勉強ってなんだろう。

私も誰かに聞きたい。

石川県、富山県の御三家、進学高校が全然進学高校じゃないことをデータで示している最中、「こんなにも、地方と都会は違う。なのになぜ、大学進学をさせようとするのか」わからなくなった。

塾は、親や学校、大人の見栄を生徒に押し付ける場所のように思えて来た。
だから富山で出会った高校生は「みんな勉強嫌いだよ。また塾できるの?(いやそうな顔)」と言っていたんだろう。

東京で学び、大学受験をする雰囲気を経験している私からしたら、石川県も富山県も、受験勉強などしていない。
家畜小屋で太らされているだけだ。

そのなかで泣いている生徒の声も聞こえないほどに、目の前の機械がうるさく餌ばかりを運んでくる。
どうして食べるんだろう。多分中学生の時から食べているからかもしれない。
親が食べさせるのかもしれない。

私は何をしにきたのだろう。
「それは違う」といいにきたのだろうか。

けど高岡は高岡で、金沢は金沢で、富山は富山でやっている。
旅のものが、何をしているのか。

地方の高校生が勉強をする意味があるのか。
学校、親、教育委員会の見栄のために子供が利用されているだけではないのか。

東京のエリートたちは、当たり前のように塾に行き、学び、当たり前のように大学を目指す。
東京は東京で、やっている。

私は無表情で課題をこなす高校生たちを解放しに来たのか。
肝心の本人たちは、べつにそれが当たり前の生活、どうして私がお節介をする必要があるんだろう。
私がotononeという場所をちゃんとみていない気がして、気分が落ち着かなくなった。

HPを作り変えながら、頭を抱えてしまった。

富山県はコメ騒動発祥の地と言われる。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導塾otonone-オトノネ-

暗記をせずに難関大学に合格したい人のための個別指導学習塾otonone-オトノネ-

富山県高岡市の家庭教師おとのねさんは登校拒否、不登校、成績不振で困っている小学生・中学生・高校生に向き合います。

保育士試験に合格するための筆記、実技、過去問の使い方、勉強法を教えます。

富山県高岡市の音楽教室otononeでピアノとギターとグンデルを習いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です