「ひと」の発達

「ひと」の発達

学習障害LDか、スローラーンなだけか。

学習障害児に対する指導について(報告) 文科省の資料だが。 古いなぁ。。。平成11年か。。 で、リンクのページの下の方に書いてある「学習障害の判断・実態把握基準(試案)」をみると 1  校内委員会における実態把握基準と留意事...
脳科学

おとのねさんの「小学生が一番(?)、教育に投資する時だ!」という思いを支持するデータを文科省の「子供の学習費調査」から読み取る。

こちらのリンクからどうぞー! 有料です。知的好奇心をお金で買いたい方、どうぞ! おとのねさんの「小学生が一番(?)、教育に投資する時だ!」という思いを支持するデータを文科省の「子供の学習費調査」から読み取る。 幼児期...
進路

言葉の心ーオトノネー

生徒がやってきた。 (生徒っていうのもなんだな・・・人がやってきた) 先週出していた「やってくること」の話はさておき、いろんな話をしてくれる。 喋りたい様子。 聞く。 適性診断をやってみた!「占いを研究し尽くした人がい...
精神心理学

【高次認知的情動】とは?情動・感情が現状打破するチカラになる話『感情』『喜怒哀楽の起源』

感情 (〈1冊でわかる〉シリーズ) 喜怒哀楽の起源―情動の進化論・文化論 情動には文化的な「表現様式」があるという話。 文化の中で、「望まれている」情動があるという話。いわゆる、県民性、国民性というやつだ。 日本人と...
精神心理学

『子どもを生きればおとなになれる』クラウディア ブラック

『子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方』クラウディア ブラック , 水澤 都加佐 内なるこども=インナーチャイルドの本来の姿は「周囲の世界と絆で結ばれた子」 直感、自発性、生命力の塊。 私たちアダルトチ...
言葉の玉手箱

3才から心が擦り切れている子どもたち。発達「障害」の意味を捉え直す。

堕ちる、堕ちないという話をした後でこの記事を書く。 NPO法人 富山ダルクリカバリークルーズ 薬物依存症の大人が回復する取り組み。 で、ふとおもった。 人間は、いつ何時でも、その時々の、発達課題をもっている。 お父...
教育

生徒4人を不登校にした先生が担任になったらどうするか。

どうやら進学校に一人は、恐ろしい病気の先生がいるらしい。 なんの恐怖に狩られてか、生徒を恐怖に陥れる先生が、いる、らしい。(すこし誇張しすぎでしょうか。現実でしょうか) なぜ不登校になるかといったら。 課題をやれとか、補講に来いと...
「ひと」の発達

言いたいことが言えない。

大人のやましい沈黙。子どもの計画的不登校。 小さい頃は、「さかな」が「たかな」になったりする。 言いたいことがあるけど、まだ、「口」がついて行っていない。 もう少し、時間がたったら、食べ物をちゃんと食べて、いろんな音を出してみなが...
精神心理学

「時間」が課題・宿題というバケモノになったら(おとのねさんは、やれ!やれ!と言う人だった)

「ああすればこうなる」という世界に生きていた。 心がなんなのか、ぼんやりとも、わかっていなかった。 「こうなりたいんでしょ?じゃぁこうしよう」といって、無理をさせていた。 「この子の学力をあげよう。そうしたらこの課題をこうやってや...
本の紹介

学校の偏差値教育(相対評価)と家庭教育(絶対評価)でセルフハンディキャップ・無気力・無力感よさよなら『よくわかる情動発達』

タイトルとURLをコピーしました