国語が、できない!?子のお母さんからの相談。

「国語が伸びないんです」

というお母さんからの相談。

「すぐに上がりますよー」と言う塾もあるらしいが・・・

国語をちゃんと教えてくれる先生はほとんどいない。のが現状だ。と僕はおもっている。
すぐに上がるよというところはまず怪しい。

問題を解くために国語を学ぶような場所では、「国語力」は伸びない。
学校で学んでも国語力は伸びない。

「国語は全教科の基礎!」といいながら、国語だけできて他の教科ができない子もたくさんいる。
論理を超えたところに、国語はある。言葉はある。

だからポリシーをもって学べばいい。
めぼしい塾にいっていろいろ質問して、「国語力がありそうな回答」をしてくれた先生に教わるのがいいだろう。
ただ、「フィーリングで国語が得意」な先生もいる。
そういう先生に自分はあっている生徒なのか?
自分と先生の相性を判断しないといけない。


国語を教える先生が、フィーリングタイプか、論理ぜめをするかは、大切な先生選びのポイントだ。

ーーーーー

言葉を使うチカラは、自分自身の「考える仕組み」を変えていくこと、育てていくことだとオトノネさんは考えています。
解き方のパターンを教わってできるようになる子もいるだろう。
とにかく人それぞれ。
誰かを信じて、先生を信じて、学んでいくしかない。

オトノネではこうしてますーという話もした。

とにかくいろいろ話して、国語の話までするのは、しんどいだろうとおもってまた困ったら相談してくださいと伝えた。

ーーーーー

県立高校受験は、5教科満遍なく点数をとらなくてはいけない。
苦手が一つでもあったらダメだ。(ダメなの?)
(その子は数学の点数が良いらしいのだが、それ以上成績が伸びないくらい頭打ち。問題は、国語であるらしい)

いや、受験だから、結果がでないとわからない・・・
何が起こるかわからない・・・・定員割れしたりして!

《受験って何だろう》
なんとなく高校を選ぶだけのイベント、ではないと私はおもう。
受験の意味について私なりに考えた記事があるので参考にどうぞ。

とにかく今本気になっているお子さんを応援してあげて欲しい、という私の気持ちは伝えた。
私の気持ち、です。

「もっと早く調べてオトノネに相談しておけばよかったです・・」
そういってもらえてうれしいです。

私もどんどん情報を発信していきたいので、いろんな人から相談を受けたいとおもっています。
困っていたら、なんでも聞いてください^^

オトノネを応援していただき、ありがとうございます。

ーーーー

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。