受験って何だろう。

富山東高校の高校生にも聞かれて、それからしばらく考えていたこと。
一人ひとり受験の意味合いは違うことは本当だ。

ある人にとっては、親から離れたくて遠くに行くための受験。
ある人にとっては、資格を取るために是非とも進まなくてはいけない受験。
ある人にとっては、流されるままに勉強して時間がきたから入試を受けるような受験。

受験生にとって、受験とは、ものすごく特別な経験だとおもう。
受験が終わった後、就職、大学、いろいろある。
資格試験でテストを受ける、就職試験でテストを受けることもあるかもしれない。

これからもみんなテストを受けて行く。
けど高校生の時の受験は少し違う。

学校の先生、親、塾の先生、いろんな人と関わりながら
「あっちの人はこういう。こっちの人はこういう」のなかで「じゃぁ自分はどうしようか」という選択の連続を経験する。
その中で、合格するために、自分の将来を決めるために「私はこうだ」と言わなくてはいけないかもしれない。

いろんな人との関係の中で、自分がどうしたいのか、はっきりさせながら周りの人と関わりあう。
そして自分の出した結果に責任を持って、進んで行く。

受験という経験はそういうものだとおもう。
塾の先生はとにかく受験が終わるまで授業料を払ってくれるように「お客さん扱い」するところが多い。
そこでお客さんになるか、ちゃんと自分で判断して勉強できるか。

自立するということだ。

正しいことがわからない。
正しいことを誰も教えてくれない。
自分の目標と今の自分の差がありすぎる。

そんな時どうしたらいいか。
悩みながら、いい先生に出会う。
私はそれが受験という経験の醍醐味だとおもう。

今までは学校が全部やってくれた。みんなといっしょのことをしていればよかった。
高校卒業したら、ひとりひとり違う道をいく。受験という経験は、自立していく練習をすることかもしれない。
自立を助けてくれる先生を選ぼう。

いい先生がいないから、みんな困っているんだが。

富山県立高校入試の内申点が異常に高い件

どうして富山県の御三家、富山高校、高岡高校、富山中部高校が定員割れするのか。
定員割れ、してますよね?

これは学校の先生が受験の結果をかなり支配しているので、「いや、きみはそこは難しい」というのが、内申点でほとんど決まっているため「各中学校で内申点がこのくらいならこの学校どまり」という目安があるということだと私はおもっている。それはまさに「うちの中学校からはだいたい何人どこどこの高校に行く」ということが決められているようだ。シビラシステムのようです。

そこまで、富山県の県立高校入試の配点は、内申点が、とてつもなく、異常に大きい。

富山県立高校入試で「70問」出るとしたら、そのうち「30問」は筆記テストが始まる前にすでに採点が終わっている計算になります。
つまり学校の先生が「あなたがそこにいくのは難しい」といったら、相当難しいのです。
テストはおまけといってもいい。

だから、学校の成績にみんなこだわるんだ、と、私は納得した。
そして、高校に行って、みんな困るんだと、私は納得した。

高校入試というシステムが、大学入試を困難にしている。
それでいいのか?

内申点が高くて高校に入って、勉強について行けない生徒のことを、考えたことがありますか。
中学時代に内申点のために期末テストの勉強を一生懸命して、大学受験がうまくいかなくなる生徒のことを、考えたことがありますか。

目標がない?じゃぁ、東大か京大にしよう。

いろんな生徒がいる。

「運動がしたいんですよね。別に部活じゃなくてもいいんです」
「進路は考えてるの?」
「いやぁ、それがまだ」
「それならこれこれこういう大学があるよ・・・・」

将来と今が繋がらない生徒が多い。
今、「高校で生活する」ことで1日を終えている。

「高校は、進路に向かって勉強する場所だよ。学校は部活をやらせて君たちの青春エネルギーを悪いことに使わせたくないだけだ。君はそのエネルギーを、進路のためにつかったらいい」
と私は学校の仕組みを言う。

高校を卒業したら、高校はもうお世話をしてくれない。
高校は、卒業後に、追い出される場所だ。
それから先は生徒一人の道。

スポーツをやり続ける人が大学に行って、そのままスポーツを続けて、将来がわからなくなった人に会ったこともある。
彼は宗教に入っていた。
スポーツと、社会の中の自分をつなげられなかった人だ。
日本の宗教は自分と社会とを結べなかった人のためにあると思っていい。

