不登校相談の案内

富山市の不登校とひきこもり相談・カウンセリング☆小学生中学生高校生

 

おとのねさんが新曲作ったってよ!

こっちはその一つ前のです。

レッスン料・相談料

80分で5000円です。

 

お問い合わせの前にこちらのページも是非ご覧ください。

オトノネを理解していただき、お問い合わせいただきたいとおもいます。

メール

お気軽にお問い合わせください^^

フォームに不具合のある場合は次のアドレスを使って送信してみてください。

電話

TEL: 080-8991-5943

あれやこれやと動き回っているため、電話に出られないことが多いです。

折り返し連絡をするようにします。留守番メッセージを残していただければうれしいです。

アクセス

直接来ていただいても不在の時があります。予約をお願いします。

Q おとのねさんって誰ですか?

A こういう人です。

相談・レッスン・カウンセリング

レッスン方針

子どもは子どもで「自然」に育っていきます。一人で悩んだり、学校の情報に振り回されたりしていませんか。お母さん一人で悶々としていませんか。学校から理不尽なことをされていませんか。ママ友談義で終わっていませんか。お母さんの心の状態がお子さんにも影響します。良識と心ある第三者へ相談することをお勧めしています。オトノネでは希望に応じてパーソナリティー特性やエゴグラムの診断やストレスチェックを通じて混乱している問題を少しでも紐解けるようなお手伝いをしたいと思います。

レッスン内容

カウンセリング、相談は「大人のカウンセリング」と「子供のカウンセリング」を分けています。

子供のため、をおもっているお母さん自身のカウンセリングが必要になるケースがほとんどです。

大人を変えるのは難しいですが、子供がオトノネで変わると大人も変わります。

自分を変えたいお母さん、関わり方を変えたいお母さんもどうぞいらしてください。

お母さんのためのカウンセリング

  • どうしていいかわからない
  • とにかく混乱している
  • イライラしている
  • 助けてほしい
  • これからどうなるのか不安
  • 心配しすぎて疲れている

といったお母さんの手助けをします。

ペアレントトレーニング、アンガーマネジメントといった「定期テスト対策」はしていません。が、認知療法的なアプローチはもちろんやります。とにかく対話を通じて自然なプロセスでアプローチするのがオトノネの特徴です(プログラムの提供を専門にしていません)。

 

必要なときに、必要なだけ、声をかけてください。

何度でもかまいません(コドモの物語は壮大です)

一度の相談で変われる人はいません。

学びとは、そういうものです。

お子さんへのカウンセリング

お子さんに対してもカウンセリング・レッスンができます。

主に「願い」をお手伝いすることです。

例えば次のような例が・・・

  • 親がうるさい、どうしたらいい?
  • 人間関係で疲れている、どうしたらいい?
  • 学校ってなんで行かなきゃならないの?
  • 将来ってどうやって決めたらいいの?
  • 不登校は悪いことなの?
  • どうしたらいいかわからない・・・

もちろん、お子さんが「おとのねさんってやつ」をどう認識しているかにもよります。「相談してみたら?」「こんな人だよ、話を聞いてもらったら?」といった感じでかまいません。面と向かって話ができるオトナの一人として、おとのねさんを使えます。

 

お子さんへの遊びのレッスン

不登校の理由はさまざまです。

で、理由を探すよりも大切なことが、「心を守る」ことです。

孤独はつらいものです。

孤独でいたい段階もあります。

けれどもお子さんが「人」との関わり、「あそび」を願っているとしたら、オトノネが役立つかもしれません。

 

勉強しても構わないのですが。

心に負担がかからない、心が楽になるものが、「あそび」です。

お子さんが関心あるもの、やりたいことを一緒になってやるパートナーとしておとのねさんが、遊びます笑

 

もちろん、「お勉強」と「遊び」の二つの時間を作ることもできます。(主に小学生が対象だとおもいますが、中学生でも可能です)

お子さんが好きな遊びに、おとのねさんが参加します笑

「自分の気持ちで自分から立ち上がって一歩を踏み出す」その時に、おとのねさんがサポートできる状態でいることが大切なのかなぁとおもっています。

 

オトノネ憲章

 

「心」を暴力から守る。

 「テスト対策」は暴力である。

 「本気」を妨げるのは暴力である。

 

「命」への積極的自己責任をとる。

 「命」はいつでも強く鈍く燃えている。

 「命」は自分を燃やし、他者を燃やすものである。

 

「学び」とは「命」と「心」を強くすることである。

「テスト対策」は「学び」ではない。

「本気」でやったことだけが「学び」である。

 

