ココが変だよおとのねさん(Q&A)

金沢市、富山市の個別指導塾
わからない
Q:結局オトノネって何ですか?

A:子育てのパートナーです。

Q:大手の塾のように「1から」教えてくれるのですか?

A:大手の塾やフランチャイズの場合は1からですが、オトノネはゼロから教えます。

Q:他の個別指導塾と何が違うのですか?

A:簡単にいえば、フランチャイズ、コンビニ型の個別指導塾は先生の質が確保できていません(当たり外れがある)。面談ででてきた「イイ先生」と学べるかどうか、わかりません。オトノネはおとのねさんがちゃんと向かい合って学び合える環境ができています。

Q:県外から来ました。戸惑っています。

A:僕も旅のもんです。なんでもお話ください( ´・ω・`)_且

Q:相談だけでも可能ですか?

A:otonone-オトノネ-は勉強勉強の塾ではありません。言葉が遅い、学校以外の場所で学びの場所を探している、生活が崩れている、コミュニケーションが苦手、学校がつらい、医者から薬を出されている(心身症に効く薬はほとんどありません。副作用に悩んでいませんか)、居場所がない、もう困り果てている、など、相談のみでもかまいません。進路相談もどうぞ。完全個別×子別に対応します。オトノネは勧誘目的に無料個別相談を行なってはいません。気軽にお問い合わせください٩(๑´0`๑)۶逆に言えば、お客さん扱いせず人としてお話します。お客さん扱いに慣れてしまった方には、オトノネをお勧めできません。

飛んでいく
Q:不定期に相談、カルンセリングを受けても大丈夫ですか?

A:いいですよ₍₍ ◝('ω'◝) ⁾⁾ ₍₍ (◟'ω')◟ ⁾⁾

Q:学校をやめて自分で勉強しています。手伝ってもらいたいのですが大丈夫ですか?

A:いいですよ‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

Q:難関大学を希望しています。オトノネは「できない子」専門のようにも思えるのですが、大丈夫ですか?

A:難関大学に入るための基礎はメタスキルです。そもそも「今やっている勉強が受験勉強なのか」「やらされているだけの定期テスト対策なのか」ということの判断が大切です。難関大学を希望するのであれば、一流の学習者としての基礎を大切にしてほしいとおもいます。オトノネの本分は「1年」でメタスキルを育てることです。その1年が終わった後に、自学自習をしてもいいでしょう。またもっと自分流にカスタマイズした「効率的な」しくみを自分でつくるのもいいでしょう。塾に所属することで安心感を得ているだけでは、難関大学にははいれませんよ〜( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺実力重視、難関大学希望、ウェルカムです。AO入試や小論文で難関大学を目指すのもありですね。小論文、AO入試希望であれば、言葉のレッスンをぜひ受けてみてください-=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

Q:小学生になる前、大学生、社会人でも大丈夫?

A:大丈夫です。言葉が遅い、他の子と違う、お母さんの悩み相談も受け付けています。遊び方がわからないなら一緒に遊んでみましょう。資格を取りたい大学生、生活が乱れている大学生、もっと学びたい大学生、どうぞ。仕事を代えたい、人生の計画を建て直し中、新しい資格が欲しいけど難しい、など、小さな学習塾なので対応できます。看護学校で学び直したい、保育士資格がほしいという方もどうぞ。進学校に限定してもいません。伸び伸びと勉強したい人、本気な人、学校に行けない、行かない人、手助けが欲しい人、だれでも大丈夫ですよ。HSC、発達障害、不登校、いろいろと現代日本で困っていているなら、おとのねさんに会いに来ませんか?高校、偏差値、関係なく、その子が一人一人学べる子別指導をするためにotonone-オトノネ-をつくりました٩( 'ω' )و

Q:一回のレッスンの時間はどれくらいですか?

A:正直、決まっていません。だいたい1時間〜2時間です。前の1週間の振り返りも含め、次の1週間で何をするか明確にするまでの時間はまちまちです。「とりあえず終わり!」はありません。レッスンの終わりの「今日のレッスンで何を学んだか」のような質問をすることもあります。メタ認知のための関わり合いをするので「お勉強」以外の見えない時間の流れがあります。

Q:どんな子が通っていますか?

