エンパワー・プログラム

otononeトップ > エンパワー・プログラム> エンパワー・プログラム

エンパワーとは?

英語で「権限を与える」「自信を持たせる」「力を与える」意味です。「やる気がない」「勉強をする気がない」のは家庭環境・社会環境にあるとotonone-オトノネ-は考えています。

このプログラムを通じて、お父さんお母さんが世の中の仕組みを知ることから、家庭内でのお子さんとのやりとり、またお子さん自身が学校で悩んでいること、悩みも何もなく無気力な状態のことをきちんと出していく、そしてお子さんが人間としてきちんと気持ちを出して、お父さんお母さんにそれを受け入れてもうことがエンパワー・プログラムの目標です。知識を伝えることもしますが、それよりも今まで感じれていなかったこと、漠然としていたことに「気がつく」ことが大切です。そこまでやるか!otonone!


お父さん・お母さんとのプログラム

世の中は動き続けています。一番困るのは、大切な情報が入ってこないことです。本当に学歴社会なのか?本当に成績が上がらないといけないのか?いい大学に行ったらどうなるのか?といった疑問から、お父さんお母さんが心配していること、困っていること、聞きたいことなどにお答えしていきます。中心となるのは、まず「認識を変えること」です。難しく言えば認知療法といいます。今までつくってきた考え方に、新しい枠組みを取り入れて「子育て」に役立てて欲しいと思います。簡単にいうと、世の中の仕組みを学ぶということです。


お子さんとのプログラム

主に、気持ちを受け取りながら、気持ちを伝えながら、自分の考えていることをはっきりさせていくプログラムになります。その中で勉強の悩みや、家庭の悩み、学校の悩みを話してくれるかもしれません。「やる気がでない」「勉強が嫌い」でもいい。お子さんが感じていることをお子さん自身がしっかりと表現することが大切です。一番の問題はその気持ちを引きずって受験という大切な経験を漫然と通り過ぎてしまうことだとotonone-オトノネ-は考えています。お子さんには、認知療法的なアプローチは必要ないとおもいます。


PAGE TOP

まずはお問い合わせ下さい。
0766-24-3885
メールのお問い合わせ