受験って何だろう。

富山東高校の高校生にも聞かれて、それからしばらく考えていたこと。
一人ひとり受験の意味合いは違うことは本当だ。

ある人にとっては、親から離れたくて遠くに行くための受験。
ある人にとっては、資格を取るために是非とも進まなくてはいけない受験。
ある人にとっては、流されるままに勉強して時間がきたから入試を受けるような受験。

受験生にとって、受験とは、ものすごく特別な経験だとおもう。
受験が終わった後、就職、大学、いろいろある。
資格試験でテストを受ける、就職試験でテストを受けることもあるかもしれない。

これからもみんなテストを受けて行く。
けど高校生の時の受験は少し違う。

学校の先生、親、塾の先生、いろんな人と関わりながら
「あっちの人はこういう。こっちの人はこういう」のなかで「じゃぁ自分はどうしようか」という選択の連続を経験する。
その中で、合格するために、自分の将来を決めるために「私はこうだ」と言わなくてはいけないかもしれない。

いろんな人との関係の中で、自分がどうしたいのか、はっきりさせながら周りの人と関わりあう。
そして自分の出した結果に責任を持って、進んで行く。

受験という経験はそういうものだとおもう。
塾の先生はとにかく受験が終わるまで授業料を払ってくれるように「お客さん扱い」するところが多い。
そこでお客さんになるか、ちゃんと自分で判断して勉強できるか。

自立するということだ。

正しいことがわからない。
正しいことを誰も教えてくれない。
自分の目標と今の自分の差がありすぎる。

そんな時どうしたらいいか。
悩みながら、いい先生に出会う。
私はそれが受験という経験の醍醐味だとおもう。

今までは学校が全部やってくれた。みんなといっしょのことをしていればよかった。
高校卒業したら、ひとりひとり違う道をいく。受験という経験は、自立していく練習をすることかもしれない。
自立を助けてくれる先生を選ぼう。

いい先生がいないから、みんな困っているんだが。

otonone-オトノネ-を応援していただき、ありがとうございます。

ーーーー

泉丘高校、二水高校、錦丘高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?

高岡高校、富山中部高校、富山高校の【偏差値・合格実績の影】で泣いている高校生がいることに、気が付いていますか?

富山県で小さな塾をはじめた東京の先生が高校生の課題の多さに心を痛めている個別指導塾otonone-オトノネ-

暗記をせずに難関大学に合格したい人のための個別指導学習塾otonone-オトノネ-

富山県高岡市の家庭教師おとのねさんは登校拒否、不登校、成績不振で困っている小学生・中学生・高校生に向き合います。

保育士試験に合格するための筆記、実技、過去問の使い方、勉強法を教えます。

富山県高岡市の音楽教室otononeでピアノとギターとグンデルを習いませんか?

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。