ーーー

高校時代に暗記型の受験勉強だけして大学に入る生徒がたくさんいる。
苦手を克服できず、どう立ち向かっていいかわからない。
そういう生徒が、人生に悩んだ時、立ち向かえるか。
べつに受験勉強でなくてもいい。
学習塾として、otononeは受験勉強を通じて、生徒にたくさんのことを学んでほしいと思っている。

生徒の苦手にちゃんと付き合って、向き合って教えてくれる先生に出会い。学ぶこと、そして結果を喜ぶこと。
それが受験の意味だと思う。

学校を変えた生徒

うれしいことに、学校に行けなくなり県外に転校した生徒のお母さんから電話があった。

「冬休みになったら、進路のこととか相談したいって言っています。よろしくお願いします」

というお話。
とてもうれしい。

進路といえば大学進学だが、その子は特殊能力の持ち主で、そのチカラをどうしたらいいか、一緒に考えていた。
大学に進学するだけが進路ではない。

受験受験で本当の気持ちがみえなくなっている、みる余裕もない高校生たちは、大学に入ってから、きっといろんな人と出会って「何がしたいんだろう?」「どうしたらいいんだろう?」と思うのだとおもう。

ひとりひとりの進み方は違っても、一人一人がもっているチカラを信じて、進んで行ってほしい。

白い目で見る御三家の先生

インターネットを見ていると、いろんな「声」に出会う。

「高岡高校、富山中部高校、富山高校で私立行くなんていったら、先生から白い目でみられるよ」

と投稿している、中部卒業生。

白い目で見られた後、中部に行くくらいのアタマのイイ子は、きっと、心を強くして自分の道を進んでくれることだろうと、思っている。

志も目的も、自主自立も自学自習もすべて、裏がある。
合格実績の裏に隠れた生徒たちが、どうかひとりひとりの道を進めますように。

毎日反省している。

otononeの代表は毎日反省しています。

ふとしたときに、気がつきます。

ああ、あの子は、こういう状況で、こうだったから、otononeに来てくれたんだ。。
その気持ちを、その時はきちんと受け取れていなかったなぁ

とついさっき反省しました。
気が付ける、振り返れる、人の言葉や素振りの意味、重みに気がつけるような心でいることは難しい。
もっといい先生になるには、いつでも、どこでも、どんな状況でもちゃんと生徒の気持ちをみれる心の状態でいなくちゃいけないとおもう。

時間がなくて焦って授業を終わらせると、後悔するなぁと思った。
その時気が付けなくても、次会った時に、心を改めて、新しくして、その子と向き合いたい。

高校選びは高校生活3年間、管理される場所を決めることだと考えてもいいかもしれない。

そのくらい、富山、高岡、金沢の高校は、管理するところはものすごく生徒を管理する。

例えばである。
なぜ商業高校の高校生は部活で忙しいのか。

若いエネルギーは、どこかにやらなければいけない。
できるかぎり、学校の中にとどめなくてはいけない。
非行、交遊は学校の評判、メンツに関わる。

たったそれだけの理由で、将来のことを考える暇もなく、考えるきっかけを与えることもなく、朝から晩まで部活をさせられる高校生がいる。

朝早く、大学に向かうスポーツマンな大学生と話をした。

「今3回生なんですけど、みんなで、大学決めるのって大切だったよねって話しています」と喋ってくれた。
高校3年間を、学校の中だけで過ごしたら、その先のことも見えなくなる。

それが高校生活だ。
卒業するまで管理される場所を決めるのが、高校受験だ。
どんな管理のされ方をしたいのか。

それが高校選びの基準であってもいいかもしれない。
もし「そんなの嫌だ」とおもうなら、自分で高校を選べるような学力をつけるしかない。
そういうモチベーションで、高校受験に望んでもいいとおもっている。
進学校に行くことがいいとはかぎらない。進学校にいったら、課題の海に放り出されてサバイバルしなくてはならない。
それでも平気な人もいる。それが好きな人もいる。君は?

