ケジメ(気しめる

教育

しつけ

知育だとか食育だとか脳育だとかいろいろあるがどれも育てるということの一部を拡大してみせるだけで、全体のバランスを見失ってしまわないように気をつけなくてはいけない。 社会のなかで、ひとりひとりは別々の道のりで発達する。 親、幼稚園、保...
精神心理学

『子どもを生きればおとなになれる』クラウディア ブラック

『子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方』クラウディア ブラック , 水澤 都加佐 内なるこども=インナーチャイルドの本来の姿は「周囲の世界と絆で結ばれた子」 直感、自発性、生命力の塊。 私たちアダルトチ...
お母さんの悩み

「怪獣」は、悪か。善か。子どもの「問題行動」とは?

これもよくある話。 「問題行動」という言葉がある。 これも半ば、呪いの言葉なのだが・・・ 指し示しているものは「社会的に不適切とみなされた行動」だ。 校則違反も問題行動になるだろう。 ーーーーー 人の中には、怪獣...
ケジメ(気しめる

【2歳3歳の関心ごと】発達段階を理解して子どもに伝わる言葉を選ぶ。

「ちょっと」ならがまんできる?2歳、3歳 「大きい―小さい」がわかるようになるころから、欲張りな心に変化がみられはじめま す。もちろん、友だちの遊んでいる小麦粉粘土を全部自分のものにしようとしたら、きっと 大変なケンカになることで...
お母さんの悩み

【駄々をこねる心】と、おもちゃうりばの前を通りたくないお母さん

自分で決めたい願いと「だだこね」 子どもが駄々をこねた時の大人の関わり方が、子どもの「心」を作っていきます。 自分を修正する「自分」ができてくると、自分のことは自分でしたい願いにとどまらず、自分で決めたい願いもたくましく育ってきます。「...
本の紹介

ごっこあそびのチカラ!『残酷すぎる成功法則』再読でマシュマロ実験の意味を知る。

ながながしいが、引用。 困難に際して、マシュマロ実験で子供たちはただただ我慢をしたのではなかった!! つまるところ、想像力を使って、目の前に立ちはだかる困難を「操作」すること。 ファンタジーの世界を「使って」現...
タイトルとURLをコピーしました