A:(自称含む)進学高校でボロボロになって、勉強法がわからなくなった子が自分のペースで学習を進めるのを手伝ったり、社会人の人が働きながら通信で資格をとるレポートを書くのを手伝ったり、不登校の子の日常学習のお手伝いなどをしています。無理やり勉強させる、させる雰囲気にするというより、生徒自身の意思を尊重して、生徒の思い描く学びのイメージを助けています。小学生、メタ認知がまだ発達していない年齢の子に対しては、非認知能力、学ぶための力や日常生活の中で前頭前皮質を発達させる発達課題を家庭でクリアできるようなアドバイスをお母さんにしています。たまに生徒と遊びにいきます笑。小学生は特に身体機能を高めることや、低ストレス環境で生活することがのちの知能につながる大切な学びの基礎になります。

メタスキル
Q:オトノネの「環境」へのこだわりは?

A:言語環境を第一に考えています。そのほか、製本ができる印刷機、白昼光と暖色光を混ぜ合わせた目に優しい照明、広い空間、悠々と考えられる広いホワイトボード、無垢オークの机と椅子とベンチ、年齢に合わせて使える畳スペース、全教科の参考書から選び抜かれた質の高い(とオトノネさんが判断した)本(中学校から高校まで)でしょうか。影響し合うナカマがいないのは、完全個別指導の弱点でしょうか。

Q:塾に通って勉強しても「伸びない」理由って何ですか?

A:自律性・自主性の問題です。「みんな一緒」でなくせばいいだけです。いい先生に出会いましょう。多くのお子さんが次のような状態に陥っています。

  • 自分のやり方にあっていない塾や学校のやり方に合わせてしまっている。
  • 志望校・自分の特性に合わせた勉強法ができていない。
  • 言われるがままに塾に通い続けたり、学校で与えられた課題をこなしている。
  • 定期テスト対策の勉強法しかしなかったために本当の勉強の仕方がわからない。
  • 人間関係、学校生活、家庭環境が悪くてそもそも勉強どころではない。

大人の都合で褒めたり、煽てたり、煽ったりすると子どもの心は発達しません。メタ認知が花開く9歳のころに、9歳相当の学びの環境をつくってあげてください。9歳のメタ認知に向けて、0歳からお子さんの成長を見守ってほしいとおもいます。学校から、社会から、天の才を守って育てて欲しいとおもいます。

Q:一人の先生が、全教科、教えてくれるの?

A:otonone-オトノネ-は《学習能力》つまるところ学びのメタスキルを、もっといえば心を落ち着かせて、本気を出せる環境をつくり、お勉強していけるよう手伝うことに特徴があります。受験は、勉強は、生徒の心が成長するプロセスです。結論、全教科の知識は持ち合わせていませんが、全教科の教養を持ち合わせています。数学、英語、国語、物理化学が「わからない!」「できない!」という人なら、一緒に勉強をして苦手じゃなくなるまで付き合います。英国数は中堅大学レベルまで「講義」可能(英語・数学で困っている人、いるでしょ?)。実は体育、家庭科、音楽、美術、技術、全部いけます笑。疑問があれば、面談や体験授業で確かめてください。(蛇足ですが、全教科を塾で教わりながら、消化不良になっている子もいますね。)一人でできるようになるまで、一緒にやっていきましょう(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾

心の生理作用
Q:宿題、課題、予習に追われています。

A:そんなあなたのためのotonone-オトノネ-です。学校の用意した道ではなく、自分の道を進んでほしいとおもいます。ひとりひとりがもっている特別なニーズに応えていきます。課題に追われない、課題で終わらせたくない人、ウェルカム。この記事も参考に読んで見てください。一流の大学に入りたいなら一流の学習者になりましょう。→ついに解明?物理がわからない、理由。

勉強をすればするほど成績が伸びない子もいます。

問題は学校だけでなく生徒自身にもあるように思われる。理由は以下のとおりである。勉強は厳しい。もちろん楽しく刺激的で満足を与えてくれる側面があることは確かだが、ときに気力を挫き、疲れさせ、やる気をそぐ面もある……知力がありながらつねに成績の悪い生徒たちを助けるには、気質が知能と同程度に重要であることを、教員と親がまず認識するべきだ(『成功する子・失敗する子-何が「その後の人生」を決めるのか』p.108)

気質とはなんでしょうか?

