子供が学校に行く意味

小学生、中学生、高校生が学校に行くことにあまりいい思いを抱いていなかった。
学校で学べることは社会性でなく集団性であると言ってきた。

そこに肯定的な意味をみつけられたのでメモしておく。

学校は子どもたちが人生観を作る場所だ。人生観を問い、多くのことを疑問に思い、「なんで勉強しなくちゃいけないの?」「なんで先生はあんなことをいうの?」とか、友達との付き合い方も。

だから学校という職場で起こった出来事をイベントと考えて、大人として、その子が「社会」とどう付き合って言ったらよいかおやから学ぶこと。
それが学校に行く意味だ。
学校以外に生きる場所を失った子どもたちの宿命に、お父さんお母さんはどう関わりますか?

学校に行くことでお父さん、お母さんが子どもに知恵や価値観を与えたり、育てたてることができる。
この点からも、お父さんお母さんが学校と一緒になって成績のことを言うことがいいことだとは思えない。

子どもが学校で学ぶ以上に、お父さんお母さんが現代という時代、学校という場所について価値観をもっていなくてはいけないのではないだろうか。
(子どもはなんだかんだいって親の背中を見て育つ、お父さんお母さんが輝いていたら、子どもも輝く、かもしれない???)

逆に考えてもいい。
新しい時代が始まっている。社会は変わっている。
子育てを通じて、お父さんお母さんが「現代」を学ぶいい機会でもある。

お互いに学べる親子関係、なんて素敵なんだろう!

定時制高校のススメ。え?進学校は1日2時間余分授業うけなきゃいけない!?

高校を作ろうと、いろいろ聞いていたら、「定時制でもいいのではないか」とおもいました。
え?どうしてかって?

高校を卒業するのに必要な単位数は三年間で74単位です。

それがなぜか、進学高校の全日制では三年間で102単位以上を取らなくては卒業できないことがほとんどです。
つまり3年間で28単位多い。1年間で9単位多い!

9単位というのは一週間に9回、授業が多いということです。
大まかにいってしまえば、全日制は定時制より1日2時間、授業が多い。行事もないので体感的にはもっと増えます。
もちろん補習などに参加しようものなら・・・

(それに、受験とは関係のない科目も勉強させられます。時間を大切に!)

大検はテストだから面倒だけど、公立・通信制・単位制なら大事な時間を別のことに使えます。
高校生活をどうやって過ごしたいか、一度、流されずに、立ち止まって考えるのもいいでしょう。

進学高校が朝から晩まで勉強してあの合格実績なら、鬱になるひともでてきて当然だとおもえる。
そんなにたくさん勉強しているのにうまくいかないなんて、人生のトラウマに、十分なりえる。

中学校の延長で友達と楽しんだり部活に勤しむ高校生活もあるが、いろいろな価値観の人と学ぶのもいい経験になる。と、おもう。

ーーーーー

高校に入って、なんかちがうなとおもったら、単位を認めてくれる定時制高校に移動することも考えてみるといいかもしれない。

第一問

「あなたが学ぶ」価値はなんですか。

あなたには、どんな価値があるんですか。

そんな難しい問いに答えなくても、自分の価値を生きている人がたくさんいる。
「ふつう」なんてない。

「いい」ものなんてない。

価値ある人生を送ろう。

センター試験を終えて。どうしよう!ああ、願書ださなきゃ・・・

結果が出ましたね。

さぁ、どうしましょうか。

不安と、希望とが入り混じって、葛藤、葛藤、結局、不安!

どうしよう!どうしよう!

受験とは何か、という記事をいろいろ書いているのだが、、、

センター試験にどれだけ本気を出せましたか。
その本気を、残された時間で、どこに使いますか。

行きたい大学は決まっていますね。
行きたい学部があるかもしれません。

不安なあなたと、
希望に燃えるあなたの、

どちらを応援しますか。

結果は誰もわかりません。
信じて、本気で進んだ経験が、
誰かに助けてもらいながら、自分の気持ちを隠さずに、
最後までやりぬく経験が、

どの大学に行ってもあなたの支えになるでしょう。

進んでください。
進んでほしい。

本気になったことだけが、ホントにぼくらのチカラになる。
センターを終えて、確実に、僕らは成長したはずだ。

あと1ヶ月。

バタフライ!

