誰でも

難関大学・進学高校を目指している人

富山県立高校は出来レースっぽい

富山県の高校はだいたい内申点で決まるので進学校に行きたいだけなら定期テスト対策をしていい子にしていたらよいとおもいます。「学びたい」「成長したい」人はオトノネに来たら良いとおもいますが。

https://otonone.com/wp/obenkyou/entranceexam/naishinten/

せっかくの「学び」のチャンス。

オトノネで生かしてみては?

難関大学を目指している人に選んでほしい作戦

難関大学ならどこでもいいのですか?

伸びない伸びない・・・ならオトノネに来てください。

カウンセリングだけでもかまいません。

現状を把握する、現実を分析するのは一流の学習者に必要なメタスキルです。

いろんなタイプの人がいますが。

だいたい、がむしゃらに頑張って努力しても成果が出ない状況にいる子でしょう。

硬直マインドセットをリセットして「学習の回路」を開く

マインドセット

ちっとも努力しない子だけが問題なのではない。頑張りすぎる子や、間違った目的のために 頑張りすぎる子もやはり問題をかかえている。よく見かけるのが、毎晩深夜まで勉強している子や、クラスメートに差をつけたくて家庭教師についている子。このような子どもたちは、一 生懸命に勉強してはいるが、マインドセットがしなやかでない子の典型と言える。学ぶことが 好きなのではなく、自分の能力を親に証明しようとしている場合が多い。

そして、親の方も、こうしたがむしゃらな努力の成果―優秀な成績や表彰歴、トップ校へ の合格―に満足していたりする。次のような場合、あなたならどうするだろうか。

困った問題――あなたの自慢の娘は、クラスのトップで、成績はオール A。フルートも上手で、 有名な先生のレッスンを受けている。あなたは、娘が町でいちばんの名門私立高校に合格する と信じている。ところが、毎朝登校前になると胃の調子がおかしくなり、中学を休んでしまう

日も出てきた。なるべく胃にやさしいものを食べさせるようにしているのに良くならない。じ つは、神経が参っているのだが、あなたにはそんなことは思いもよらない。

胃潰瘍と診断されたときに気づくべきだったのに、あなたもパートナーも消化器の問題だと 思いこんだまま。ところが、医者から家族カウンセリングを受けるようにと強く勧められる。 娘さんの治療にはそれがどうしても必要です、と言われて、カウンセラーの名刺を渡される。 (『マインドセット』キャロル・S・ドゥエック p.334)

 

「お勉強」をして難関大学の二次試験の準備をするのもいいですが。

別の道もあります。

オトノネではAO入試をおすすめしています

きちんと目的を持って、意欲を持って、「お勉強」ではなく現実の世界に興味を持って取り組んだ成果を、AO入試では評価してくれます。

センターが必要な大学もありますが、センターはセンターです。

難関大学を目指すだけなら、AO入試を使った方が「合理的」かもしれません。

https://otonone.com/ao/

 

小論文もおすすめしています

大学によっては二次試験が小論文で二次試験の科目が絞れます。

科目を絞って勉強した方が「合理的」かもしれません。

https://otonone.com/syouronbun/

あなたの最高のパフォーマンスを発揮してほしいとおもいます。

そうしたら、この世界はもっと面白くなるはずですから!!^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました