【理不尽(狂気)への反応】言っても聞かないコドモに言い聞かせようとするオトナ

むたらやったらめったら怒られる人がいる。

怒られ尽くしている子がいる。
怒られるのは、気分のいいものではない。ストレスだ。
「怒られているだけマシだ」とかいう狂った大人がいるからしょうがない。

怒りを聞き流す、何度言っても聞かない、というのは、伝え方、関わり方が不健全なのではないかと僕はおもう。
(勉強も同じ。成果が出ない方法を繰り返えしやらせる大人が多すぎる。勉強しなさいが口癖になっていませんか)

わかるまで言い続ける、ということが「効く」のは、信頼関係がある大人の言葉に対してのみ。

ーーーーーー

ある言葉に反応してしまう。
ある感情に反応してしまう。

ある子は「ストレスを減ら」そうとする。当然、狂った大人から心を守るために必要なことだ。
例えば聞き流すとか、その場は「はい」というとか。言い訳ができるように繰り返すとか。(狂った大人に対する正しい反応ともいえる)
けど本当にお互いに成長するのであれば、もっと別の反応の仕方ができるだろう。(学びの信頼関係がないとできない)

別の子は「どうしていいかわからず」にただ感情をもんもんとさせているかもしれない。
ストレスが来たらどう反応するか、、、それこそ、学ばなくてはならないものだ。
例えばおもいっきり遊ぶとか、食べるとか、散歩するとか、寝るとか。もしくは愚痴る、喋る、楽しいことをする。(その中に、ゲームも入っているかもしれない笑)

感情との付き合い方を決める心の働きを、感情知性とか、非認知能力とかいう。

ーーーー

反応の仕方は時代が違えば変わるもので、今ならネットで全世界の人と、日本中の人とつながることができる。
子どもがそっちの世界で「感情処理」を行う生き方を、大人が認めてもいいのかなとおもう。

そっちの世界を広げてみたら、案外、大人だって楽しめるかもしれない。

そういう対等な関係に、大人と子どもを置いてみたら、子育ては楽しくなるかもしれない。

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  放課後、あそぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。