児童発達心理、カウンセリングが指導モデルです。

発達心理学があなたの助けになります

できることから、できる順序で、できるスピードで

赤ちゃんが立って歩いて走れるようになるまでにどれだけ学んでいるか想像してみてください。「できること」から始めていますね。コドモが堰を切って喋るようになるまでに、胸式呼吸ができていなければうまくいきません。発達には順序があります。この順序を間違うと、ツライです。(生まれてすぐ二足歩行で歩こうとする人があまりにもたくさんいます。本人がツライと私はおもうのですが。一緒に挑戦してみますか?)発達の段階も速度はひとりひとり違います。お勉強も同じです。遅いなら、時間をかける。ただそれだけで、成長するのが人間です。(世の中の"偏差値30から○○合格"といった誇大広告のせいですぐに結果が出せると思い込んでいる人がたくさんいます。児童発達心理と、誇大広告、どちらを信じますか?誇大広告、信じたいですよね。。。)一人の成功者の事例があなたにも当てはまるのですか?_人間はひとりひとり違います。あなたが「あなたの道」を歩むこと、それが最上の勉強法です。

otononeは学び直せる場所です

学校では、問題を解く作業を教わっているとおもいます。先生は「問題を解く解説」しかしていないでしょう。大切なことは教えてくれません。そしてふつう、自力では大切なことには気がつけません。otononeでは、おそらく誰もがゼロからスタートします。誰もあなたにちゃんと大切なことを伝えてこなかったのですから。

ワタシはデキるよ!という人は

受験は厳しいものです。私もてっきりうっかり数学の演習方法を間違えて成績が伸びませんでした。初めての受験で私はなぜかわかりませんでした。行きたい学校に行くために必要な、あなたが気がついていないこともあるかもしれません。otononeは一人の先生が全ての科目を教え、過去問分析をして「あなた」の受験をお手伝いします。