【癇癪】日本語と英語の情報の違い(信頼できる言葉を探して)

「言葉」を取り入れたが「心」を入れるのを忘れられた言葉が呪いになってうろつきまわっている日本の姿。
『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―』安冨 歩みんな大好き欺瞞の言語から心の健康を守るには?

言葉を正すことはとても大切。

で、今回は日本語と英語で、同じ「癇癪」という現象に対してまったく「アプローチ」が違うというお話。

ーーーーーーーーーーー

ウハウハ期のこと。

この時期何が大切かって、大人の関わり方次第で、簡単に自己疎外人間、ナルシシスト、サイコパスみたいな人が生まれてきてしまう可能性が高くなるから。
第二次ウハウハ期(いわゆる思春期)はこれにプラスして文化や社会に対するウハウハだから、より一層、大人が、試される気がする。
【2歳】ウハウハ期にウハウハできないから思春期を迎えられない?という仮説。
【思春期】は2歳のウハウハ期(イヤイヤ期)と似ている気がする。
【第一思春期】子どものゴールデンタイム2歳のイヤイヤ期(ウハウハ期)の心の状態は高校生が溺れている「課題の海」と似ているような気がした。【性格の強み】
【中学生】思春期前か、思春期中か。とにかく最後の子ども時代。何をして過ごすか。

ーーーーーー

で、第一次ウハウハ期の話。

英語のサイトで心ある文言をみつけた。

「Tantrums(癇癪) mean your child is overwhelmed by their feelings. It means they need your help.」

とてもシンプルで、わかりやすい。行為レベルではなく、気持ちレベル、情緒、言語レベルで癇癪というものを理解できるような言葉が選ばれている。
言葉を「問う」か、行為を「乞う」か。

日本語のサイトをみると、「対処法」といった「行為」レベルの話しか頭に入らない。メソッドよりも。子どもを理解することが大切だとおもうのだが。
技術、方法は大切だが、その心(メタスキル)が忘れ去られがち。

「「自分の思い通りにいかないことに対しての感情」がかんしゃくを起こす根本にあります。その点を保護者の方が理解してあげ、適切に対処することが大切です。」

対処はdeal、まるで作業のようだ。英語ではhelpとなっていて、手助けの意味になる。人間的だ。
(詳しく知りたい方は、英語辞書の例文をみてみてください)

「日本語」の文化が弱いのは、(言葉を生み出し理解していく)大学が「技術」にしか投資しないからだといって悪口をいうこともできるが、悪口を言っていても、学べない。学ぼうと僕は思います。

ーーーー

子どもはoverwhelmされているのであって、それをhelpするのが大人。

この一言で、だいぶ子育ては変わるとおもうのに。
overwhelmにさらにoverさせたらsuperoverwhelmだ。

大人がoverwhelmされていたら、もともこもない。
言葉の遅れ?プロがいない日本でどうしたらいいか。

ーーーーー

ちなみに、保育業界では「話し合い」が行われる。
これもただの「作業」になっており、helpになっているのか、ただ単に大人がcontrolしているだけではないのか、よくよく感じてみてほしいことだ。(同じようなことが、学校の「いじめ」の現場でも行われているのだから)

子どもの尊厳がないがしろにされているのは、僕は「いじめ」だとおもう。「いじめ」が当たり前の日本。だって、大人もいじめられているんだから。

僕は、いじめに加担する大人には、絶対になりたくない。
【学びのプロセス】先生によるいじめとは何か『生きる技法』『経済学の船出』安冨歩

【ずっと小学生その2】学校に魔王がたくさんいるのはなぜか。
親に「安心」を売る塾という名の魔王

ーーーーーーー


日本語の信頼性は、(僕にとっては)低い(ほとんどの言葉が呪われているという理由で)。

だとしたら、やっぱり「沈黙」や「作業」が、日本人には向いているのだろうか??

日本人には向いているかもしれないが、僕には向いていない。

 逆に考えてもいい。
日本語の豊かさはなんだろう?

日本語の伝統から抜け出そう、新しいものを作り出そうという方向も、日本語の豊かさを考える方向も、創造的だ。

オトノネひろげるシェアぼたん

英語の応用の勉強って何?

