小学生の教科書を見て愕然とする。

今日たまたま小学校の教科書をみる機会があった。

そして驚いたことに。

「会話」がない。
ほとんどが「地」の文、つまり状況説明の文章。

会話に慣れ親しんで小学生になって、初めて読むのが、説明文?????

ーーーー

昔は民話や伝説を囲炉裏のそばでおばあちゃんやお母さんから何度もなんども聴きながら過ごした時代があった。
そういった「話す文化・聞く文化」がなくなった今、子どもがまず「じっとして話を聞く」ことが困難だ。

小学校に入る以前にこの状態になっていないと、辛い。
子どもが辛いのではないかとおもう。

「話し方・聴き方」のモデルになるお母さんや友達とのコミュニケーションができているのだろうか。
テレビのナレーションのような「地」の文章をいきなり読まなくてはいけない。。。

はながさいた。
きれいなはなが。

みたいな。

外国語は会話から入るのに、国語は会話から入らない、というのは謎だ。
国語力がないないと問題になっているようだが、教科書を変えるだけでだいぶ良くなるのではないか。

会話の中にこそ、感情があり、人間らしさがある。と私はおもっている。

あー!びっくりした!

現代文で要約の練習をする。

すると、回路図のような図が現れる。
書き方もいろいろあって、物理で回路図をやったことを思い出して笑う。
「センター試験に回路図の問題でました!先生とやったの思い出して解けました!」
という報告を今更うける。

うれしいものだ。

現代文で回路図をつかう。

さておき。

小論文の試験では要約をして考えを書くような二段構えになっていることが多い。
要約をするには、全体像を知ることが必要だ。
作者一人ひとり違う癖を見抜いて、何が大切か、骨子をつかむこと。

文章によっては、教養、文章以前に作者が想定している読者のレベルの基礎知識をもっていないと厳しいことがある。
文章の中には書かれていない、それは知っているという前提で表現されたものがあると、読めなくなって困る。

そういうときは、その文章はなかったことにする、とか、、、
作者も伝えようとしていろいろな比喩をだすわけだが、その比喩を読み取れないと辛い。

幸い、現代文の練習ではないから小論文を読むための要約の練習として文章を一緒に読んでいった。
鈴木大拙の文章。

読めば読むほど、文章というのは、不思議な織物なのだとおもう。

今日発見したこと。
小論文で、もしくは現代文で出される文章には二つのタイプがあって、「物の見方考え方・観点・認識」を与える文章と、「主張・提案」を述べるタイプの文章。
「主張・提案」タイプの文章でも、主張・提案に行き着くまでにいろんな考えや事実、根拠を出すだろう。

作者もどちらかのタイプを好んで書くような気がする。
ある作者は新しい視点でものを考える仕方を書いたり。
ある作者は、現代のいろんな現象を分析して提案してみたり。

けど2つはやっぱり繋がっていて、結局は読者がその文章を読んで何を学ぶか、何を考えるかが大切なのだろう。
それを主体的、主観的に書き留めるのが小論文だ。

「作者の話題にしていることがわかった。その話題について作者がどう考えているか、視点もわかった。私の視点はこうだ。」
というのが、小論文だ。

10年後の仕事図鑑1

10年後の仕事図鑑
10年後の『仕事図鑑』とあるが、新しい時代の教科書。

いきなりビビッとくる文に出会う。

『それは、恐れとして避けるものではなく、適応すべき「自然」である』

それとは、新しい時代のこと。

私は自然という言葉が好きだ。
失われて行くもののなかに、大切なものがあると思い続けてきた。
時代とともになくなっていく「人間らしさ」が、私には輝いてみえていた。

けどよく見ると、時代とともに輝いて行く人間らしさもある。
私が子どもと関わるのが好きなのは、まさに、どんな輝き方もできる可能性、創造性をもっているからだ。
子供は。

自然と人間社会を対比する価値観に囚われ続けていた私に、この本は今、ガツンと一撃与えてくれた。
よくよく考えれば、試験問題にこういう新しい文章をみることはできない。
こういう新しい世界の文章は、試験問題にそうそう出てこない。なぜかって、数多くの大学の試験問題をつくる大手の予備校が作り上げてきた世界と、新しい時代は、折り合わない部分があるから。

もう少し読み進めてみよう。。。

句読点が書けない?お母さん、心配しすぎ!

本屋で参考書を探しているお母さんに出会ったら声をかけるようにしている。

「点が使えないんです」
というお母さん。(句読点のこと)

学年を聞いたら、小2、だという。
ちなみに私が句読点を意識したのは中学生。

うーん、句読点の付けかたを学べる参考書、みたことないな・・
と思いながら、小学1年生の国語の本をみたら、句読点が書かれていない。

そもそも句読点というのは、多くてもいけないし少なすぎてもいけない。
基準は、読み手の読みやすさ。

小2で句読点が使えなくても当たり前。
それよりもちゃんと気持ちを書く、型にはめないで自由に言葉を使うようになることが大切な時期。

発達には段階がある。
今は何が大切か、今、お子さんのなかで伸びようとしているチカラは何か。
ちゃんとみてあげてください。

勉強のプロに任せた方がいいのではないかとおもう。
そんな時はおとのねへ!

