本当は怖い中古ピアノ

実はこの間、物流センターみたいな場所にピアノがあったよ!と知り合いの人が教えてくれて、行ってきました。

結局、「このピアノはどこを騙しているのか」と疑って音を出したり、見たりした。
音を出した時に気がつかなかったことが悔しいのだが、中身を開けて、「ああ、なるほど」と納得した。

高音部のキーを叩いて、その後に指を離しても、音がなり続けていたのだ。
中を見ると、ハンマーが、なかった!

高音部以外の、ハンマーも、なぜか木製でなく、プラスチック製で、接着も雑であった。
20年以上前のピアノだと、プラスチックの加工技術がまだまだで時間が経つと色がアイボリーになってくる。
外見も綺麗で古いような気はしない。なぜKAWAIのピアノがこんな姿になったのか。。。

ヤフーオークションで流れているピアノも事情は変わらないかもしれない。
どんな人がどんなふうに使って、売っているのかわからない。
ピアノを中古で買うなら、ちゃんとしたところがいい、と、私は思った。

それにしても、グランドピアノの音が、よかったなぁと、思い出してしまう。
音がいいと、好きになってしまう。

バルトークのミクロコスモスが習えるotonone-オトノネ-音楽の部屋はコチラからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です