石川県立高校合格ラインを論理的に計算!泉丘高校は?二水は?小松は?

金沢泉丘高校の偏差値・進学実績の影で泣いている高校生がいます。

富山版に続いて、偏差値と人数から論理的に導き出した表。
データはみんなの高校情報のHPにあるものを使いました。
鉄道で通える範囲の高校を対象にしています。
平均点は52に設定しました。
いろいろな仮定の上ではじき出した数値です。
合格ライン、完全合格ラインです。
なにせA判定がでる偏差値を基準に作ったので。

人数の割合、偏差値、平均点をもとに、「バラツキがある」と仮定するとこのようになります。

偏差値69以上の高校は金沢泉丘高校、金沢大学附属高校、小松高校です。

いろんなHPを回りましたが、泉丘高校の最高点と最低点は100点くらい違う、という話も。
偏差値のデータ自体がA判定合格の数値なわけで、この表にでてきた合格ラインは、A判定の合格ラインです。この点数を目指して勉強をしてください。
逆にこのくらいの点数を取らないでいくと、高校に入ってから置いてかれる可能性が高いとおもったらいいでしょう。

よくよく考えると、偏差値の低い学校で余裕で入る子の点数の方が、偏差値の高い学校にギリギリで入るよりも高い場合もあるんですよね。
受験とはそのようなものです。ネームバリューとは、そのようなものです。

どこの学校に、高校にいっても、高校生にふさわしい学びをしてほしいとおもいます。

95点!

こちらの記事も参考に!

【実録】金沢泉丘高校の偏差値・進学実績の影で泣いている高校生がいます。

知っておきたい!youtubeで石川県立高校入試の問題の特徴(リアル)を解説!

こちらもご参考に。

富山県立高校入試の内申点が異常に高い件

本当に本当に高岡高校、富山高校、富山中部高校に行きたい人のための、合格の最終手段

内申点がたりないあなたに県立高校受験まだチャンスがある話

富山県立高校入試合格点・ボーダーの目安を論理的に計算。

お母さん、ママの子育て悩み相談ブログ

金沢泉丘高等学校

金沢大学附属高等学校
小松高校

金沢桜丘高等学校

石川県立工業高校
金沢二水高等学校

金沢錦丘高等学校
金沢西高等学校
七尾高校
小松明峰高等学校
羽咋高等学校
星稜高等学校

野々市明倫高等学校
石川工業高校
金沢伏見高等学校

金沢市立工業高等学校

小松工業高等学校

金沢商業高等学校
金沢学院高等学校
金沢龍谷大学
小松工業高等学校
金沢高等学校

北陸学院高等学校
小松商業高等学校

金沢辰巳丘高等学校
松任高校
金沢北陵高等学校
遊学館高等学校
金沢学院高等学校

鶴来高等学校
津幡高校

尾山台高等学校

金沢向陽高等学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です