本当は怖い中古ピアノ

実はこの間、物流センターみたいな場所にピアノがあったよ!と知り合いの人が教えてくれて、行ってきました。

結局、「このピアノはどこを騙しているのか」と疑って音を出したり、見たりした。
音を出した時に気がつかなかったことが悔しいのだが、中身を開けて、「ああ、なるほど」と納得した。

高音部のキーを叩いて、その後に指を離しても、音がなり続けていたのだ。
中を見ると、ハンマーが、なかった!

高音部以外の、ハンマーも、なぜか木製でなく、プラスチック製で、接着も雑であった。
20年くらいの

中古ピアノを見てきた。

金沢にあるピアノ屋さんに中古ピアノを見に行った。
値段は何でかわるのか?どんな種類のピアノがあるのか?
いろんなことを聞きながら、

弾き比べをはじめてやってみた。

音が全然ちがうんだとおもった。
簡単にいうと、ひとつひとつのピアノは音が違っていて、大きく分けて2種類の音がある。

軽くて飛び跳ねるような音がでるピアノ
ちょっとジメッとして、重たく、落ち着きがある音をだすピアノ

子どもに弾いて欲しいのは、重たい感じの、落ち着いた音がでるピアノだ。
世の中には、神経を騒がせる音がたくさんある。
どうして音楽を習うのか。僕は子どもに音の美しさ、内向性を感じて欲しいとおもっている。
外へ!外へ!向かうような世の中で、立ち止まって自分の出す音に耳を傾けられるような音。
飛び跳ねて外にすぐでていってしまう音よりも、僕はそっちの音のほうが、子どもたちに弾いて欲しいとおもった。

グランドピアノとアップライトも弾き比べてきた。
アップライトだと、高い音がどうしてもキーンとしてしまう。
ピアノの中に余裕がなくて、弦が短いし、ハンマーを打つ場所も制限されているからだ。
グランドは、高い音でも、のびのびとして聞こえる。

電子ピアノもあったから弾いてみた。
やっぱり、子どもには生の楽器の音を聞かせたいとおもった。

使わないピアノがあったら、教えてください!

ピアノを探している

ピアノが欲しい。
お母さんたちはコドモにピアノを習わせたい、そういう風習が明治時代から日本で続いている。
クラシック業界のコマーシャリズムのせいだろう。

しかしこれが高い!
値段が!

こんな高価な楽器だったのかとおもう。
三味線も高いが三味線など比ではない。
グンデルも高いがグンデルが4台は買える。

アップライトでそれだ。
グランドは。・・・重くて移動できないし、どうしてこんなにも大変な楽器をみんな練習したいんだろう?
とおもったりする。
けど私も中学生時代、学校にあるピアノを弾いていたし、やっぱりどこかにあると便利なのかもしれない。
現行の教科書をみても、やっぱり身近に感じるのはクラシックだから。
いやだからもっと別の音楽を教科書が扱えばいいだけの話なのだが。
学校の先生が、ついていけない。
先生が、クラシックを学んできたのだから。。。。

結局先生次第なのだ。

閑話休題。
みんなで使うピアノが、地域にあってもイイ気がする。

ピアノ弾ける場所、ないのかな?_?
探してみようとおもう。

体験すること

体験という言葉はもともと修験道の言葉だ。
頭の中で思い描いていたものを、体で、体現すること。

音楽も言葉も、頭の中でおもいめぐらせることはできる。ただそれはやっぱり体験ではない。体が感じれていないことだ。
頭が忙しくなって、体で感じる時間が少なくならないように、ゆっくりと暮らすのもいいだろう。焦りや不安で頭の中がいっぱいになったら、体が感じていることに気がつけ無くなってしまう。楽器の体験会、たくさんの人にきてもらいたい。

友達の俳優が、今週末舞台に立つ。いつも舞台を見に行けないけど、頭の中で想像だけしている。もしかしたら、人生は、想像だけじゃものたりないことを体で体験していくことの連続なのかなとおもう。頭の中で思い描くだけじゃ、そのうち病気になりそうだ。「欲望という名の電車」という戯曲のヒロインのように。

河野亮仙センセイ

『神々の島バリーバリ=ヒンドゥーの儀礼と芸能』を読んでケチャを医学の視点から書いてくれた河野亮仙センセイに会いに行った。

お寺の勉強をするためにインドに留学して、それからなぜか、踊りに興味を持って調べてきた人だ。そしてなぜか、インドネシアの記事を書くことになった不思議な人。20年前に書かれたものとは思えない記事だ。ケチャのもつ力、〈トランス〉というと日本人に理解が難しい力。日本人は大部分忘れてしまった感覚だろう。琉球にはまだその片鱗が残っている、というが。

あれからバリはどうなったんだろう。日本人は、異文化と接したときに、何をするのか。そして今、どうなっているのか。ガムラン音楽や踊りの稽古をつけられる人はたくさん現れた。僕は僕なりにその音と付き合えるようにしたいとおもう。一瞬のトランス状態、僕はこのこころの状態を引き出す力を、バリの音楽に、インドネシアの〈地元の〉踊りに感じている。一人でトランスに入ることはむずかしい。日本でも、巫女をトランス状態にもっていく術者がペアになっていた。やっぱり一人は、むずかしい。

いろいろな本を紹介しているサイトがあった。
バリ関係・推薦本

踊ることの効用・高揚を味わうといえば、青森に住んでいた頃、「ブラック企業に勤めているんですけど、ネブタのために生きています。ネブタの日休みくれなかったら辞める!っていってますよほほほ」といっていた人と出会ったこと。ここにもこころの風穴が。みんな、なんとか暮らしている。

やっぱり、こころが動くときには言葉とか、音楽がある。
大切にしたい。