傲慢という言葉よりも

中学以来の友達と話をしていた。その人のパートナーが図書館で絵本を読む研修をしているという。その人の課題図書の一つに「子どもに残酷な物語を読み聞かせていいのか」みたいなお題の本があった。

絵本を読む子どもの読み方を決めつけるこの傲慢さに気がつくオトナは少ない。コドモの感じる世界を、オトナが決めつけるのは、しかしながら、フツウだ。「この子の幸せのために」という言葉を私は聞いて育ってきた。いやいや。私は私の感じ方があるから。

さて、ここまで書いて、ふと、気がついた「違和感」がある。言葉の一つを使った後に、相手に与える影響もあれば、自分に与える影響もあるのだ。私は、私の中に違和感が産まれたことに気がついた。

傲慢という言葉は、他の人に使えば攻撃になる。非難する声になってしまう。ただ、私が今まで生きてきた時間の中で、コノような誰かを攻撃する言葉をたくさん覚えてきてしまったのだ。語彙は大切だ。人を攻撃する言葉を避け、生きるのに役立つ言葉をオトナが使っていくことが、コドモにとって一番大切なことだとおもう。言葉だけでなく、ものの言い方、態度、性格と呼ばれるものも、だれもが生きながら、学んでいく。人を傷つけるやりかたで暮らしていれば、コドモはそれを真似てしまうかもしれない。コドモは、ちゃんとみているのだ!

だからごうまんという言葉を使わずに、二字熟語、漢字に頼らずに、ちゃんと伝えるために、もっと身体的な、日常的な言葉を、ちゃんとした言い方で、話すといい。傲慢さに気がつく=「コドモの感じていることを決めつけていること」に気がつくと言い換えるのだ。抽象的な言葉に振り回されてはいけない。

傲慢という言葉を使うとき、私の心に少なからず怒りが生まれたことに私は気がついた。そしてそのとき、私も傲慢になっている。言葉は、感情を生み出す。ちゃんと選んで、使えるようになろうと、私も気をつけている。言い方、言葉の選び方、これが自然にできる人こそ、私は先生になってほしいとおもう。だから、保育所をつくりたい!

無邪気なオトナ


『魂の殺人―親は子どもに何をしたか』A.ミラー

言葉は、言葉を発するココロは一言で人を生かしもするし、殺しもする。
殺す例が多い。塾の先生がただ「君には無理だ」ということ。その一言の言い方によってはもちろん、人を生かすことおもあるが、この一言でその子が死ぬか、生きるか、どちらにも行く可能性があるという言葉の重さを知っているオトナが教育の現場にはいない。学校の先生は筋を通せとか、詭弁を用いて雄弁に語るから言葉を教わることはない。

面白い話は、精神病の患者に「死のうと思います」と言われて「死ねば?」と言って、結局その患者は生きた。ただ医者の一言の言い方、それこそ重みがあったのだろう。その患者が感じているコト、その場で起きているココロの動きに合わせたのかもしれない。言葉の技術はプログラム不可能だ。ペーパーテストなどで測れるものでもない。どれだけ言葉が疎かにされてきたか。

本のタイトルには親とあるが、親が生きている時代そのものが、コドモの魂を殺している。コドモの魂の発達を阻害する。育てつつ、バランスをとるような、絶対に切り離せない自分の一部を無視して、抑圧させて、つながりをないものにして、ココロの一部、魂の一部だけが育てられたアンバランスさが、問題を引き起こす。勿論完璧な人はいない。お互いが部分を担いながら、ただ自分自身が苦手な部分をどう生きるか、そういった工夫、本人にとっていちばん大切な課題に気が付かずに入試問題を解くなどナンセンスだ。

親が育てなくてもいい。親は親で役割がある。全部やらなくてもいい。
ちゃんと向き合ってくれて、真剣で、感情を、言葉を、ココロを打ち合えるオトナと出会えたコドモは幸せだ。

一対一、個別指導とはどういうことか

流山の松の実保育園を見学したとき、1才児のクラスだった。コドモがオトナに絵本を読んでもらっていた。その子の隣にもコドモがいた。オトナは二人の子に見えるように絵本を広げて、コドモ・コドモ・オトナの順番で並んでいる。その時理事長先生が、「一人のコドモに読んであげなさい」といって、ほんの角度、オトナの体の傾きを変えた。すると、見た目でもコドモとオトナの関係がすっと入ってくる。とてつもない、演出、演劇だ。

