物理で人生を語ってみる。

韓国で演劇の修行をしていたときのことだ。
「走りながら考えろ」立ち止まって考えるな。という言葉をよく聞いた。

韓国はいつでもバリバリだ。
빨리빨리だ。

そこでふと思った。

私はよく立ち止まってしまう。
立ち止まってから急にグワッと動き出す。
動きながらでないとわからないことがある。
止まってブルブル震えていないとわからないことがある。

それはまるで粒子が振動したり、飛び交ったりしているようだ。

止まっているのか、動いているのか、そっちの原子の電子か、あっちの原子の電子かもわからない。
それでも動き続けることで、いろいろな原子核に作用する。

こういう電子みたいな力が、きっと私たちにもあって、いつも私のしらないどこかに私を連れて行くんだろう。
絶対零度でも、運動は止まらない、らしいですね。

量子の世界は、どこか心の世界と繋がっているような気がする。

進研模試の偏差値はなぜあんなにでたらめなのか。

理由は簡単で、進研模試は学校が一括してみんな受ける模試だから、ほとんどが専門学校にいくという学校の生徒も、受ける。
だから点数が低い人がたくさんいる。

浪人生は受けていない。だから高得点をとる人が少なくなる。

だから偏差値は高く出る。

また「進研模試の過去問」なるものが出回っている学校もある。
授業で「進研模試対策」をしている学校もある。

もうわけがわからない。

というわけで、進研模試の結果はあてになりません。
進研模試でA判定が出なかった人は「ああ、目標はまだ遠くなんだな」くらいに思っておくといいとおもいます。

金沢泉丘高校生が通学中に英単語を片手に持っていることへのアドバイス

金沢の朝の風物詩といえるかもしれない。

金沢泉丘高校の生徒たちはバスを待っている時もバスの中でも単語帳や日本史、世界史の暗記ものをしている。
これが文化というものかと思えるほどだ。
これをやらなければ泉丘失格!みたいな雰囲気すら感じてしまう。

「みんないっしょ」現象かもしれないとおもうと、ひとつここで提案したい。

英単語を覚えるために、本を片手に通学中に覚える以外のもっといいアイデアがある。
前の日に覚えた単語を、ノーヒントで、全て思い出すことだ。
片手に単語帳を持っている必要はない。
自転車に乗りながらもできる。(前方、左右に注意)

なぜ、それをしているのか。
もっといい方法はないのか。
本当に使える単語力になるのか。

試していろいろやってみてほしい。
泉丘高校で難関大に行けないひとは6割だ。
きっと雰囲気に流されて、本当に自分の役に立つ勉強ができていないのではないか。

少し心配だ。
健闘を祈る。

学校でも、暗記をしているのだろうか。
いやいや、友達ともっとおしゃべりして、青春を謳歌しているのだと、信じている。

物理がわからないで困っている人に捧げる学ぶチカラ、メタスキル

世の中、物理の問題だらけだ。

君が歩いているとしよう。
どうして歩けるのか。

君が落ち葉が落ちるのを見たとしよう。
なぜそれは舞い落ちるのか。

学校に行くまでに、物理現象を観察してみよう。
現象に、気がついて、説明できるか。
物理の目線で、世界をみれるか。
その力が、問題文を見た時の反応スピードを変えるだろう。

電車に乗りながら、手すりの揺れが違うのをみる。
車に乗りながら、慣性について考える。

物体を、質点と考えてみるだけで、物理の神様は君に微笑んでくれるかもしれない。

ひとつ課題をだそう。

バイクの後ろに鳥かごがある。
鳥かごの中には鳥がいる。
バイクが走っている時、鳥が枝から飛び立ったら?

わからなかったら、学校の先生や友達にもこの問題を出してみよう。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)

印刷機をみて人間をみる

ちょっと具合が悪くて印刷機の裏側を開けてみてもらった。
外見ではわからないいろんな回路、配線がある!

劇場で働いていたときも、同じ感覚を覚えたことがある。
劇場にはいろんな配線、電気関係の装置がある。舞台のために、ステージをかこんではりめぐらされる、まるで神経だ。
情報を伝える、エネルギーを送る、ということのシンボルが、糸、なのかもしれない。

私たちは機械の中で暮らしている。
機械の使い方、ボタンを押すといろんなことをしてくれる。

私たちは人間の中で暮らしている。
決められた状況で決められたスイッチを押すと決められたことをするような関係だけになっていないか。

人間らしさとはなんだろう。
見てくれをみる限り、機械とあまり変わらない。
心があるかないかが、やっぱり違う。

何が起こるかわからない。
ひとりひとり違う心を大切にしたい。

プログラムや機械ではなく、人間らしい心で人と関わっていきたい。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)v

さて、化学の問題です。

おとのねさんはある日、ヘリウムを入れた風船をヘリウムガスの中に入れたらどうなるか気になってやってみました。

なんと!

