学校の定期テストの成績と高校受験・大学受験の結果が関係ない話。

高校受験の場合、内申点に影響する、ということはさておき。

高校生になると内申点は推薦入試を受ける以外に、学校の成績はなんの役にもたちません。

「学校の成績がよくないといけない」
と考えているとしたら、大きな間違いです。

当たり前すぎることだけれど、目の前の「テスト」に追われるだけで終わる中学生、高校生があまりにもたくさんいます。

多くの塾では「定期テスト前にテスト範囲をがっつり勉強!」という方針でやっているとおもいます。
「定期テストで◯点アップ!」という文句がお母さんやお父さんの不安な心を掴むのかもしれません。
けれども多くの生徒の場合、勉強で悩んでいる生徒の場合、学校の進度にギリギリついて行っているのではないでしょうか。

そんな状態で定期テストの対策、定期テストのための勉強をしても実力になりません。

なぜなら、期末テストの点数を取るためには、学校で出される、学校が指定した問題をとけさえすればいいからです。

本番の、肝心の大学受験のテストで、定期テスト対策をした努力が、時間が、エネルギーが無駄になってしまいます。

実際の入試問題で「全く同じ問題」はでません。

定期テスト対策をしてきたおかげで英語や国語の実力が最後まで伸びない生徒とよく出会います。

置いてきぼりにされた、わからなくなった、という生徒が定期テストの成績をあげようとするのは、危険です。

なのでotonone-オトノネ-はきちんと生徒やお父さん、お母さんに説明をして、「目標はなんなのか。なんのために勉強をしているのか」をきちんとお話したいとおもいます。

ーーー

もちろん、実力のある子は定期テストでも結果を残します。
けれども、その逆、定期テストで結果を出す子なら実力がある、肝心の入試で成果がでるとは限らないということです。

定期テスト対策は短期的な暗記におわり、みたこともない問題、広い範囲から出題される入試の役には立たない。
(定期テスト対策をしてくれる塾はたくさんある。でも子どもが定期テストができなくて困っているのではない。子どもにとって必要なのは何ですか?目の前にあるテストの点数をとり続けることですか?目の前の定期テストに追われて「ちゃんと」勉強できていない生徒がたくさんいます。「ちゃんと」勉強をしていないのに、高校受験で結果がでなくて「この子はここまでか」と諦めていませんか。ちゃんと勉強していないだけです。定期テストの対策をしていたら、無理です。時間は有限です。定期テストの対策をしないだけで、その子の人生は変わります。ただし「ちゃんと」やればですが。ホント!)

ーーー

勉強がうまく行っていない子であれば、中学生でも高校生でも同じです。
自分で修正できる子は、本当にすばらしい学びのメタスキル をもっている子です。
お子さんのチカラを、まずは確認してみてください。

誠実に、素直に、わからなくなったところから積み重ねていったものが本当のチカラになります。

なのでオトノネでは定期テスト対策をするときには、ことさら慎重に、生徒とも話し合いをして決めるようにしています。

オトノネを応援していただき、ありがとうございます。

ーーーー

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。