もっと驚いたことは、その後ろで、絵本を手にしているコドモがいたことだ。たぶん、次、読んでほしい本をもって、待っているのだと思う。本人に聞いたわけではないが、そのとおりだとおもう。

よくある話し、1歳になるとあれこれやてくれ、あーだこうだと喋りまくるという。本当に、保育園もうるさい。うるさい!声をどうつかったらいいかコドモは学べない。学べるような関係をつくれるオトナがいないのだ。オトナはそれで平気で過ごしている。一度に話しかけてもわからないのに、一度に話しかけてこられたら?ただ本当にありのままの気持ちで言葉を使うだけなのに、オトナにはその余裕がない。イライラして声をあげて「後にして!」というのがフツウの保育所。後っていつ?

だから、一人の人間が複数の人間と同時に関係をつくろうとしたら、ほとんどマインドコントロール、いい気分にさせるような術を使うことになる。特別な技術が必要になる。それが集団授業のスタンダードだ。ふつうだ。小学校から真剣勝負をしてくれるオトナとめぐりあう機会はどんどん少なくなる。コドモは、人間は、それぞれの段階で誰もが真剣に向かい合ってくれる人を必要としているのに。(ちなみに演劇の場合は、一人の俳優が観客に見てもらうための技術をちゃんと修得しなくてはいけない。これができない俳優が多いのだが)

集団は、一方的になりがちだ。というより、集団では育たない大切なものがある。それは言葉だ。「フツウ」の子は集団で「フツウ」のコミュニケーションを覚え「フツウ」に暮らしていく。ただ、「フツウ」でない子は?風の流れに敏感な子、音の響きに敏感な子、ひとりひとり違う。声が聞き取りにくい子もいる。私がびっくりしたことがある。多くのコドモがわらべうたを歌っている外で、一人で積み木で遊んでいる子がいた。私は気が付かなかったのだが、理事長は彼女がわらべうたのリズムを積み木で叩いていた!ソレに気がついて私も耳を傾けると、とてもおもしろいリズムを刻んでいる。楽しそう!といって混ざると「こっちの積み木のほうがいい音がでるよ」みたいなことを喋って積み木を渡してくれた。あとから聞いた話、彼女は音に敏感で、内側に意識が向かう傾向がある(音に敏感な子はそうなのか…)。だから保育者から理解されないで、関係をもてていない時期があった。今は自分なりに遊べるようになったと。「フツウ」でないコドモ、「フツウ」でないのに「フツウ」であろうとするコドモ、いろんなコドモがいる。

「フツウ」の人間は「フツウ」以外のものと関わり合うのが苦手だ。
それは自分の中の「フツウ」じゃない部分と付き合うことが苦手なのだと私は思っている。
私自身が、年をとりながら、いろんな自分と付き合いを深めていく、自分と関係をちゃんともとうとしている。

保育園訪問

流山にある保育園。
わらべうたを日本で普及させた羽仁さんが、ハンガリーから日本に戻ってきた後、10年後くらいにつくったという保育園。

1に空間、
2に空間、
3・4がなくて
5に人間

というほど空間というか、環境にこだわっている、そうだ。空間を、どこになにがあるか、そこでコドモがなにをしようとするかを考えて配置するだけでコドモの様子が変わる。もし大きな窓があるならそれを取り入れようとするし、その窓がつくる雰囲気を活かすように棚とかをつくる。基本的に、複数のコドモが自分の遊びをたのしめるニッチ(生態学用語)をつくることだ。そしてみんなでわらべうたをやるときなどは真ん中にある台を動かすだけでいい。ほんとうにちょっとしたことでコドモのココロはかわる。「トイレも各部屋に一つづつある。配管工事屋さんからそれは管理が難しくなるからやめておけとか、トイレの床を板張りにしてくれといったら、水気ですぐ駄目になっちゃうよといわれるんだけど、どれもコドモの暮らしを守ることなのに。廊下があって教室みたいに保育室が並んでいる保育園もあるけど、うちは一つ一つどくりつしている。」国から言われて、少ユニット化する児童福祉施設は多く存在する。それが義務付けられているからだ。自分から保育園の構造をきちんとデザインする人は少ない。空間が人間を殺してしまう例はたくさんある。あの、東京の知的障害者施設では、どれだけ人間ががんばっても、勝ち目がない空間の力を感じた。

