定期テスト対策をしないと言い張って来たが。

オトノネは定期テスト対策をしたくないとおもっていた。
だって実力とは関係ないもの。
短期対策の癖がついて、高校生になってから苦労するのは子どもたちだ。

だけど定期テスト対策をして点数をとることが内申点につながる。

富山県の人たちの視点で教育を考えなかったら、私は一体何をやっているのだろう?観客のいない一人芝居のように感じてしまう。

定期テスト対策で子どもをあくせくさせたくないという私の気持ちは、おせっかいなのだろうか。
高校生になっても使える学力をつけてもらいという気持ちは、独りよがりだろうか。

高校生になってから勉強で困る子どもをたくさん見てきた。
理由ははっきりしているのではないだろうか。
異常なまでの中学校の定期テスト対策だ。

学校は子どもの人生になんの責任もとらない。
お父さん、お母さんが良識をもって子どもを守ってほしい。
学校を信じず、子どものもっているチカラを信じてほしい。

という私の気持ちは独りよがりなのだろうか。
要望に応えて、定期テスト対策で点数を上げようか。
それで高岡のお母さんたちを安心させるための塾をやろうか。

私の信念はなんだったか、問い直している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です