おとのねさんの読書課題

おとのねさん、狂っているので、本をよく読みます。
お金がないので、図書館で借ります。

どの本も「非認知能力が大切」という話をしています。
僕はそれを情動知性と呼んでいますが。
(社会情動的スキルとか、ソーシャルスキルとか、感情知性とか、レジリエンスとか、マインドフルネスとか、他にもいろんな言い方があるけど。つまるところしあわせになる能力のことです)

どの本も、しあわせになるために、偏差値はカンケーネーといっています。
本を読みながら、いろいろと、きっと発見があるでしょう。
その「ドキドキ」で僕は生きているかもしれません。

ーーーーーー

私たちは子どもに何ができるのか――非認知能力を育み、格差に挑む
成功する子 失敗する子――何が「その後の人生」を決めるのか
「非認知能力」の育て方:心の強い幸せな子になる0~10歳の家庭教育
非認知能力を育てる あそびのレシピ 0歳~5歳児のあと伸びする力を高める
0~5歳児の非認知的能力 事例でわかる! 社会情動的スキルを育む保育
社会情動的スキルを育む「保育内容 人間関係」: 乳幼児期から小学校へつなぐ非認知能力とは (実践事例から学ぶ保育内容)
社会情動的スキル――学びに向かう力
こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て
0歳~6歳 子どもの発達とレジリエンス保育の本
マシュマロ・テスト:成功する子・しない子
ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語――わが子の語学力のために親ができること全て!
1人でできる子になるテキトー子育て 世界トップ機関の研究と成功率97%の実績からついに見つかった!
マシュマロ・テスト――成功する子・しない子
3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ
モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる お母さんの「敏感期」
認知能力と非認知能力を育てる算数指導
遊びにつなぐ! 場面から読み取る子どもの発達
幼児教育の経済学
学力テストで測れない非認知能力が子どもを伸ばす
「学力」の経済学
教えない授業――美術館発、「正解のない問い」に挑む力の育て方
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

ーーーーーー

お母さんは忙しくて、読む時間がないかもなので、おとのねさんが読みます。
美味しいところだけお伝えします。

そういう役割分担を、やっていきたいものです。
得意なことを。その人にしか、できないことを。

お母さんは、お母さんにしかできないことを。

オトノネは、そういう場所です。

おとのねさんのチカラを使ってください。
僕は、お金というチカラをいただきます。

それ以上に、たくさん、あげたり、もらったりするかもしれません。
一方的にもらい続けるかもしれません笑

そいういう関係を、オトノネは大切にしたいとおもっています。

オトノネひろげるシェアぼたん

「子どもの子ども」のためにお母さんにできる大切なこと

子育ては、社会をつくること。
お母さん一人でしているのではないですね。

「子どもの子ども」のためにお母さんにできる大切なことは、お母さんが社会に働きかける、社会をつくっていくことです。

ーーーーー

ひとつめ。

お母さんが笑っていると、子どももしあわせになるんです。

お母さんが「お母さん」という役割を超えて、「◯◯さん」として充実した生活を送ることはもちろんです。

「あ、こうしたら、しあわせになるんだな」という作法を、子供はお母さんからたくさん学びます。
お母さんがしあわせになることが、子どものしあわせになるチカラを伸ばします。

お母さんの今の暮らしを豊かにすること。
これがひとつめです。

ーーーーーーーーー

ふたつめ。

ふたつめは、お子さんの将来の暮らしを豊かにする「しくみ」をつくることです。
「お母さんが」!です!
子どもが!何かするではありません。

さぁ、どうしたらいいのでしょうか・・・

お母さんが不安を感じてしまう社会の「しくみ」を変えることでうs。

不安な世の中、「この子をどう育てたら、しあわせになれるんだろう?」と悩んでしまうかもしれません。
学歴社会?貧困?この子は勝ち組に・・・?

繰り返してしまいますが、高学歴の人でも、引きこもりになることがあります。
不安の中で暮らしている子どもは、しあわせになるチカラを発揮できないことが多いのです。

お母さんは、どんな世の中になってほしいですか?