なぜ、炒めるは火に少ないなのか

調理の方法を具体的に

という問題で、炒めるという答えが出た。
なぜ火に少ないなのだろう・・・

調べようと思えば、白川静さんの力を借りることもできるかもしれない。
けど自力で考えてみることにした。。

中国人はなぜ炒めるに少ないをつかったのか・・・
あんなに鍋が大きいのに・・・

おそらく、調味料を入れたり、火の通りが良いように少量の食材を入れていくからではないかと、おもいついた。
実際に中華鍋で料理をしているインドネシアの中国系のおかあさんの後ろ姿をみていた私は、そうおもった。

考えるためには経験が必要で、経験が使えるためには、観察をしていなくてはならない。
観察は好奇心、興味、心の遊び、ゆとりから生まれる。

課題ばかり宿題ばかりやっていたのではこの力が育たない。

とオトノネは考えている。

教育と福祉の架け橋がない。お母さんが学ぶべき子どもの発達のこと、現代の社会のこと、現代の育児本に書かれていないこと。

嗚呼情けない。
情けないけど私もその一部かもしれない。

あまりにも言葉が使えない小学生、中学生、そもそもコミュニケーションができない子が多い。

そこで絵本でも読もうかとおもったが(そもそも文字を読むことすら面倒臭い子と何ができるだろう)

ふと思い出した。

アイヌ文化では、子どもに神話を聞かせる。
その神話の、おもしろさといったら!そしてその長さといったら!
こうやって、生活の中に、言葉があった。

現代は?

物語など聴く機会もない。
学校の先生が喋っているのは暗号だし、家に帰ったら「宿題した?」という一問一答形式。

どう考えても、現代人は昔の人よりも言葉の力がなくなっている。
AI時代、人間に求められるのは言葉の力であるという。

もうあまりにも悲しすぎて、私は教師を続けられそうにない、かもしれない。
あまりにも、日本語が、通じない。

お願いですから小学生、保育所の時からオトノネでお子さんを育ててあげてください。
それから育て方をしっかり勉強してください。不幸な社会を作り出しているのは、学校でもなく、塾でもなく、国でもなく、お母さんな気がして来た。

時代が変わって、一人のお母さんが子供をたくさん育てられなくなった。
試行錯誤ができなくなった。だから学ばなくてはならない。
マタニティースクール、オトノネをつくろうかとおもう。

ムズカシイ文章とは

現代文ができないという人がいる。
いや、日本語なのになぜ?

ひとつには「大学生として読んでもらわなくちゃこまる」文章の話題、語彙についていけない場合。専門用語ばかり使って、専門家しかわからないようにかかれている場合。
もうひとつは、作者が読者にわかりにくい文章を書いている場合がある。具体例やら論理展開がわかりにくい、誰が読んでもわかりにくい文章になっている場合。

現代文は大学によっても傾向が違う。出題のされ方、問題の出し方でも違う。
記述式も選択式も同じ能力がいるのだが、記述式の方が実力がモロにでる。

おもしろい話がある。
私がどうしても理解できない文章があった。言葉の定義、説明、具体例なしに、次々と話が展開していく文章だ。生徒に「これ、何言ってるかわかる?」ときいたら、答えてくれた。それでも私は何が書かれているのかよくわからない。こういう文章がでてきたら…それこそ「わけのわからないことをいう人とコミュニケーションをとってとにかく問題を解く」という寛大なココロが必要なようだ。現代文は実は、問の良し悪しで「それが解答なの?」という問題もある。とても深い。一筋縄ではいかない。だからこそ自信を持って「大丈夫」だと思えるような現代文の勉強をしてほしい。

世の中には、フィーリング読み(なぜそれが答えかと聞かれても答えられない読み方)でちょう高速で文章を読み、答える生徒がいる。
私などは、本当にじっくり、読みふけってしまう。受験生としては、フィーリング、天性の能力があればありがたいのだが。反面、フィーリングで読めない御蔭で私はわかろうわかろうと努力して生徒たちに現代文の読み方を教えることができると思っている。色んな人がいて、おもしろい。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導塾otonone-オトノネ-

暗記をせずに難関大学に合格したい人のための個別指導学習塾otonone-オトノネ-

富山県高岡市の家庭教師おとのねさんは登校拒否、不登校、成績不振で困っている小学生・中学生・高校生に向き合います。

保育士試験に合格するための筆記、実技、過去問の使い方、勉強法を教えます。

富山県高岡市の音楽教室otononeでピアノとギターとグンデルを習いませんか?