Q:子どもが全く、勉強をする気がありません。

A:そんな時に僕が思い出すのが最近話題の坪田信貴先生の考え方です。「やる気」にさせるような言葉がけで、勉強を通じて、自己肯定感、自立心をもってもらうアプローチです。これが可能になるには、お子さんが学校から離脱・自立していることが必要だと感じています(ビリギャルのさやかさんもそういう状態でしたね)。お父さんお母さんが宿題・課題をやらせたりテスト勉強をさせている状態、学校に付いて行かせようとしている状態では、勉強をする気が起きなくて当然かもしれません。学校教育の「宿題・定期テスト」より家庭教育の「自立・個別化」を大切にしていい法的根拠。どうして勉強をしないのか、発達心理学、臨床心理学、認知心理学を学んだおとのねさんがお話します。

Q:オトノネは進学塾なんですか?

A:進学塾だと思う人は、進学塾として使ってください。やりたいだけやってください。やってもやっても成績が伸びない、けど志望大学に行きたいという人でも大丈夫です。始めましょう。合格実績がある塾やセンターで「安心感」が欲しい人は、別の塾に行くことをおすすめしています。

あなたの道
小学生も大変です。
Q:金沢方面ですが、大丈夫ですか?

A:金沢からこられる場所につくったので来てもらいたい気持ちもありますが。家庭教師もしています。不登校、学業不振、進路相談など、受験勉強以外も含めてトータルサポートしますよ(ง°̀ロ°́)ง

擦り切れた心
Q:合格実績はありますか?

A:合格実績って何でしょうか?みなさんが大いに誤解していることです。コチラのブログをお読みください→他人の合格実績よりも大切なこと(otononeの合格実績ポリシー)

チカラ
Q:レッスン料は高いのですか?

A:安くはありません。はっきりとした理由があります。otonone-オトノネ-はひとりの生徒につき1年間限定でじっくり本気で付き合います。2年目からはおとのねさんからも自立できるように。ふつうの塾や学校と大きく違うところです。もちろん、続けておとのねで学びたいというお子さんがいればありたがいたですが。また、施設費、教材費、入会費、講習費などで結局いろいろと値段がかさむ、「そんなはずでは!?」という塾と違いシンプルです。また、完全に個別指導です。大学受験で自分を変えたい高校生!中学生!いや、誰でも…待っています。みなさんに会えることを楽しみにしています(๑•̀ㅂ•́)و✧

Q:何人くらいがオトノネに通っているんですか?

A:よくある質問です。通っている人数によって指導内容が変わるわけではありません。人数が多くなければ不安になるのであれば、フランチャイズの個別指導塾、公文や育英、映像授業などを利用したほうが、安心できるとおもいます。

Q:結局、オトノネって何をするところなんですか?

A:「自分を大切にする」心を強くするための知恵もお伝えでします。授業をしてほしい人には授業するし、進路を相談したり、進路のために今何をしたらいいのか、話す人。「はじめての勉強」に取り組む人。ひとそれぞれです。「これこれをしてほしい」とおもって来たとしても、僕が話をしながら状況を理解して、僕からもお話をして、お子さんの様子も見ながら、お子さんとも話しながら、決まっていきます。おとのねさんがいるところだと思ってくれたら間違いないですよ⁽⁽◝( •௰• )◜⁾⁾

まずはお問い合わせ下さい。
080-8991-5943
メールのお問い合わせ
一人では
お問い合わせフォーム

直接お越しいただいても外出していることがあります。相談や質問等、まずは電話もしくはメールでお問い合わせくださいヽ(•̀ω•́ )ゝ✧繋がらない場合はメールでもお問い合わせくださいヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。よろしくお願いいたします。ファンレター大歓迎ですฅ(^ω^ฅ)

メールアドレス(必須)

お名前(必須)

電話番号

お問い合わせ内容