名前の付け方

未分類

「子どもの名前、どうしようかと。。」

という話。

「生まれてから、この名前にしようと思っていた名前があったけど、変えた。という話も聞いているので、それでいいかな!とおもっています」

という話。

名前・・・不思議なものだ。

お母さんがその名前でその子を読んで気持ちがいいかどうか、とか?うーん、わからない。

歴史的には、例えば出産するときに雷が落ちたから、雷という言葉を入れることもあるし、神様が生きている国では、神様から名前をとることがある。階級を表す言葉が入ることもあれば、太郎、次郎のようなパターンもある。その地域のシャーマン的な人に命名してもらうことも、多々ある。

これから何人生まれるかもわからないし・・・

いろんなお母さんがいる。

漢字一文字!と決めて、じゃぁどうしようかと考えるお母さん。

とにかくひらがな3文字!を大切にするお母さんもいる。

他の国の言葉を知っているなら、多国籍の人なら、そっと、その国の言葉を名前に入れてあげるのも、いいだろう。

「月」という意味の言葉の音を、日本語で読ませて漢字に当てはめる名前を持った子がいた。子どもが大きくなったときに「どうしてこの名前にしたの?」と聞くことが必ず、あるだろう。そのときに、名前がうまれた「物語」を話してあげられるような、名前の付け方がいいのではないだろうか。「こんな気持ちで、君をこう呼ぶことにしたんだよ」と、しあわせを見つめながら、話しかけられるように。

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  しつけと道徳的行動の関係の研究

コメント

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube
タイトルとURLをコピーしました