中古ピアノを見てきた。

金沢にあるピアノ屋さんに中古ピアノを見に行った。
値段は何でかわるのか?どんな種類のピアノがあるのか?
いろんなことを聞きながら、

弾き比べをはじめてやってみた。

音が全然ちがうんだとおもった。
簡単にいうと、ひとつひとつのピアノは音が違っていて、大きく分けて2種類の音がある。

軽くて飛び跳ねるような音がでるピアノ
ちょっとジメッとして、重たく、落ち着きがある音をだすピアノ

子どもに弾いて欲しいのは、重たい感じの、落ち着いた音がでるピアノだ。
世の中には、神経を騒がせる音がたくさんある。
どうして音楽を習うのか。僕は子どもに音の美しさ、内向性を感じて欲しいとおもっている。
外へ!外へ!向かうような世の中で、立ち止まって自分の出す音に耳を傾けられるような音。
飛び跳ねて外にすぐでていってしまう音よりも、僕はそっちの音のほうが、子どもたちに弾いて欲しいとおもった。

グランドピアノとアップライトも弾き比べてきた。
アップライトだと、高い音がどうしてもキーンとしてしまう。
ピアノの中に余裕がなくて、弦が短いし、ハンマーを打つ場所も制限されているからだ。
グランドは、高い音でも、のびのびとして聞こえる。

電子ピアノもあったから弾いてみた。
やっぱり、子どもには生の楽器の音を聞かせたいとおもった。

使わないピアノがあったら、教えてください!

バルトークのミクロコスモスが習えるotonone-オトノネ-音楽の部屋はコチラからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です