なんで高校に行きたいの?

高校に行くのが当たり前だろうか。
高校に行くのは当たり前ではない。

大学に行くのは当たり前だろうか。
まったく、当たり前のことではない。

私は聞くでしょう。
「なんで高校に行きたいの?」
「なんで大学に行きたいの?」

その答えが、15年間の、18年間の、学びの総決算だ。

私は聞くでしょう。
「なんで高校に行きたいの?」
「なんで大学に行きたいの?」

もし、答えが3年後に、表現すら変わっていないとしたら、その子は成長していない、変わっていない、と言ってもいいかもしれない。

「いい会社に入るため」と答える子は「悪い会社」にしか入れなさそうだ。(もちろん「いい会社」でも「悪い会社」でも、幸せになることはできる。)
いい悪いが何かも「わかっていない」のだから。大人に振り回されている。
仮説を立て、調べて、実証して来なさい!

さぁ、オトノネで考えよう!
オトノネで、言葉を育てよう。

新しい時代を生きる子どもたちへ

10年後の仕事図鑑
10年後の『仕事図鑑』とあるが、新しい時代の教科書。

ほりえもんの本を読むたびに、あー、この人は好きなことをしてきたんだな、それを守れる環境を選んできたんだなとおもう。
私などはまだまだ、子どもの頃の課題を引きずっている。
(そのおかげで子どもの発達心理を学んだのだが)

時代はニーズなしにやってくる。(というか新しい市場をつくろうとする人たちが「つくってしまう」のがほとんどだが)
時代に合わせてニーズができる。

「塾」は古い時代のニーズに応える場所だ。
学びのスタイルも変わってくる。

学校の勉強に囚われている、大学、会社に囚われている人にはこういった時代の変化は感じにくいだろう。
私は「違うな」とおもいつつ、まだ抜け出せていない。

「違うな」と思うから、塾を始めた。

塾はビジネスであり、どうやって「利益を出すか」を考える。
私はどちらかというと、塾で実験をしている。

そういう気持ちでオトノネをしたいとおもっている。
その実験を、富山県でやることの意味は?

考えながら、じっくりと読んでいこうとおもう。

アップルは、時代を変えた。
スマホ時代を作った。
アップルを作った人は、きっと、友達がほしかったんだとおもう。
自分が作ったものを、認めて欲しかった。

「作る人」の心を感じると、私もその流れに乗りたくなってくる。

県立高校入試に推薦入学しようとしている中学生へのメッセージ

スポーツ推薦、一般推薦、いろいろある。

肝心なことは「推薦入学したらこのコースに入らないといけない」とか
「部活にはこれに入らないといけない」とか
「生徒会活動云々」とか。そういう規制がかかる可能性があるということだ。

もちろんそんな約束はどこにも書いていないはずで、その通りにしなくちゃいけない義務はない。(コース選択などは選べない「しくみ」になっているかもしれない。高校ごとに違う。)
けど、やっぱり富山県では先生の言葉の影響力が強い、らしい。

きちんと調べて、先生に聞いてみるといい。
とにかく情報を集めよう。

情報が、大切。
「推薦入試で受かったら、高校に入ってやらなきゃいけないこととか、選べなくことは、あるんですか?」

文系、理系、自分がどっちかわかっていれば、いいのだが。
まだどちらかわからないなら、高校に入ってから自分の進路を決める方がいいようにもおもう。
一般推薦入学できるくらいの学力なら、その高校には学力テストでも入れるだろうから。

だって、富山県は内申点の配点が異常に高いんだもん!

将来のこと、わからないことだらけで不安だろう。
どんな選択をしても、どっちを選んでも、進んでみて、その先でまた、一生懸命悩んで行って欲しい。
オトノネさんにできるお手伝いは、したいとおもう。話を聞くだけでも!

