学校の責任と義務(責任について・・・いくつめ?)

沖縄の那覇から船で1時間半の渡名喜幼小中学校の「校長先生」の挨拶を転載する。
これだけ時代を直視し、時代を感じさせ、使命感ある言葉を学校の先生が使っているのをみて、私は驚いたとともに、うれしくなった。

私の感じたことが、伝わるかどうかはわからない。
無理に伝えようとしなくてもいいのだろう。

読んでみてほしい。
あなたが通う高校の「校長先生の挨拶」と比べてみたらどうか。
比べる必要はないのかもしれない。
ただ、私はこの渡名喜幼小中学校の校長の言葉に、チカラを感じたのだった。

「責任」という言葉が上っ面のたわごとでわなく、使命として感じられたのは、私だけだろうか。

はじめに
 小学校は明治23年創立で今年度127周年、中学校は昭和24年創立で今年度67周年を迎える島唯一の学校である。更に、併設されている幼稚園は3年保育であり、ここ渡名喜の子ども達は、12カ年この幼小中学校で過ごしている。その子どもたちは中学を卒業すると、親元を離れ自活をする ケースがある。高校・島外という新しい環境や人間関係の中で、正しく適応・対応しつつ、自己 を発揮し、切磋琢磨しながら自ら成長しなければならない。そのため、卒業生や島外へ出る子ど もたちに「どんな状況にあっても夢や希望を持ち続け、強く生きてほしい」という保護者や島の 人の願いがある。その現状と期待を受け、我々は、子ども達に「試練を乗り越える力」、つまり 「生きる力」を幼小中学校12年間で身に付けさせるという責任と義務がある。
 渡名喜村は、狭隘な土地を忍耐強く耕し山頂近くまで広げた段々畑があった。勇気を持って荒 海を乗り越え、優秀な船乗りを多く輩出した。厳しい自然環境の中で力を合わせて生きてきた。苦しい時代を頑張った先人や地域の絆に大きな誇りを持っている。
 現在、過疎化により人口が減少している。しかし、島の村並みと自然景観が平成12年に国の重要伝統的建造物群に選定され、人々に渡名喜島の自信と誇りを再確認させてくれた。また、今年で98回目を迎える「水上運動会」や大正時代から続けている「朝おき会」に代用されるように、他校にはない独特の伝統行事が現在も続いている。
 幼児児童生徒がいきいきと活動し、島への愛着と誇りを高め、自分自身の頑張りを自信として抱き、将来に夢や希望を持って生きていく児童生徒の育成を目指し、「普遍性」「地域性」「時代性」の観点で教育計画を作成し、「積小為大」の精神で学校経営を進めているところである。

渡名喜幼小中学校のHP

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です