心の発達

otononeトップ > 発達心理トップ> 発達のまとめ> 発達のまとめ

0〜6ヶ月

子宮外胎児期です。
全身でお母さんを感じています。
自分の体はどうなっているんだろう、世界はどんな風に動いているんだろうといった興味の塊、意欲、好奇心に溢れています。
お母さんとのコミュニケーションで愛着が形成され、以後の冒険、試行錯誤をしていくための安全基地ができます。
「大丈夫、お母さんがいてくれるから」とおもってくれています。

    感情
  • 〈充足〉→〈喜び〉
  • 〈不足〉→〈悲しみ〉・〈嫌悪〉
  • 〈興味〉



6ヶ月〜

自分で免疫を作り始めたり、乳歯が生え始め、原始反射が消えて母乳から離れて行く第一次親離れです。
この時期に人見知りをすることが「愛着形成」の証拠だといわれています。
怖い時、不安な時、お母さんが近くにいるだけでも、安心してくれます。

  • 空間の奥行きが見えるようになる。
  • 指さし・共同注視でひとと関わる。
  • ハイハイで移動し始める。
  • 手をよく使うようになる。
  • 喃語がしっかりしてくる。

    感情
  • 〈嫌悪〉→〈怒り〉〈恐怖〉〈嫉妬〉
  • 〈興味〉→〈驚き〉



1歳〜4歳

1歳から《第二次オヤバナレ》が始まります。
[自己主張]とにかく拡大!拡大!自立心の塊です。
自分で歩く!走る!指先でつまむ!立体視が上手になっていくことで、「私には何ができるんだろう?やってみたい!」と思っているのでしょう。
「イヤ!ダメ!ヒトリデ!」というのは、独立心の表れです。何ができるのか、できないのか、試しながらチカラを使って伸ばしていきます。
完全離乳。前歯8本生えそろう。手づかみ食べで感覚MAX!

この時期に初語が生まれます。また他の人の行動をみて「どうしたらいいのか」考えて行動できます。
デキナイことを「恥」じる気持ち。

2歳からは胸式呼吸がはじまり、とにかくコトバが育っていきます。
言葉のチカラと同時に、ごっこ遊び・物語・独り言・延滞模倣などの抽象機能も育っていきます。
衣服の脱着ができるようになったり。微細運動と眼と手の協応、スプーンに挑戦し、3歳までに乳歯が20本生えそろう。お箸を持つなどどんどん自由に体を使えるようになります。
胸式呼吸が始まって行くと活動量も増えます。どんどん運動させてあげてください。
体と言葉をつかって、新しく出会って行く感情表現を学ばせてあげてください。 コトバが生まれてるのに、排出できない!のを助けてあげてください。

    感情
  • 〈喜び〉→〈憧れ〉
  • 〈恥ずかしい〉

4歳〜

4歳からは心の理論ができ始め、お母さん以外の他人の心をよくよく考えられるようになります。嬉しくないプレゼントもらっても、笑えるようになる。
この能力を使うか使わないか(つまり思いやりがもてるかどうか)は4歳以前にお母さんから思いやりをもらっているか、お母さんから安心をもらっているかにかかっています。
他人の評価、「イイコ」「ワルイコ」「ルール」といった枠組みを取り込んで行く、とても敏感な時期です。
排尿の自立。永久歯が生え始める。視力が1.0くらいになる。食事の自立。などどんどん大人と同じになっていきます。
まだ他の人の気持ちがわからないので喧嘩もたくさんするし、傷ついたり泣いたりもするでしょう。
そっと見守ってあげてください。なんども失敗しながら、試行錯誤しながら、意欲を持ってなんとかするはずです。

「ナニ?」といって、コトバの意味を知ろうとする。
文句・不満も話せるようになる。
第三者の心がわかるようになる。第三者の心の理解のために言葉と体と心を育てる。

体が自由になり、コトバが不自由なせいで、モメゴトが起きる。
自分の気持ちを知ることと、他者のココロに気付けるように手伝う。



    感情
  • 〈自尊心〉
  • 〈罪悪感〉



8歳〜

《第三次オヤバナレ》です。
  乳歯が抜け永久歯が生える。生え始めて中学生の時に生えそろうまでの時期がひとつの目安。性を知る。世の中を知る。信念・価値観を言語形成する。
喋らなくなったり、動きまくったり、4歳から練習してきた人間関係スキルを自分の行動パターンとして作り込みます。
小学校・中学校・高校と、環境が変わるたびに自発的にコミュニケーションパターンをかえていくかもしれません。
もう大人です。「言って聞かせる」などできるものではないでしょう。
学校に行くと、嫌なこと、不自由なこと、面白くないことが増えます。楽しいこと、うれしいことを経験させることが大切です。
小さい時から続けている習い事などは、一度、すべてやめることをお勧めします。


  • 〈恥ずかしい〉+〈自尊心〉→〈不安〉〈ためらい〉〈心配〉
  • 〈悲しみ〉→〈寂しさ〉。。どんどん複雑になる。わからなくなる。

PAGE TOP

まずはお問い合わせ下さい。
0766-24-3885
メールのお問い合わせ