッピーをお母さんにかんじられるような、おとのねでいたいとおもう。

追伸:今日入った情報によれば、「富山県は社長が多い」ということで、所得が高いのは一部の人で、お金がなくて共働きをする、という場合も多々ある、という見方をいただきました。数字、統計も解釈でだいぶ変わりますね。ひとりひとり、お母さんが悩んでいることは違う、ということは、本当だとおもいます。

オトノネひろげるシェアぼたん