大人のやましい沈黙。子どもの計画的不登校。

オトノネのHP,ブログの記事を書き続けて、いろんな人に出会うことが増えた。
そこで直接お茶のいっぱいをしながら、いろんな話をして、いろんな言葉に、心に出会う機会が増えた。

ありがたいことだ。

それで最近知りあった方(実は元教員)からこんな記事を紹介してもらった。
その方がネットサーフィンをしながら見つけたブログの記事をコピペ。

学校は歴史的に、刑務所と軍隊を混ぜ合わせているということと合間って、興味深かった。
僕自身が、やましくも、先生として学校で沈黙していた気がする。(いや、もう無理やし。学校の病気を一人でなんとかするなんて、無理やし!という学習性無気力

ありがとうございます!

ーーーーー

 日深夜、NHKドキュメンタリーを見た。

この番組は何度も再放送されていて、
僕自身も2度は見ている。

先の戦争で海軍が行った「特攻」に関するもので、
生き残りの元将校たちが「特攻」を検証している。

その中で、「やましい沈黙」という表現があった。

その時の海軍の空気と時節の流れが、
あきらかに間違っているという意見を封じ込めたというものだ。

これは今の時代でもあることだよね。

会社や仲間や家庭でも
「それは間違っている」
「そんなことはすべきじゃない」
なんてとても言えない場合があるもの。

なんとなく「違うなぁ」と思っていても流される。
流されている自分も、
そのことに加担していることを知らない。

気付いた時にはもう遅い。
すっかり自分の手も汚れていた。

なぁ~~んちゃって。
手が汚れることなんて、君たちがするわけないよ。

ただこの「やましい沈黙」には気をつけたい。
言うべきことが言えないような世の中にはしたくない。

現実に今の時代は「やましい沈黙」が溢れている気がする。

君たちをとりまく世界にもないですか?
「やましい沈黙」が。

ーーー

学校で子どもがうまくいっていないとき、お母さんはきちんと話をしてくるといい。
全部。
学校にできることもあるだろう。
できないこともあるだろう。
だって先生は忙しすぎる。
そして学校自体が、統合により大規模になりつつあり、ひとりひとりに対応できなくなる。
(だから学校のしくみそのものを変えるとか、工夫することが大切だとおもうのだが)

僕は心から、学校の先生と話をしてみることができなかった(言ってもなにもかわらないと諦めていた)。
今でも怖い。(雇われている、変なことをいったら次、働けないかもしれないとおもう)

けど昔よりかは、学校の先生の状況や学校のしくみが見えるようになってきたようにおもう。
僕の成長はゆっくりでもいい。

けど子どもは、どんどん成長していく。
無理やり「学校」で頑張らせてしまう以外の道が、もっとたくさんできたらいいなとおもう。
敎育機会確保法

ーーーー

SNSをみれば、いろんな人の声が聞ける時代になった。
顔を合わせたらできないような話が、インターネットの中では飛び交っている。
喋っている人は喋っている。

これだけみんなが喋っていても、学校の先生は忙しすぎて、耳を傾けられないほど、疲れているのだろう。(もちろん、傾けてくれる先生もいるとは
おもいますが)

心が大事。

ーーーーーーーーーー

計画的な不登校=デモをして世界の注目を集めさせた子がいる。
表現の自由が、日本にはある。
不自由な自由しか育てられないなら、それはちょつと、何かが足りないと感じはしないだろうか。

グレタ・トゥーンベリさん(スウェーデン)によるCOP24(気候変動枠組条約第24回締約国会議)でのスピーチ(2018年12月12日)

真実を語れない未熟なみなさんが、その負担を子どもに課しているのです

学校も疲れてるしね。疲れてるから語れないんだよ!と考えることもできる。
けどそれで子どもが大人の「未熟さ」の責任を負わなきゃいけない道理はない。

子どもよ賢くあれ。

昔にも、同じようなスピーチがあった。
それでも世界は、またもう一周、回ろうとしている。
少しは違うところを、回っているのかな?

なかなか学校は変わらない。
大人はなかなか動かない。
動かない大人は動かない。
動くか動かないか。
見極めて、賢く、行動してみたら、どうかとおもう。

賢く行動できるように、自分の身を守れるように、いきいきと種を育てられるように、小学校に入るまでを大切にしたい。

オトノネひろげるシェアぼたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。