ファンタジー

言葉の玉手箱

3才から心が擦り切れている子どもたち。発達「障害」の意味を捉え直す。

堕ちる、堕ちないという話をした後でこの記事を書く。 NPO法人 富山ダルクリカバリークルーズ 薬物依存症の大人が回復する取り組み。 で、ふとおもった。 人間は、いつ何時でも、その時々の、発達課題をもっている。 お父...
塾選び

他人の合格実績よりも大切なこと(オトノネの合格実績ポリシー)

実はこれを勘違いしていて「失敗」する受験生が多いのではないかと、僕はおもっている。 「受験」とは何か、「受験勉強」とは何をすることなのかがわかっていないと、合格実績で判断することになると、僕はおもっている。 なぜ「合格実績」のあ...
精神心理学

アウシュビッツで生き残った人の言葉のチカラ

どうしたら楽しく働けるのかを考えてみてください。子供の頃、なんでもない公園の砂場で思いっきり泥だらけになって楽しんでいた頃を思い返してみてください。大人になっても変わりません。無邪気に仕事を泥だらけになりながら楽しんでいる人には人も仕事も給...
リッチネス

【魔法の使い方】『ふらいんぐうぃっち』

『ふらいんぐうぃっち』 日常。 暮らし。 魔法は? 魔法使いって、どんなひと? 物語を見ていくうちに、このアニメから伝わってくるものが、はっきり感じられるようになってくる。 魔法が使える人がで...
リッチネス

【インディアンの教え】ドリームタイム

夜、夜更かしをする。 ということが、よく思春期の子にはある。 大人でもよくある。 夜の時間は、ネイティブインディアンの言葉で「ドリームタイム」と呼ばれている。 神聖な時間。 不思議な時間。 神秘の時間。 ...
ファンタジー

【仕事と家庭】西野亮廣さんと安冨歩さんの共通点と相違点

【仕事と家庭】西野亮廣さんと安冨歩さんの共通点と相違点 西野亮廣さんという人がどういう人なのか、掴みかねていた。 前よりはつかめた気がするから残しておく。 安倍さんと前澤さんに続き、人物紹介3人目。 (追記あります)前澤さん...
おとのねさんの悩み

とある魔術の禁書目録【ファンタジーのリアル】敵がみえない世界。敵を殴って倒せない世界。

生徒から教わることがたくさんある。 日本という国の歴史を「未解決事件」を通じてまとめようとしている子がいる。 事件の裏には、「不都合な真実」がある。誰にとって不都合かといえば、「上級国民」と言われている人たち(魔王)。 僕が衝...
本の紹介

ごっこあそびのチカラ!『残酷すぎる成功法則』再読でマシュマロ実験の意味を知る。

ながながしいが、引用。 困難に際して、マシュマロ実験で子供たちはただただ我慢をしたのではなかった!! つまるところ、想像力を使って、目の前に立ちはだかる困難を「操作」すること。 ファンタジーの世界を「使って」現...
ファンタジー

大人にとっても大切な「ファンタジー」と思春期。

子どもの発達の教科書を見るとよく出てくる 感覚遊び→象徴遊び→集団遊び(ルール遊び)という流れがある。 手を使って、体を使って遊ぶ→ごっこ遊び、なりきり遊び→鬼ごっこ、ドッジボール で、これは 現実世界(物質世界・ここにある...
本の紹介

創造力とは何か。『子どもの心的世界のゆらぎと発達』木下 孝司

『子どもの心的世界のゆらぎと発達』木下 孝司 ファンタジー、創造性とは何か。 創造性のない個性は、切れない包丁だ。 ーーーーー 何も芸術家という職業につくために必要なことではない。 「ここにはない姿」「ここには...
タイトルとURLをコピーしました