いわれないとやらないオトナ、自分で動かないオトナがそのまま同じようなコドモを育ててしまう。

「うちはね、プリントを保護者に配らないんです」といわれてハッとする。プリントもオトナの都合で配られるもので、時間を省くための道具だ。コミュニケーションをふつうに、ただひたすら普通に行おうという「型」の一つとして、プリントを配らないということが行われている。声を使うこと、身体を使うことを避けていく「伝達」は人間を機械的に扱う行為にも思える。発達という言葉、成長、育成ということが生物学的な言葉であるとしたら、教育という言葉はプログラミング、機械、生産ラインというニュアンスを含んでいる。「生徒管理」という言葉がある。これは完全に製品あつかいだ。実際に、学校の後者は刑務所をモデルとして作られている。校庭での体育は軍隊の訓練を想定して作られた歴史がある。この環境の力を弱めるためにも、環境にはこだわったほうがいい。また、人間が育ってきた環境の影響を弱らせるための型として、わらべうたはとても、役に立つ。というのも、わらべうたは人間関係をつくる型、モデルになるからだ。わらべうたが大切なのではない。ただコドモを人間としてみる、人間として関わり合うためのツールなのであって、わらべうたを使う人間にその心がなくてはお遊戯と一緒だ。

「うちの園は運動会をやらないんですって話たらじゃぁ他の保育園に行きますという人がいるんだけど」という言葉。どういうことかというと、運動会も結局、誰がなんのために始めたものか、そしてそれが保育の現場に必要なものか、必然として必要なものかを考えると、運動会は、必要のないものだし、保護者が「おたくの園の運動会はいつですか?」とかいうママ友との会話がなくなるのが嫌で親の都合でつくられたもの、スタンダードということ。

帰り際に「照明、消していましたね」と僕が話した。
「そうなのよ。他の保育所にいくたびに照明消してっていってるのよ」と話してくれた。

幼稚園見学

龍ケ崎にあるみどり幼稚園に行ってきた。
わらべうたのことを知りたいと頼んで、先生が来る日に見学させてもらった。

この幼稚園ができたのはもう40年前。
隣りにある公園で青空保育をして始まったのが今に至ると聞いた。

小学生になったら、ここで育った子が他の子とどう違うのか、聞いてみた。
違う、らしい。自分のことを話す、会話ができる、学校の先生がクラスにいてほしい良い生徒になる、そうだ。
わらべうたを歌っているというよりわらべうたで遊んでいる子どもたちをみていておもう。言葉を使う、感情と繋げる、体と呼吸を繋げる、ココロが育っていると思えた。
わらべうたを使って声を出しながら、誰かに何かを渡したり、誰かに触れたり、目を合わせたり、小さな子には気を使って目線を変える子ども。

わらべうたをどうしてするのか?
ひとつには、わらべうたをつかって遊ぶと、子どもの発達の度合いがわかる、のだという。それをみて、オトナがコドモの成長を後押しするヒントにするという。
あそびのなかで子供たちは自分ができることを精一杯する。声に合わせてジャンプができる子、まだジャンプが上手くできない子、リズムに合わせて歩ける子、まだリズムが聞こえていない子。
どんな子でもわらべうた遊びの中で精一杯遊べる。授業とは違い、他の遊びをしている子はわらべうたあそびをしなくてもいい。年長さんには年長さんが挑戦できることがあって、年少さんには年少さんの挑戦がある。
同じ場所、同じ遊びのなかで一緒にできる、声を使って、リズムをつかって。演劇的だった。見学をしながら「こんな遊びにしたらおもしろいんじゃないか」「こういう動きにしたらもっとリズミカルになって楽しいのではないか」などと考えてしまった。まさしく演劇的だ。

自分の声を使う、ということがなかなかできない世の中だ。
声を使う、話す、息をすること、音を「きく」こと。
「きく」ことはとても大切で、インドネシアのAbdiも言っていたことだ。

楽譜に書かれた音にこだわらず、子どもたちが歌いやすい声を基準にする。自分の声を使う、自分の声を知るということ。ソレが一番、自然だし、おもしろい。
小学校に行ったら、西洋式の歌唱法を教わるのだろう。それいぜんに、自分がもっている自分本来の声、気持ちと結びついていることは、子どもたちの自信になるんだろう。

小学校にいっても、本当の自分の姿になれる「あそびのじかん」を大切にしてほしいと思う。