4ヶ月【生後第一の新しい発達の原動力】まで

未分類

子どもの発達のプロセス

3ヶ月

外界への意志

左右上下の追視「対象を追いかける意志」

対象を発見し、目で追うか、手を伸ばすか。

ガラガラ:音に反応し、見ようとするか、手を伸ばそうとするか。

この時期の子供は聴覚が優位。聴覚刺激で関心を高めつつ、目で確かめようとする。そうした「間」を大切に。

ハンカチテスト(抵抗を加えた時の反応):子どもと向き合い呼名して視線を合わせてから、顔にゆっくりとハンカチをかける。躯幹・四肢・手指が協応して外界の能動的に働きかけようとするか
活動が「途切れる」ことがあっても「つなげる」反応がみられるか。

発達の「悩み」

向き癖が強い(反射の影響にとらわれて思うように姿勢を変えられない)。

向き癖を乗り越えて自由にならない姿勢を克服していくエネルギー(能動性)の源は、お母さんの笑顔

自分で脅威があるものを取りに行けない。近づけない。(イライラした顔になる!)

欲しそうにしているガラガラをあげると、喜んでもっと動かそうとする

4ヶ月

生後第一の新しい発達の原動力

(1)人に訴えかける表情をする。人として認識して意図して笑いかける(あやされて笑うのではあく、自分から笑いかけ、大人に働きかけるようになる)。「人しりそめしほほえみ」(「生後第一の新しい発達の原動力」→6ヶ月へ)

(2)自由になってきた手で、能動的に世界と関わろうとする。

(3)対追視:正中線上で2つの積み木を打ち鳴らしてから左右に移動した二つの積み木を見つけられるか。(二つを見比べる力)
一つの積み木を目で追ったあと、積み木を打ち鳴らした試験者の顔を見てからもう一つの積み木を発見しても良い。

見比べの力の意味は、四か月ごろの子どもたちでも、確かめられます。たとえばお昼ごはんの時間に、離乳食を食べさせてもらっている友だちと保母さんを見比べるようにして、自分にも食べさせてほしい、とでもいいたげなまなざしと発声を向けてくる子どもがいるはずです。見比べの力が、二人のつくりだしている場面をとらえ、自分にもしてほしいという参加の意欲を生んでいるのです。それは、単なる見比べではなく、二人のつながりをとらえる力といってもよいのではないでしょうか。

こんな小さいときから、友だちの存在が子どもにとって意味をもっているのです。それ は、乳児期の早い時期から、「集団」がたいせつであることを教えてくれる姿です。(白石正久『子どものねがい・子どものなやみ』p.30)

オトノネひろげるシェアぼたん
READ  習い事を「させられ続けた」子どもの心

コメント

タイトルとURLをコピーしました