 

不登校・思春期・ひきこもりという現象に対する行動経済学と発達心理学と神経科学とカウンセリングの考え方

発達の悩み、思春期の悩み、成績の悩み、学校の悩み、生活の悩み、将来の悩み、進路の悩み、受験の悩み、、、お母さんの心配は尽きません。

オトノネは子育てのパートナーとしてお子さんの成長に関わりたいとおもっています。

 

オトノネが大切にしているのは次の3つです。

「命」「心」「脳(体)」

  • 「命」は自然であり、持って生まれた天の才であり、成長することを願っています。閉じ込めてしまうと弱まってしまう炎です。
  • 「心」は作るものです。炎を守るためのしくみです。
  • 「脳(体)」は持って生まれた凹凸です。変化していくものでもあるし、変わらないものでもあります。

 

大抵の困りごとは、「心」がうまく働いておらず、「命」が弱まってしまうことで起きる問題です。

「心」はつくるものです。「心」が無理をしている場合、「命」は弱まります。

「心」はしくみです。「心」が健康的でないと、命令・干渉・過保護に対して隷従・従順・暴力が生まれてしまいます。

「心」は環境がつくります。

お母さんの「心」を変えていくことで、お子さんの「心」が変わっていくかもしれません。

お子さんの「心」を変えていくことで、お母さんの「心」が変わっていくかもしれません。

 

オトノネは、「心」をつくるコミュニケーションを通じて「命」を強くしたいとおもっています。

今ここで起きている「命」「心」「脳(体)」のありのままの姿に気づいてもらいたいです。

不安や心配、怒りといった感情をやさしく包むための「知」をお伝えしたいとおもいます。

 

不登校・思春期・ひきこもりから学ぶこと

オトノネは、「心」「命」「脳(体)」にやさしくすることでお子さんが自然に成長する「命」の力を取り戻してほしいと思っています。

「知る」ことで、やさしくなれます。

 

「心」を理解すること。

自分の「命」を守るしくみが、今ここでどのように働いているでしょうか。

「脳(体)」が環境に対して反応するしくみのうち、前頭葉が働いているのが「心」です。

「こうあるべき」「こうせねば」という思考は「心」のしくみがつくりだしたものです。

まず、「心」が今、どんなはたらきをしているのかを自覚することが大切です。

 

「脳(体)」を理解すること。

お母さんにとってのものの見方感じ方とお子さんにとってのものの見方感じ方は異なります。人として、まったく別の人間だからです。生まれた時代も、育った環境も、遺伝子も異なります。

同じ場所にいるけど、見ているものは違う。幽霊を見れる人がいれば、見れない人もいるのと同じです。できること、できないことがあります。

人と人の凹凸があれば、人生のあらゆる時期で凹凸を感じることもできます。思春期は自分が自分でないような感じ、まったく新しくなる感じがする時期です。昔の自分との凹凸を感じているとおもいます。

聴覚、視覚、触覚、嗅覚、味覚、敏感な人とそうでない人がいます。「頭の回転」も同じです。もし「頭の回転」を速くしたいなぁとおもったら、「あなたにとって」最良の方法を自分で見つけるしかありません。工場をフル稼働していたとしても、工場の性能自体を上げなければ、よくならないのです。

 

「命」を理解すること。

人は一人一人違います。違っているから、おもしろいのです。誰かができないことを、誰かができる。誰かが苦手なことを、誰かは得意だ。凹凸があるからこそおもしろいのです。人間がお互いに助け合う心が生まれるのは、「命」を理解してこそだとおもいます。

「命」は自分一人のものではないのです。あなたの「命」が誰かの「命」を助けることができるのです。素晴らしいことではありませんか?

 

 

otonone -オトノネ- いろいろ

 


 

-心の相談をしたい人-

 


 

-愛着障害・自己嫌悪・積極的自己責任-

 


 

-思春期の悩み、不登校のお子さん-

 


 

-進路・将来に悩んでいる人-

 


 

-思春期や発達障害などの発達課題に悩んでいる人-

 


 

-「命」と「心」と「体」をもっと知りたい人-

 


 

-学畜と自称する自称進学校のあなたのために-

 


 

-何かを目指している・学びたい全ての人に-

 


 

-AO入試に挑戦する人-

 


 

-大学受験で小論文に取り組む人-

 


 

 

オトノネチャンネルのおすすめ動画を選んでみました。 youtubeチャンネルに遊びにきてください(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾

 

タイトルとURLをコピーしました