カラダの発達

otononeトップ > 発達心理トップ> カラダの発達> カラダの発達

0〜6ヶ月

  • 妊娠5ヶ月 胎動・おしゃぶりを始める・音が聞こえる。
  • 妊娠6ヶ月 羊水を飲み込む嚥下反射
  • 妊娠7ヶ月 音に反応する。光に反応する。
  • 妊娠9ヶ月 でんぐり返り。


    脊髄や脳幹が中枢の原始反射
  • 哺乳反射 乳首が口に入ると、くわえる。
  • 探索反射 口の周りを刺激すると、そっちをむく。
  • 吸啜反射 口に物が入ると、舌をリズミカルに動かして吸う。
  • 舌提出反射 形のあるものを口に入れると、下を出して外に押し出す。
  • 驚愕反射(音)。
  • 吸啜反応。自分の指が触っても反応しないが、他の人の指だと反応する。
  • 把握反射。
  • 緊張性顎反射。横を向くとポーズをとる。
  • モロー(抱え)反射
  • バビンスキー(足裏)反射(1歳まで残る)
  • 新生児模倣。口の動きを真似る。音だけ訊いて「アー」と「ムー」の唇の形をつくる。


  • 味覚、嗅覚、触覚はおとなと同じ。
  • 視野は狭く、モノクロ。視力0.01くらい。
  • 焦点距離が20センチくらいしかない。
  • 皮膚刺激(痛覚)は一週間後くらいまではっきりしない。


    1ヶ月〜
  • 第一次循環反応(自覚)自分の体が使えることを知る。


    2ヶ月 
  • 焦点を合わせられるようになる。波長の長い赤色を識別できる。
  • ハンドリガード じっと手を見つめ、口にいれたりする。


    3ヶ月
  • 動いているものを目で追うようになる。顔も動かせる。
  • (一番「かわいらしい」3頭身になる。)
  • 体重が出生時の2倍になる。【筋肉発達】


    4ヶ月
  • 首がすわる。首がすわったので、首を回して自発的にみれる。
  • 自発的にさわる。
  • 両眼視(立体視)ができるようになる。


    第二次循環反応(道具)
  • 掴んだり、鳴らしたり。物を使って繰り返し同じことをする。自分の行動の結果を踏まえて、また行為を繰り返す。
  • 物をつかんで落として音がなる。またそのものをつかんで、落として、音をならすことを繰り返す。
  • 自分の手足の動きに合わせて何かが動く状況(足を動かすとモビールが動くこと)がわかる。
  • 「随伴性」(何かが何かに応答する)ことを知っている。
  • リーチング 興味あるものに手を伸ばす。。
  • 手足を握る・顔を動かす・同じ行動を繰り返す。手足をばたつかせる(バンギング)
  • 遊びー「機能の快」歩くこと自体の喜び。乳幼児期では神経系がもっとも勢い良く発達する。それらを試している。


    5ヶ月
  • 大脳が発達し、随意動作が増える。
  • 物が隠されてもあることに気付くようになり、いないないばーを楽しむ。
  • 寝返りをうち、移動が可能になる。



6ヶ月〜1歳

    6ヶ月 
  • 哺乳反射が消える。離乳食の開始。
  • 頭の重量が2倍になる。
  • 寝返りを打てる。
  • 母親から貰った免疫グロブリンGがなくなる。
  • 免疫抗体を自分から作り出す。
  • 風をひきやすい。母乳から得ていた免疫グロブリンAも得られなくなると、なおさら。
  • 視力が0.1程度になる。奥行きや距離感がつかめるようになる。
  • 両手をついて座れるようになる。
  • 日中は起き、夜によく眠るようになる。
  • モノの大小で片手、両手を使い分けて、つかむ。
  • シールを剥がす、積み木を打ち合わせる。穴ぼこに指を入れる。ひっぱりだす。(『乳児保育の基本』)


    7ヶ月〜
  • 乳歯が生え始める。
  • おすわりをして両手が自由になる。
  • ぱちぱち・バイバイ・イヤイヤ・コンニチワの動作を真似る。(ミラーリング)
  • 親指と残りの指で、もしくは人差し指と親指で物をつかむようになる。
  • 抱っこする?と聞くと両手を出す。(『乳児保育の基本』)


    10ヶ月
  • その場でもらったものをすぐ誰かにあげかえす。持っているスプーンで、たべものをあげる動作を真似する。
  • ボールを転がされたら、転がし返す。(ターンテイキング)
  • つかまり立ちできる。



1歳〜4歳

    1歳
  • 前歯が8本生えそろう。奥歯が生え始める。
  • 手づかみ食べを始める。こぼしながら、一口の量を覚えていく。
  • 手と口と目といろんなものが協同していく。
  • 体重が出生時の3倍
  • 身長は1.5倍。
  • 頭囲と胸囲が同じくらいになる。
  • ひとり歩き。目の高さが変わる。
  • 積み木を一人で積む。
  • 指先で小さなものをつまめるようになる。
  • 友だちの遊び、友だちに興味を持ち始める。(『乳児保育の基本』)
  • 立体視がうまくなっていくが、まだ両眼視は未熟でものにぶつかったりする。


    2歳
  • 胸式呼吸が始まる。(7歳位までに移行)肺の機能が発達。
  • 尿意を自覚する。
  • 「シーシー」と教えに来たり、素振りを見せる。(『乳児保育の基本』)
  • 視力が0.5くらいになる。
  • スプーン使い始める。


    3歳
  • 大脳の基本的な機能が成人の80%くらいできる。
  • 昼間の排尿の自立(夜は抗利尿ホルモン分泌少なく、おむつ)
  • 乳歯が20本生えそろう。
  • 食べられる食品のバラエティーが増える。素材の味を覚える。
  • お箸を「握って食べる」ようになる。



4歳〜

    4歳 
  • 体重が出生時の5倍
  • 身長は2倍。
  • 神経系は大人の80%はできる。
  • 視力が1.0くらいになる!


    6歳
  • 乳歯が抜け、永久歯が生え始める。
  • 免疫系が活発に成長する。


    12歳
  • 神経系統が成人と同じになる。
  • リンパ系統(免疫系)が人生で最大。
  • 生殖器系も増え始める。
  • 身長が出生時の3倍


    13歳
  • 永久歯が32本、生えそろう。


    第二次性徴期(どんどん時期が早まっている)
  • 9歳〜女子
  • 11歳〜男子



PAGE TOP

まずはお問い合わせ下さい。
0766-24-3885
メールのお問い合わせ