富山県立高校入試の内申点が異常に高い件

本当に本当に高岡高校、富山高校、富山中部高校に行きたい人のための、合格の最終手段

内申点がたりないあなたに県立高校受験まだチャンスがある話

富山県立高校入試合格点・ボーダーの目安を論理的に計算。

内申点がたりないあなたに県立高校受験まだチャンスがある話

富山県立高校はとにかく内申点の配点がたかくて、中3の終わりくらいに成績がぐぐっとのびても
実力はあってもちゃんと実力にあった学校に入れるとは限らない。

そのことは前の記事で書いた。

富山県立高校入試の内申点が異常に高い件

そこで!

内申点はないけれども、進学校、偏差値の高い学校に行きたいなら・・・
金沢市の高校を受けることをお勧めします。

金沢市の内申点の配点はまだまだ都会型、実力型であって、テスト当日に成績がよければ合格できます。
「いい子」でないといい高校にいけない富山県の県立高校は難しいという方、金沢市の高校を狙って見て欲しいいとおもいます。

というか、富山で中学生まで暮らしてきて、高校生になったら金沢の人たちと関わり合いながら、価値観を変えていくのもいいとおもう。
学校はどこも同じだが、場所が違えば人が違う。高校生の時にいろんな人に出会うことはかけがえのない財産になる。

富山の人と石川の人は違う。異文化交流をしたらいい。

生き方や価値観にもいろいろあることを体験することもいい。
富山県は、富山県。石川県は石川県。あなたの道は、高校生活は、どっちの方がいいのだろうか。

富山県立高校入試の内申点が異常に高い件

本当に本当に高岡高校、富山高校、富山中部高校に行きたい人のための、合格の最終手段

内申点がたりないあなたに県立高校受験まだチャンスがある話

富山県立高校入試合格点・ボーダーの目安を論理的に計算。

お母さん、ママの子育て悩み相談ブログ

高岡向陵高校
高岡第一高校
高岡龍谷高校
南砺福野高校
砺波工業高校
石動高校
氷見高校
新湊高校
伏木高校
高岡工芸高校
南砺福光高校
高岡商業
小杉高校
高岡西高校
大門高校
呉羽高校
福岡高校
高岡南高校
砺波高校
高岡高校

中央農業高校
高朋高校
龍谷富山高校
不二越工業高校
富山第一高校
富山国際大学付属高校
上市高校
富山西高校
富山商業高校
富山北部高校
水橋高校
富山高等専門学校射水CP
富山工業高校
富山いずみ高校
富山南高校
富山東高校
富山高校
富山中部高校

本当に本当に高岡高校、富山高校、富山中部高校に行きたい人のための、合格の最終手段

背に腹はかえられぬ。

富山県の県立高校入試では「内申点」がとてつもなく比重が高いことを記事に書いたことがある。

富山県立高校入試の内申点が異常に高い件

70点満点だったら、そのうち30点はテストを受ける前に点数が決まっている状態だと。
そこで、どうしても高岡高校、富山高校、富山中部高校に行きたい人は、次のことをお勧めします。

荒れている中学に入りましょう。

みんな勉強する雰囲気でない中学校に入ったら、内申点はがっつり取れます。
簡単ですね?

あとはほどほどに点数をとれば、憧れの御三家に入学できますよ。
受験とは、そういうものなのです。

フタを開けると定員割れして入れるということもありますね。
受験とは、そういうものなのです。

富山県立高校入試の内申点が異常に高い件

本当に本当に高岡高校、富山高校、富山中部高校に行きたい人のための、合格の最終手段

内申点がたりないあなたに県立高校受験まだチャンスがある話

富山県立高校入試合格点・ボーダーの目安を論理的に計算。

お母さん、ママの子育て悩み相談ブログ

高岡向陵高校
高岡第一高校
高岡龍谷高校
南砺福野高校
砺波工業高校
石動高校
氷見高校
新湊高校
伏木高校
高岡工芸高校
南砺福光高校
高岡商業
小杉高校
高岡西高校
大門高校
呉羽高校
福岡高校
高岡南高校
砺波高校
高岡高校

中央農業高校
高朋高校
龍谷富山高校
不二越工業高校
富山第一高校
富山国際大学付属高校
上市高校
富山西高校
富山商業高校
富山北部高校
水橋高校
富山高等専門学校射水CP
富山工業高校
富山いずみ高校
富山南高校
富山東高校
富山高校
富山中部高校