家庭教育

個別化

【学校で生き残ったいい先生のモデル】子どもの「命」を強くする大人の姿【思考の内面化=「心」の形成】

能動的な身体の使用がなければ思考は内面化しない 白石正久『発達相談室の窓から』p. 165-170 1)「大きい自分」を実感できる仲間づくり 細かな手の操作や全身の協調運動に 障害の現れているしげちゃんは、養護学校にな...
あそび

【学習障害?それとも大人の暴力?】遊びが足りないと発達するものもしない。

白石正久『発達相談室の窓から』p. 157 学習障害は遊び不足で起きる可能性 事例の検討に入るまえに、てんかんをもっている子どもたちにおこり やすい学習障害的傾向を簡単に述べておきます。 からだの運動や手指の操作は...
精神心理学

【「命」を強める「心」のあり方】と「発達の段階」を無視した大人の暴力

自らの障害を見つめ、受け入れる できない宿題を無理にやらせることは暴力です。 お子さんの「できるできない」「発達の段階」を無視した関わりは、暴力です。 もっといってしまえば、訳のわからない授業に縛り付けるのも発達を阻害する...
発達心理(子どものポテンシャル)

日常的な大人の【問題行動】白石正久『発達相談室の窓から』

自閉症児の場合には、しばしば「問題行動」が困ったこととして、ま た、いかに対処すべきかという問題としてあげられてきました。しかし、 「問題行動」はすべての自閉症児に同様に現れるわけではありませんし、いつでも見られるわけでもありません。ある時...
精神心理学

感情の言葉が少ないと前頭葉が「ホットな回路」に凌駕されてしまう件

今日の面談・レッスン

【今日の面談】不安定な状況の大切さ。生活習慣病・ひきこもりは「自然」か。

最近、春先で頭がぼうっとしていて話題がたまに飛んだりします。 自覚あり。 ======== 今日、飛び入りで面談があった。 言葉のレッスンに興味をもってくれたお母さんが来てくれた。 そこで「子どもがモニターラブ」な...
リッチネス

言葉の遅れ?言語遅滞?専門家・プロがいない日本でどうしたらいいか。

言葉の遅れ?言語遅滞?専門家・プロがいない日本でどうしたらいいか。 みんなね、子供が生まれたらね、まずオトノネに来たらいいよ。 と思う。 ーーーーーー 日本には、専門家がほとんどいない。 ということは知って...
精神心理学

『子どもを生きればおとなになれる』クラウディア ブラック

『子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方』クラウディア ブラック , 水澤 都加佐 内なるこども=インナーチャイルドの本来の姿は「周囲の世界と絆で結ばれた子」 直感、自発性、生命力の塊。 私た...
お母さんの悩み

躾(しつけ)ではなく気締め(ケジメ)が大切。『アタッチメント障害とその治療―理論から実践へ』カール・ハインツ ブリッシュ

『アタッチメント障害とその治療―理論から実践へ』カール・ハインツ ブリッシュ 躾と気締めである。 しつけは身の美しさであって、けじめは気を締めること。だということにしておこう。 けじめをつけることの大切さを感じる。 ...
精神心理学

フィンランドの精神福祉(メンタルヘルス)の施策と日本の「定期テスト対策」の差が自殺率に現れる。

社会人もオトノネで学んでいる。 精神保健福祉士の資格をとるために一緒に勉強している人とテキストをみながら、フィンランドの自殺率は実は日本より高かった(過去形)ことを知った。 元の記事はこちらから ではどういう試みを...
Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube
タイトルとURLをコピーしました