難関大学を目指すあなたへのメッセージ

一流の学習者になってください。

課題の海で溺れている、課題の森で迷っているうちは、一流にはなれませんよ。
(実は課題の海で溺れながら、第一志望校にはいけなかったが難関大学に合格した子はいます。課題をやっていなかったら、第一志望校に入っていたことでしょう。まぁ今その子は笑っているからいいでしょう。そういう子もいます。いろいろですから)

目の前に現れる矢継ぎ早の定期テスト、やたらうけさせられる意味不明な進研模試、参加任意と言って強制される土曜模試、与えられた課題をこなすことに心を砕くのは一流の「労働者」であっても、一流の「学習者」ではありませんよ。

学校には学校の都合があります。
一流は、一流なりに都合をつけて生きています。

一流の大学は、「労働者」は求めていません。

AO入試を探してみてください。
あなたは大学に「求められいる」人間ですか?

一流の学習者になってください。
日々、自分にフィードバックして、改善を積み重ね、全力を尽くしてみてください。

「あれ?うまくいかない」とおもってもなお、「労働者」であり続けるなら、そのまま試験に挑んでみてください。

もしかしたら、合格するかもしれません。
大学が求めている人材ではないと、僕はおもうのですが。

「あれ?うまくいかない」とおもえないのも、大学受験の難しさ。
(僕も当時、うまくいっていなかったことに気がつきませんでした)
若さゆえか。

だから僕はオトノネをつくったんですけどね。

大学受験というものは、とてつもない、かけがえのない経験になります。
いろんな人と出会って、助けてもらいながら、突き進んで、早いとこ高校を卒業しましょう。
一番近くで見守ってくれている人へ、感謝の気持ちを抱きながら。

進んでいってほしいとおもいます。

世界で奇跡的に生まれたあなたの命を大事にしてほしいとおもいます。
しあわせを育てられるように。誰かの心をあたためられるように。

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。