時代が変わった

未分類

昔は子どもの環境が大人の環境と被っていることがおおかった。つまり学校だけの生活になる前、子供は地域の生活、大人の生活の中に子供が一緒にいた。大人から学び、仕事をしながら、手伝いながら、数学的能力、言語能力、社会能力、判断力、全てを鍛えていった。

大人の中で、できることをやり続けているからだ。

保育所の玩具、小学校を過ぎてからのゲーム、どれも「こどものため」に作られた製品であって、大人の社会と壁ができてしまった子どもたちの慰めになっている。とおもえる。お母さんと子ども、お父さんと子どもの壁すらできてしまうとしたら、子どもは本当にどうして行きていったらいいのか、だれに助けを求めたらいいのか、わからなくて困っているかもしれない。

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  言葉を喋るまでのケジメが大事すぎる件。

コメント

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube
タイトルとURLをコピーしました