ヘリウムの風船が、ヘリウムの中では、浮きません!
ヘリウムのくせに!浮かないなんて!

当たり前といえば当たり前ですね。
私たちは空気というものが当たり前になっている。
空気が基準だ。
その当たり前の世界から、ヘリウムガスは少しだけ私たちを自由にしてくれる。

学ぶといいうことは、当たり前の世界のなかに隠れている僕らの世界の不思議を見つけていくことなのだとおもう。
受験の勉強は、ただの受験勉強だ。
受験生の時、私もツライおもいをした。「こんなんおもろない」とおもったものだ。

それでもかけぬけて、大学でいろんな人との出会いがあって、今私はここにいる。
大学の選び方も、偏差値以外でどうやって選んだらいいかも、高校生たちに喋れるようになった。

当たり前に過ごしている世界とは違った世界の見方を、生徒たちに伝えたい。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)

物理も化学もわからない

中学数学からやりなおした高校生。
結構長い付き合いをしているのだが。

物理、化学の勉強をしていて、ツラそうな場面がある。数学的な考え方、文字や図形の処理をしているときだ。
数学の基礎がなくて、計算をすることがどれだけ負担になっていたか。

基礎の順序を間違えて組み立ててしまった化学、物理がどれだけあやういか。
物理ができない、化学ができないひとは、たぶん、数学ができていない。
しかも、高1の範囲。

ということを、今日私は学んだ。

やりなおせるものなら、物理や化学でなく、数学をやり直すのはいかがでしょう。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)

数学がわからない

人が多いらしい。

数学は教わらないとわからない。
数学を学ぶ順序をきちんとわかっている先生から教わらないといけない。

数学がわからないのは、数学をわかっている先生が少ないからだろうか。
暗記型で点数を取っている先生には、「WAKALANAI!」生徒のわからなさがわからない。

数学をわかっている先生がいないから、解法を覚えていく暗記が流行る。
解法を暗記して点数がとれる人は、無秩序に、意味不明な順番で教わる解法を自分で順序立てて頭の中で整理できる人だ。
大切なものが何かを誰にも教わらずに学び取る、メタスキルをもっている人だけだ。
「あの人、この参考書使っているから!」という基準で参考書を選んではいけない。

だってメタスキルもってなかったらぐちゃぐちゃになってしまうもの!

今日、高校1年生で習う一番最初の勉強をしてみた。

驚いたことが2つ。
最初に習う言葉が「降べきの順」?
中学校で習うはずの言葉を高校でも教えるのか!?

いい先生に出会ってください。
数学がわからなくて困っている人にはそれしかない。
それほど数学は、体系的に構築されている。
逆に言えば、体系的に学べば、わかるものだ。

わかりやすい解説をしてくれる参考書はある。
解法を理解するための参考書はある。しかし体系的に、ゼロから作り上げる参考書は、ない。

いい先生を探してください。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)

宇宙一わかりやすい参考書が売れている

「新しく出たイイ参考書」が売れていることを知っている。
「新しく出たイイ参考書」が売れていないことも知っている。

世の中はいいものが出回るわけではない。
社会心理学、経済心理学という分野もあるほどだ。
人はいいわるいだけでは判断しない。

いいもの、の基準が人によって違うし、そもそもいいものが何かわからない。
昔の人はよく「根っこ」を食べようとしたものだと感心してしまう。イイものかどうか、よくよく吟味したのだ。
現代人は、体を使って、感覚を研ぎ澄ませて吟味してイイワルイを判断しているだろうか。新しいものが出て来すぎて、吟味する時間もないのかもしれない。

otononeに生徒が来ません。どうしよう。
イイ先生だけど、塾はワルイというパターンがあるのかと、考え込んでしまう。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)

スーパーで学ぶ競争社会

「他店に対抗!」と書いてあって、卵が激安だった。
ああ、競いあわなくちゃ、生き残れないのか、ふりむいてくれなくなるのか、とおもった。私が一番避けて来たことだ。
競い合っていたら、みえなくなる自分がいる。けどついつい競い合ってしまう。大切なことのために競い合う勇気が、なかったなと気がつく。

世の中にはSEO対策というものがある。昨日、SEO対策を、捨てて、
本当にわかることだけを目指してHPを作り直した。

私は本当に、頭がわるいのだ。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)