「正規雇用が少なくなった、外国人労働者が入ってきた、子どもは仕事をちゃんとできるだろうか」
そういうしくみをつくっている政治を変えるチカラがおかあさんにはあります。

「もしうちの子の時代に戦争が起こったら?」と考えてもいいでしょう。

「いやいや、政治なんて・・・」とおもっていませんか。

有権者として、政権を変える努力ができます。
別の政党になっても同じ・・・かもしれません。
ただ、今の「不安な世の中」にブレーキはかけられます。
また最近、希望に満ち溢れた言動をしている政党もでてきました。

子どもの子どもを「安心できる」社会に送り出したいという気持ちを、祈りを込めて、投票に行くことは、子育ての一部です。
「安心できる」社会をつくるプロセスに参加することは、子育ての一部です。

絶望しないための貧困学: ルポ 自己責任と向き合う支援の現場
画像をクリックすると、amazonという通販サイトに行き、関連する図書のリストが見られます。

責任とは何か。
「貧困になったのは、その人の自己責任」か。
「学校についていけなくなった」のは、その子の自己責任か。

いえいえ。
学力、経済の格差が生まれる「システム」になっているのです。
「システム」を変えれば、ずっと、よくなる、よくならなくても、最悪の事態は免れるでしょう。

だって現政権はこれから戦争しようとしているんだから。。。
だって現政権は、お金をオリンピックにつかって「国際的な評判」を高めようとしているのですから。

貧困はどの国でもある。
埋まらない格差がある。
ではどう生きればいいのだろう?
とりあえず一票!で簡単に変えられるのだから、一票入れたらいいでしょう。
簡単じゃないですか?

責任についておとのねさんが考察した記事はこちらからまとめてみられます。

ーーーーーー

選挙に関心がなかった僕が、はっ!とさせられたのは、安冨さんが出馬したこと!
安富歩『生きるための経済学』シジョウとイチバ

ある保育園の美術の時間と保育×美術×コーヒー

『誰が星の王子様を殺したか』というモラルハラスメントの本も書いている。おもしろかったですよ。星の王子様の、悲しい物語が、とても現実味を帯びて、さらに悲しく感じられるようになりました。

安冨さんがれいわ新撰組に入った後に書いた記事がこちら。
「組織」としてダメだから政治はダメだと思っていたところで、政党という「組織」を解体して選挙に挑んだ山本太郎。
その本意を汲み取って、文章化した安冨さん。

内側から見た「れいわ新選組」

「こどもを守り未来を開く」と訴えて参院選を戦ったれいわ新選組比例候補は、近現代史に精通し、社会生態学者でもある経済学・経済史の専門家!岩上安身による東京大学東洋文化研究所 安冨歩教授インタビュー 2019.8.9

社会の現状、見えない貧困と、「いい会社」一人勝ちになる格差社会を「よし!」とするのが今の政治です。
塾業界、学校はこれをさらに加速させています。
受験戦争、「定期テスト対策」をさせることは、貧困を生み出すシステムを強化することになります。
塾に通わせること自体、この貧困システムを強くしていることになります(さらに競争を激化させるコマーシャルをするわけですから)

貧困は拡大します。
そんな社会から子どもを救うために、大人は今、「課題」をしなくちゃいけないとおとのねさんは考えています。

犯罪、競争、さまざまな不安を作り出している今の政治を変えるのが、「子どもの子ども」を守る今の大人がしなくてはいけない、親としての責任だと僕は思っています。

【そろそろみんな怒ろうや!】
このデータがどこからきているかわかりませんが、彼の言うことなので、まぁ正しいのではないかと、おもってしまいます。

自民党すげえ金額企業から献金もらってる!!
お母さんが思い描く「いい会社」はこういうところですか。

「救いようのない世界それでも救いたい人がいる」
crisis 公安機動捜査隊特捜班

随所にちりばめられた問題提起に感動
こちらのドラマで、とある「犯罪者」が語る「貧困者」の姿は、お母さん自身、お子さん自身かもしれません。

ーーーーーーー

今話題のキングダムで、武将の誰かが騙されて、「全て」を失う瞬間があった。たしか、えっと、「離眼」の話だ。
その時、騙された、殺される運命にある武将(王?)が、殺戮者にこう申し出た。
「女子供には手を出すな」みたいなセリフだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現状、隠された貧困やらなんやらのデータはこちらのフェイスブックページで収集できます。
子どもを守るために、お母さんがやらなくてはいけないことが、あります。
山本太郎「れいわ新選組」を応援する会

オトノネひろげるシェアぼたん