お風呂に赤ちゃん、毎日入れるものなの?

未分類

「病院からは毎日入れてくださいって言われるけど、母からは3日に一回でいいって言われるんです。どうしたらいいですか???」

という話。

早速インターネットで調べてみると、、、、毎日、最低一回はお風呂に入れるとかいてある!掲示板をみると、毎日入れない親は人間じゃないみたいなことまで書いてある・・・・

人それぞれに言い分があり、主張があり、それ以前に「想い」がある。

お風呂に入れたいなら入れたらいいし、入れなくても大丈夫かな〜と思ったら入れなくてもいい???

いや絶対!毎日!という人もいる。

例えば病院なら、衛生指導、ちょっとした湿疹とかで病院に来て欲しくないから「毎日」というかもしれない。お風呂でスキンシップを毎日とってもらって、児童虐待を防ぐ意味もあるかもしれない。保健所から「安全」のために毎日体を洗うようにという指導なのかもしれない。

例えば学校なら「給食の前には手を洗いましょう」「外から戻って来たらうがいをしましょう」だろう。

大切なことは何だろうか・・・

お風呂に入らなくても、人は死なないということです!笑わらってください!

お風呂に入れることを推奨するのは、「病気が流行ると嫌」な病院、保健所だけではありませんね。

お風呂の商品を売りたい企業も、毎日お風呂に入れることを推奨します。

あたかも、お風呂に毎日入れるのが、当然であるかのように・・・

(ベビーローションが売られているらしいですね。お風呂と関係するものもどんどん売りたいですね!企業は!)

「衛生観念」「無菌がいい」「ピカピカ」という考え方のせいで、免疫力がなく薬漬け、病院通いになる大人になる可能性もあります。

最近の若い人はすぐ病気になる・・・というのは、バリ島の留学生の面倒をみてくれる人のつぶやきです。

「毎日お風呂に入れなきゃ・・・」とおもって、ストレスになっていませんか?

「綺麗な体に保たなきゃ・・・」とおもって子どもを「無菌」にしていませんか?

子どもを裸にしてじっくり見る。子どもと裸で触れ合うのを楽しむ、自分も入るのだから、子どもも一緒に、というくらいの気持ちで、お風呂にはいって、笑顔で。

「毎日入れなきゃ」と思っていたら、せっかくのしあわせを、しあわせに育てられなくならないですか?「絶対入れる」とは考えずに、お子さんとの関わり合いの一つとして、お母さん自身の体を気遣うように、お子さんをお風呂に入れてあげてはいかがでしょうか。

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  経済と精神の言語学

コメント

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube
タイトルとURLをコピーしました