おとのねさんの模範解答例

大学受験小論文の模範解答例と書き方のポイント

筆者「私はこのテーマでこのように世界を解読しました(ここまで踏み込みました)」

出題者「筆者はここまで踏み込みました。あなたはどこまでこの世界に踏み込めますか?」

あなた「筆者と出題者のテーマを踏まえて、私はここまで、踏み込みました。」

 

課題文を問い直す

課題文を「読み取る」

筆者の論理的思考を理解すること。

◎要約は、筆者の言葉を、論理的思考でやさしく整理し直してね、という課題。

筆者の「伝えたいこと」を抽象化して再定義する。

課題文を「踏まえる」

筆者の「論」とあなたの「論」を結びつけること。

出題者の問い「筆者はここまでです。あなたはどこまで踏み込んで考えられますか?」

◎「論」の構成を課題文から借りることもできる。

設問を問い直す

設問を「読み取る」

◎《伝えたいこと》がいくつあるのか、問いから読み取る。→ 構成する

◎《伝えたいこと》を言い換える(問い直して具体化する) →問い直す

◎意味不明な問いでも「やさしく」答える。→ 言葉を選ぶ

◎浮かんできた「考え」のうち、答えにならないものを捨てる基準を明確にする。→問い直す

◎「私」を出していいのか、「論文」で書くのかを判断する。→ 言葉を選ぶ

設問を「踏まえる」

出題者が筆者と作り上げたコミュニケーションの場にあなたが立つこと。

出題者は何を書いて欲しいのか、何を聞きたいのかを読み取っておくこと。(書くべきことを考える)

◎設問の問いを筆者の課題文を踏まえて再解釈すること。→問い直す

◎問いが抽象的ならば、具体的に言い換えて踏まえること。→問い直す

◎問いが具体的ならば、抽象化して踏まえ直すこと。→問い直す

 

「あなたの考えを述べなさい」とは「踏み込む」こと。

違和感を感じ、主体的に問うことからはじまる論理的思考のプロセスのこと。

◎課題文によって切り取られた、もしくは不十分な筆者の「論」を補うこと。→問い直す

◎論理的思考は「考え」を分類し、構成する。→ 構成する

◎自分が経験した範囲で考える。確かに言えること以外は捨てる。

◎自分が何者として書くのかはっきりさせると書きやすいことがある。

私の「伝えたいこと」は?(自分の言葉に置き換える:抽象化により考えるためのスペースが脳にできる)

自分がはっきり捉えられないものは、書かない。

出題者の「問い」の指し示す方向から外れた場所に踏み込んだらどうなるか。

入試としての小論文

◎字数オーバーにならないために・・・各構成要素に字数制限を加える。(大局的に計算する)

◎問いの解釈:200字以上の要約は具体例をいれるつもりで書く。もしくは、言い換えて2つの文章を書く。(パラグラフを構成する)

◎「論文」であるため「〜だろうか」は避ける。

自分の思考の癖を見つめ直す。

◎「困難さ」を感じる理由は、思考の癖にある。癖に気がつけ!自分の中の批判者。完璧主義の人は辛い!!!!!

◎わたしの「考え」は書けることだけ書く。
◎ずばり「伝えたいこと」を言え!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
◎湧き出た思いは、《メッセージ》ですくい取ってあげる(本文では切り捨てる)

自分の言葉を使わないのは苦しい「踏まえる」こと(共通認識)の限界がある。

◎「あ、でも、これは正確じゃないな・・・」と論を深めることは要求されていない?シンプルに考えよう。

小論文に困難を感じるタイプ

人の内面がきになる、言葉を深く捉える、きちんと誠実に返事をしようとする。極めて論理的に考える。完璧主義者。

小論文をなんなく書けるタイプ

自分の流儀で颯爽と人と関われる。理解不能なことがあっても、とりあえず、事を終わらせられる。切り替えができる。悩まない。とりあえず答えを出す。

 

 

おとのねさんが「読み取り」「踏まえ」「論じた」小論文の模範解答プロセス

試行錯誤しているおとのねさんを見たい方はこちらから。

 

模範解答例 [0], 看護学部の模範解答例 [6], 文学部の模範解答例 [7], 医学部・獣医学部の模範解答例 [1], 小論文入門 [0], Stage1 [6], Stage2 [5]

模範解答例 [0] ↑

小論文入門 [0] ↑

タイトルとURLをコピーしました