こんな社会人の方に来ていただいています。

オトノネにできることはありますか?

看護士になりたい高校生のみなさん

がたくさんいることがわかりました。

児童福祉の現場でも活躍するお仕事、ootnone-オトノネ-が応援しないワケがありません。

これから看護学校向けの情報も作って行きたいとおもいます。

otonone-オトノネ-に来られない方はこちらの参考書をオススメします。応援しています。