発達障害

リッチネス

言葉の遅れ?言語遅滞?専門家・プロがいない日本でどうしたらいいか。

言葉の遅れ?言語遅滞?専門家・プロがいない日本でどうしたらいいか。 みんなね、子供が生まれたらね、まずオトノネに来たらいいよ。 と思う。 ーーーーーー 日本には、専門家がほとんどいない。 ということは知って...
精神心理学

『子どもを生きればおとなになれる』クラウディア ブラック

『子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方』クラウディア ブラック , 水澤 都加佐 内なるこども=インナーチャイルドの本来の姿は「周囲の世界と絆で結ばれた子」 直感、自発性、生命力の塊。 私た...
発達障害

クレーン動作・クレーン現象の心

今、おとのねさんは「0歳から思春期までの子供の発達」を赤ちゃんの「気持ち」を代弁する「赤ちゃんの日記」をつくろうと思っています。 お母さんに「ねぇねぇ、このころの僕はね、こんな気持ちで、こういうことをしてるんだよ。だからね・・・」と、...
お母さんの悩み

しあわせって何?ーICF国際生活分類の答えー学校についていけなくなった子のためにできること

ICFはWHOが定めた「人間の生活機能と障害に関する状況を記述することを目的とした分類」だ。 各要素の定義 心身機能 :身体系の生理的機能(心理的機能を含む) 身体構造 :器官、肢体とその構成部分などの、身体の解剖学的部...
アウシュビッツ

脳はゆっくり変わっても、心は大きく、突然、変わる。

#8 ジェロマガジン ~キム・ピークに学ぶ~ 自閉症と言われる人も、人との関わり合いの中で、自立していく。 人の中で喜びを感じ、「役割」を演じ、心を開いていく。 天の才、しあわせの種 もし彼が、生涯、施設の中...
発達心理(子どものポテンシャル)

遺伝か環境か、テクノロジーか

ディスレクシア 読み書き障害は完全に先天的だという。 文字が浮き上がったり消えたり、ゆがんだりする。 文字を書くにしても、線に沿ってかけなかったり、鏡文字になったりする。 タブレットによって、「できないこと」を補...
精神心理学

なかなか変われない人、変われない組織の「自己防衛」のしくみと子どもの「抑圧」

だれもが、プロセスの中にいる。 いつ起きるかわからない心の動きで、人生が変わって行ったり、同じことを繰り返したりを繰り返しながら、進んでいく。 オトノネにきて、新しい心の動きが、人生を新しいプロセスに向かわせるように変わっていく人も...
言葉の玉手箱

障害という言葉が生まれてくる場所

障害はなくならないかもしれない、けど、仲間として一緒に暮らす人との出会いがあれば、育っていくものがある。 それはいわゆる「障害児」も「健常児」も同じだ。 (今では「非定型発達児」「定型発達児」と呼ばれるようになった。僕もその...
精神心理学

「時間」が課題・宿題というバケモノになったら(おとのねさんは、やれ!やれ!と言う人だった)

「ああすればこうなる」という世界に生きていた。 心がなんなのか、ぼんやりとも、わかっていなかった。 「こうなりたいんでしょ?じゃぁこうしよう」といって、無理をさせていた。 「この子の学力をあげよう。そうしたらこの課題をこうやってや...
発達心理(子どものポテンシャル)

言いたいことが言えない。

大人のやましい沈黙。子どもの計画的不登校。 小さい頃は、「さかな」が「たかな」になったりする。 言いたいことがあるけど、まだ、「口」がついて行っていない。 もう少し、時間がたったら、食べ物をちゃんと食べて、いろんな音を出してみなが...
Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube
タイトルとURLをコピーしました