2019-09

おとのねさんの悩み

おとのねさんはなぜ謎なのか。

おとのねさんは音の国から来たので不思議のベールで包まれています。 とかいうから、謎なのです。 そういう人物だから、いいことがある。 それがオトノネのいいところです。 どんな人なの? HPをみるといくつか写真が乗って...
リッチネス

これからこの国で幸せになるには。

この国で、幸せとは何か、もう一度考えてみたい。 考えなくていいか。 感じてみたい。 この国で、この国のシステムのなかで、僕はもう少し強くなろうとおもった。 日本は日本仏教の国。 この国でしか使えない、この国の宗教。 ...
リッチネス

子どもがもっている無限の余剰を僕たちが受け取ること。

オトノネのお母さんたちはたまに、僕にご飯を持ってきてくれる。 僕はもう泣きながら手を合わせて食べる。 美味しい。 おいしい。 このご飯、もちろん、家族のためにつくったしあわせを、僕がおすそ分けをもらっているだけ。 ...
発達心理(子どものポテンシャル)

【こどもの「遊び」は魔法の授業】8歳、9歳から思春期までの子どもの発達課題(=お母さんの宿題)。

バイリンガル環境で育った子供が、帰国して、「9歳のときに英語が喋れなくなる」のはよく聞く話。 これがどういうことかというと、脳が内言を強化する時期。 つまり今までに育ててきた言語能力が、前頭葉を刺激して「自己内対話」を行う時期。 この...
英語

英語の応用の勉強って何?

オトノネyoutubeチャンネルでこんなコメントが届いた。 問い 英語の応用の参考書のおすすめとかあるでしょうか? 答え 受験英語にもいろんな英語があります。どんな英語を求められているのかによっても違うし、英語の好き嫌いもあ...
なんで勉強しなくちゃいけないの?

学校の先生を助けてあげよう。

もしこういう先生がいたら、お母さんから「休んでいいんですよ」と言ってあげてほしい。 学校の先生の多くが疲れて自分でも何をしているかわからない、のかもしれないから。 学校の先生は、病気の人が多い。職業病。 助けてあげ...
発達心理(子どものポテンシャル)

【中学生】思春期前か、思春期中か。とにかく最後の子ども時代。何をして過ごすか。

中学生時代は、思春期前の、最後の黄金期。 思春期でいろいろなイベントが発生するまえ、 こういう大切な時期でもある。 『オプティミストはなぜ成功するのか』を読んでデイヴィッド・レヴィンが最初に目を惹かれたのは、効果的な時期に...
オトノネの指導法

【失敗はない】オトノネ流、学びのプロセス。

成長!といわれたら、直線的なイメージを思い浮かべていませんか? 伸びていく一方、とか。(某大手予備校の矢印のイメージ) ビジネスの世界で伸び続けることはできるかもしれません。(富国強兵、経済的な利益を無理に伸ばそうとして自民党公明党...
おとのねさんの悩み

おとのねさんが泣いたワケ

おとのねさんは泣いていました。 この記事では、その理由を、お伝えします。 世界を勘違いしていた自分が情けなかったのか。 解釈はいろいろだけど。 無力感からか。 泣いていました。 混乱して、泣いてしまい...
アウシュビッツ

批判とは何か。その3(日本の遺伝子・伝統との闘い)

パーソナリティ特性の科学、とか、スイッチ!とかを読みながら、人間の生物くさい側面を大切にしたほうがいいなとおもった。 限りなく動物になったら、もっと楽になるような気がする。 人間らしく、動物らしく。 命。 SNSでいろんな「...
Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube
タイトルとURLをコピーしました