大切な自分の心を守るためのチカラが欲しいなら、今、勉強を始めるのもいいかもしれない。

もちろん、どんな高校であっても、子ども達は、笑おう、笑おうと、心を磨いている。
私も見習いたい。

 

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

ブラックはラーメンだけでいい。学校はホワイトであってほしい。

富山ブラックはどうやら学校の課題まで黒くしてしまったようだ。

高岡高校の生徒から「もう、ブラック企業」と揶揄された学校が出す大量の課題。
富山高校の生徒に「自分たちのことを、しばしば学畜と呼びます」と言わしめた学校が出す大量の課題。

私は笑ってしまうが、笑い事でもなさそうだ。
伝統の話は前に書いた。

やれといわれて全部やるのが当たり前か。
仕事ではないのだ。
なんのために学校にいるのだ。
学校は君を卒業させてくれる。
変なことをしない限り、卒業させないとお上から怒られるからだ。

それでも課題をしたい気持ちがあるなら、してもいい。
ただそれは積極的責任を、自分で負っていることを、感じてくれさえすれば。
君の伸びる力が、学ぶ力が、課題や小テストの嵐で根こそぎやられてはいないか。
私はそれが心配だ。

もっと君たちのいいところを伸ばしたい。
キラキラしておしゃべりできることを、大切にしたい。
宇宙の話をしてもいい。
建築の話をしてもいい。
君の体験は?経験は?
きっとそこには、受験勉強で眠っている本当の気持ちが、あるはずだから。

金沢泉丘高校は「課題が少ない」らしいが、ある生徒は「もうめちゃくちゃです」という。
ひとりひとり違う。
もう課題をしたくない生徒がいるなら、なぜその生徒にとって課題を「やらせる」ことがいいのか。
君たちは課題を「させられる」ことに違和感を感じたら、口に出して、先生に聞いてみるといい。

疑問を持ち続けさえすれば、いつか気づける。
それも、心の、大切なメタスキル だ。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

学ぶ力とは何か。自立学習とは何か。

otononeの代表はメタスキル メタスキル とうるさい。

ホントに入試問題とけるの?

いい質問だ。

解けない問題もたくさんあるだろう。
なにしろ、高校2年の夏に鬱になって受験勉強をやめてしまったのだから!
基礎だけみっちり、2年間やってきた。それでまだ英単語をいくつも覚えているのだから大したものだと自分を褒めているのだが。。。

わからない問題もあるだろう。
わからないときにどうするか?どうやって考えるか?
私からそのメタスキル を学んで欲しい。

学ぶということ、新しい知識をどうやって頭の中に入れて行くか、疑問におもったことにどうやって答えるかというスキル。
受験業界だけで生活をしてきた先生なら、問題が解ける、解説できることを誇りにしているかもしれない。
肝心なことは生徒が学べるにはどうしたらいいか、問題解説を聞いて、自分でできるようになるには、また新しい問題にぶち当たったときに、自分で解決できるようになるにはどうしたらいいか、なのだが。

ほとんどの先生は問題解説しかしない。
メタスキルの伸ばし方をしらない。

実際に、メタスキル を使っているところを見せればいいのだ。
だがほとんどの先生は「できる」ところをみせる。
生徒が自分で解説みればわかるようになるようなメタスキルを与えない。

それを与えたら、商売できなくなるからだ。
先生が用無しになってしまう。
(解法暗記している、解き方を教えるだけの先生が多すぎることも、その原因だが)
生徒が自立するならそれでいいのに。。。。

自立して学ぶ。それがlearn。
けどほとんどの人がbe taughtで終わる。
自立学習は「自分で勤勉に机に向かう」という態度のことではない。
自分で学び取る力があって初めてできることだ。
「うちの塾は自主性を育てます。自立学習です」といって、勤勉さが自立学習だと思わせるフランチャイズが多すぎる。
メタスキル をしらずに進める学習は自立ではなく寝そべってする勉強だ、といったら怒られそうだが、それくらい違うものだ。

先生から教わるとしたら、学び方を教わって欲しい。
学び方を教われる先生に出会えたあなたは幸せだ。

otononeに来るだけでいいのだが。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)

物理がわからないで困っている人に捧げる学ぶチカラ、メタスキル

世の中、物理の問題だらけだ。

君が歩いているとしよう。
どうして歩けるのか。

君が落ち葉が落ちるのを見たとしよう。
なぜそれは舞い落ちるのか。

学校に行くまでに、物理現象を観察してみよう。
現象に、気がついて、説明できるか。
物理の目線で、世界をみれるか。
その力が、問題文を見た時の反応スピードを変えるだろう。

電車に乗りながら、手すりの揺れが違うのをみる。
車に乗りながら、慣性について考える。

物体を、質点と考えてみるだけで、物理の神様は君に微笑んでくれるかもしれない。

ひとつ課題をだそう。

バイクの後ろに鳥かごがある。
鳥かごの中には鳥がいる。
バイクが走っている時、鳥が枝から飛び立ったら?

わからなかったら、学校の先生や友達にもこの問題を出してみよう。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)