オトノネyoutubeチャンネルでこんなコメントが届いた。

問い
英語の応用の参考書のおすすめとかあるでしょうか?

答え
受験英語にもいろんな英語があります。どんな英語を求められているのかによっても違うし、英語の好き嫌いもあるとおもいます。僕は国語の教科書にある文章を英作して先生にみてもらっていました。そういう勉強法もあるとおもいます。『英文解釈考』は有名ですね。僕は中原さんの『新英文読解法』も読んでいました。が、今の時代、生の英語からたくさん吸収するといいかもしれません。興味ある分野があれば、英語圏でその分野がある大学の「大学案内」をみたり、英語の記事をみたり。英語圏の人のツイッターをみたり。情報の入口がつかめるとおもいます。今の時代、そういった「応用」も簡単にできます。答えになっているでしょうか。美しい言葉と出会えるといいですね^^

オトノネひろげるシェアぼたん

踊る小学英語

水泳、そろばん、塾、英語教室、公文。毎日分刻みで習い事に勤しむ小学生。
いつもは元気な先生とワイワイやっている小学英語の授業だが、今日は僕がピンチヒッター。
静かぁに話をしていると、白目を向いて気絶したかのように、眠った。
疲れてるんだね!気を張っているんだね!睡眠学習がいいとおもう!

小学英語が導入されて、子どもの心がよけい擦り切れていませんか?

オトノネひろげるシェアぼたん

やっぱり英語は5歳までやらなくていいと思った。

最近ツイッターで情報収集する技術を手に入れたおとのねさん。

こんな記事と出会いました。

母語以外の言葉を子どもが学ぶ意義 ──バイリンガル教育からの視点

イマージョンとは、バイリンガル環境、英語で英語を学ぶ、英語で浸すこと。
あそびから入って、どんどん英語で何かを学ぶしくみをつくる。

そもそもの母語をしっかりと、
そして5歳までは5歳までの発達課題、人間として大事にしたい心をしっかりとみてほしい。
と思っていたおとのねさん。

こういう外国の、多言語な環境で行われている外国語教育の資料をみると、納得がいった。

というわけで、学童保育(という名の放課後の「もう一つの学校」)オトノネは、5歳から受け入れようかなーとおもいます。

オトノネひろげるシェアぼたん

バイリンガルとは、英語を学ぶあそび環境のこと。

たまたま本屋にあって読んでみたら、いいこと書いてあった。
「そもそもバイリンガルとは、学び方であって、喋れるようになった状態ではない」と僕は解釈した。

ちなみに5歳までというのはちょっとうーんという感じで。
(もちろん早くてもいいのだが。お母さんたちがバイリンガルバイリンガル!英語英語!で5歳までの人間として大切な発達課題に目が向かなくなるのは違うとおもうから5歳までとはいいたくない)

あそびの資源として、英語を使う、というのが、オトノネのスタイルです。

バイリンガルは5歳までにつくられる

「英会話教室に週一回通えば…」
「ネイティブじゃないと…」

お金と時間を別のことに使うことをおすすめします。
もし、小さい頃から英語を「習わせる」のであれば、家庭教育の一つとして、家の中で始めることが、一番効果がありますよ。
材料は、この時代、たくさん転がっています。

インドネシアで出会った女の子。
お父さんいわく。「この子はyoutubeで英語を学んでるんだ!」実際、6歳くらいのその子は、英語できた。
あそびが、子どものチカラになる。

オトノネひろげるシェアぼたん

「ふつう」という色眼鏡。「ふつう」の3つの意味。

かけてる人!

はい!

外してみてください!

外せますか?

なかなか、外せないですよねぇ…

学校で、外し方、教わりませんでしたか?

教わらないですよねぇ…

お子さんはもう、外しているかもしれませんよ。

メガネを外してみて、
お父さんお母さんが、
お子さんと一緒に風景をみてみたら、何かが起きるでしょうか。

ーーーーーーーー

「ふつう」と違うことが怖いらしい富山県。(だからといって誰も「平均点」以上をねらわない親はいない不思議)

「ふつう」って何だろう?

