脳科学

言葉のレッスン

【子どもの発達を学べる塾】社会人とオトノネ

前置き 自閉症の人が他人と目を合わせるのが苦手、なのは、「脳」が人の顔の刺激をうまく処理できずに過剰反応してしまうからだ。 という当たり前のことを当たり前に研究して実証した。 という情報をオトノネのパートナーの人から教えてもら...
脳科学

遺伝子と遊びとサニーブレインと神とお守りと霜降り明星

『遺伝マインド』安藤寿康 新書では書かれていなかったことが満載。 遺伝の話を詳しく知りたい方はこちらから図書室へどうぞ オトノネの電子図書館 ビッグファイブ 神経質傾向・調和生・誠実性は行動抑制性 外向性と開放性...
精神心理学

『子どもを生きればおとなになれる』クラウディア ブラック

『子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方』クラウディア ブラック , 水澤 都加佐 内なるこども=インナーチャイルドの本来の姿は「周囲の世界と絆で結ばれた子」 直感、自発性、生命力の塊。 私た...
本の紹介

『忘れる技術』岡野 憲一郎

『忘れる技術』岡野 憲一郎 不安になったら振り向いて安心してまた探索を始めるとか、お母さんから安心をもらって内在化するといった言葉がよくわからなかった。 それは、意識しなく打てもキーボードが叩けるようになる、意識しなくても歩...
脳科学

ドッグセラピー ・ドルフィンセラピー・動物療法

混乱してごちゃごちゃになった前頭葉を使わないで遊ぶことで心の余白ができること。
脳科学

【思春期】は2歳のウハウハ期(イヤイヤ期)と似ている気がする。

2歳のウハウハ期(イヤイヤ期)は高次認知的情動がぶわっと現れて「いやもう、ほんと、困ってるんだぜ!いろんなこと感じてるんだぜ!あれもこれもやりたいんだぜ!」という時期だった。 子どものゴールデンタイム2歳のイヤイヤ期(ウハウハ期)の心の状...
言葉の玉手箱

【自然な子育て】とは何かー学者たちの出した簡単な答えーストレス『成功する子・失敗する子-何が「その後の人生」を決めるのか』

『私たちは子どもに何ができるのかー非認知能力を育み、格差に挑むー』ポール・タフ 逆境によるストレスが、発達段階の体や脳にダメージを与えるのである。(略)人間の整理システムは急を要する身体的な非常事態に反応するように進化してきたもの...
脳科学

おとのねさんの「小学生が一番(?)、教育に投資する時だ!」という思いを支持するデータを文科省の「子供の学習費調査」から読み取る。

こちらのリンクからどうぞー! 有料です。知的好奇心をお金で買いたい方、どうぞ! おとのねさんの「小学生が一番(?)、教育に投資する時だ!」という思いを支持するデータを文科省の「子供の学習費調査」から読み取る。 幼児期...
脳科学

子どもとうまくいかない!とおもったら?

子どもとあそんでみよう。 うまくいかなかった罰として!笑 「イヤ!」といわれたら? 泣いてせがんでみてもいい笑 気持ちがわからない、通じ合わない、感じられないなら、遊びはその壁を簡単に壊してくれる。 「悩んでいる新...
おとのねさんの悩み

2種類の幸福

The surprising science of happiness 高校の授業のゲストで、岩井伸太郎さんがきてくれた。 世界一周をした経験から瞑想、マインドフルネスを加賀市で実践している。 子どもたちが生き方を学ぶ、勉強も...
Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube
タイトルとURLをコピーしました