富山市の塾選び!小学生・中学生・高校生共通

塾選びは先生選び

原則は、塾を選ぶのではなく先生を選ぶことです。仲間と切磋琢磨する、、といいますが、切磋琢磨できるならそれでいいでしょう。それが、できていますか?塾に行かせたままで安心していませんか?ほとんどの塾は、お父さんお母さんに安心を売る仕事をしています。お子さんの学びは関係ありません。たくさんの科目を、できるだけ長い間、、、たくさんの生徒に・・子どもにとって本当にいいものを提供する気持ちで、僕はオトノネをはじめました。まずは現実を知ってから、お子さんは「誰から」「誰と」学んだらいいのか、心に問いかけてみてください。いい先生はどこにでもいるかもしれません。ですが、いい先生がいい仕事をできるように経営されている塾は、ほとんどないのが現実です。そもそもちゃんとした先生自体が、絶滅危惧種です笑

お母さんの感想1

オトノネにきてもらったお母さんの感想です*( 'ω' )و

小学3年生の娘。1、2年生の頃は何とか授業についていっていましたが、3年生になってからは授業中に出来なかったプリントやドリルを持ち帰ってくるように。宿題も合わせてやらなねればならず、11過ぎまでかかってしまうこともしばしばありました。どうしたらよいものかと悩み、オトノネさんに相談。今は子供の遊びや学習の様子をみてもらい、家庭での取り組みや学習のアドバイスをしてもらっています。変化としては見えにくいですが、子供の特性を理解したり、生活の改善を少しずつ図ることができていると感じています。

罠が多すぎる・・・

塾業界は、今、極度に質が低下しています。先生の質が落ちているのはもとより、経営方針が「子どものため」から「お金のため」に大きく傾いているためです。学校が「子どものため」ではあく「学校のため」に子どもと関わっているのと同じです。正しい知識、正しい現実を知っていただき、お子さんに最適な塾(先生)を選んでみてください◟꒰◍´Д‵◍꒱◞先生選びが、勉強の基礎の基礎です。塾をどう使うのか、使えているのか、使われていないかがポイントです。

お母さんの感想2

オトノネにきてもらったお母さんの感想です(◍ ´꒳` ◍)

オトノネさんとの出会いは長女が高校2年生の時。某進学校に通う長女は膨大な量の課題に打ちのめされ、自暴自棄になっていました。何とかこの状況を抜け出せないかと、長女に合う塾を探していました。高1の時通っていた塾は映像での授業を受けるもので、ある程度カリキュラムが決まっており、娘のわからない部分ややりたい勉強をサポートするものではありませんでした。オトノネでは、娘の悩みをじっくり聞いてもらい、今やるべきこと、できることを示してもらいました。娘にとって自分の辛さや悩みを理解してくれる第三者の存在は大きかったようで、徐々に将来について前向きに考えられるようになりなり、表情も生き生きとしてきました。

大きく分けて2種類

一つ目は工場型、もう一つは自然型です。工場型は、大量生産式の養鶏場をモデルにしてつくった「とりあえず餌を与えて量産する(一人あたりを安価にして大量に売る)」しくみで運営されます。1対多数である場合、一斉授業も含めて「強い子は生き延びるが弱い子は病気になって間引きされる(心がすり減る)」現象がおきます。学校にいても学校と同じ状況がうまれます(先生はやさしいかもしれませんが)。自然型はその点、1対1で自然な対話の中で育っていきます。注意しなくてはいけないのは、アルバイトを使って経費を節約する自然型の場合、子どもが育つための飼料がない(食べ物がない)状態となるので、成長できません。結局、先生の質と完全に個別化どうか、この2つの視点で塾を選んでみてください。お金を払って子どもの成長を止めることは避けてほしいとおもいます。

工場型

自然型

お父さん、お母さんは、どちらの卵を食べたいですか?

大切にしてほしい視点

効率性efficiencyではなく、有効性effectivenessが大切です。近い、便利、すぐに点数が上がった。。それは効率性を見る指標でしょう。ですがそれでお子さんがよりよく「生きて」いけますか?「生きる」ために有効な学びを、得られていますか。よく考えてほしいことです。「塾」という薬漬けにされて、「生きる」チカラを奪われた子に、たくさん出会ってきました。だからオトノネは「塾」ではありません。「塾」では成績は伸びません。(伸びた子をみたことがありません。伸びた!という方はご連絡ください)

定期テスト対策は毒

定期テスト対策は「ごまかし勉強」です。「その場をとりつくろう」政治家と変わりません。「とりあえずやっときゃいい」という発展性のない心を作り上げます。(もしくは学ぶよろこびを感じられない心をつくりあげます。その場の快楽に走る心を作り上げます。何よりも、その子の人間性を台無しにします)

https://m.media-amazon.com/images/I/41QNJCR5C8L._AC_UL320_ML3_.jpg
詳しい塾の選び方

一つ一つ、塾を見るポイント、「塾の見方」をお伝えします。クリック(タップ)すると、答えがでてきます^^

まずはお問い合わせ下さい。
080-8991-5943
メールのお問い合わせ
一人では
お問い合わせフォーム

直接お越しいただいても外出していることがあります。相談や質問等、まずは電話もしくはメールでお問い合わせくださいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧繋がらない場合はメールでもお問い合わせくださいヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。よろしくお願いいたします。ファンレター大歓迎ですฅ(^ω^ฅ)

メールアドレス(必須)

お名前(必須)

電話番号

お問い合わせ内容