リービッヒの最小律

という言葉で思い出したことがある。
陰陽説だ。

占いはもちろん医学にも、人間関係にも使われる陰と陽の二つの気。
バランスが崩れると、不調を起こす、問題が起きるという説。

受験生は陽の気をたくさんもっている。

がんばらないと!
課題終わらせないと!
急がないと!
あれもやらないと!

!がたくさんでてくる。

もっと?を大切にしてほしい。
!が外側に出すエネルギーだとしたら、
?は内側に取り込むエネルギーのことだ。

なんでこんなツライんだろう?何か間違ってるのかな?
違和感を感じる、体がだるい。どうしてだろう?
模試の結果も安定しないし、何か違うのかな?
本当にコレでいいのかな?

走っているときの「!」ももちろん大切だが、
立ち止まってちゃんと感じる「?」も大切にしてほしい。
バランスが崩れていたら成長できないのは、真理だ。学問的な事実だ。

けど学校も塾も「!」ばかりだ。

オトノネは走ってばかりで息を切らしてばかりの受験が、心を広げてちゃんと感じて、再び「!」の海へ飛び込む前に一休みする、海に浮かぶ一本のブイでありたい。

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク1)

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?(リンク2)

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導otonone-オトノネ-(リンク3)

金沢市版!高校生専門個別指導学習塾otonone-オトノネ-(リンク4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です