普通という言葉を英語で表すとnormal とかordinaryとかcommonとか。
normalはノルマという言葉があるように、規格に合う、正常なという意味。
けどordinaryはorderつまり秩序の中にあるという意味(これを順番と訳すと話が少しおかしくなる)。
commonはcom、共通しているという意味。

はい、英語の勉強です。

あなたの「ふつう」はどれですか?

「学校の成績」は「ふつう」でなくちゃだめですか?
その子の今のままの「ふつう」ではだめですか?

どんな「ふつう」がいいですか?
「ふつう」を望まれているせいで、お子さんは苦しんでいませんか?

そもそも、学校の成績の出し方によれば、平均点以外の子どもは「ふつう」ではなくなる現実がありますが。

オトノネひろげるシェアぼたん

小学1年生から「ちゃんと」英語を始めるといいとおもう理由。

世の中にはこういう塾もある。
英語学習者に「洋書で英語学習をするべき」タイミングを知らせる13のサイン

実は、保育園でこんなことがあったことと相まって、
言葉を喋るまでのケジメが大事すぎる件。

英語教育について考えた。

ーーーー

英語を英語で学ぶ
英語を英語らしく、英語に触れまくって学ぶ。

というスタイルの学習方法に疑問を持ち続けて来た。
生活の中でも英語にふれるくらい英語環境にあるならまだしも、やはり日本語での文法理解も必要なのではないかと。。。
だって日本じゃ英語使わないし!

けれども「言葉」に対する脳の枠組みが決まる前であるなら、「英語でも自然」になるような、少なくとも「英語が不自然」にならない言語環境を脳内に作れるのではないか。という希望を抱いた。
(三単現のsとか以前に、英語を一つの言葉のあり方として、心を開いて学んでいける環境をつくるということ!

そのためには、英語が嫌になる前に、小学校の1年生からはじめたらいい。
小学英語が始まってどうなったか。

出典をメモし忘れたが、「10歳で聴覚のニューロンネットワークの成長はほぼ終わる。(バイリンガル環境で学べる限界??)」というメモが残っている。それからこんな記事も書いた。脳は断捨離する。

発達させるべき場所とそうでない場所をはっきりさせていくだけで、3歳児までに全てをやらなくてはいけないとかいう話ではない。

フッテンロッハー教授は、「第二言語の習得や音楽のトレーニングは、まだ頭が柔軟な早い時期(5歳から10歳までの就学初期の時期をふくむ)にはじめれば、一層効果的になる可能性が高い」と書いている。(『こどもの「遊び」は魔法の授業』p.57)

たまたま見つけたこのページにも、5歳〜7歳という数字がでてきています。
バイリンガルへ向けての語学教育については、世の中的に意見が食い違っています。

バイリンガル環境で育った人たちの初語の出方、言葉の発達の仕方が母国語一つに限られた人とどう違うのか、勉強してみます。

ーーーーーー

これも出典を書き忘れているが、一歳で初語がでるとき、すでに「母語と母語以外の言葉が別れる。(喃語までは「全ての音」を含んでいたが、この時から出す音が使う言語に規定される)」と書いてあるメモがある。また
「生後二日で母国語と外国語を聞かせると、母国語の時は吸啜反応が激しくなる。」というメモもある。

母語と外国語の区別は小さい時から判断している子どもである。

が、「日本を出たこともない、昭和の人(誰か忘れましたごめんなさい)」でも英語をペラペラになった事実があるように、小さい頃でなければならないわけではない。僕も韓国語を20を過ぎてから現地で覚えて、まぁ喋れている(ネイティブの人には変な発音だと言われるが。。。)

ーーーーーー

ただ言葉に敏感な、言葉を吸収していく力が伸びる時期に、そして好奇心を持っていろんなあそびをしていく時期に英語を混ぜることで、あそびながら「自然な」ことばとして英語を脳の中に刻むことは意味があるだろう。

言語習得にもいろいろな理論があり、有名なチョムスキーの「生成文法」を

体験を伴った学習環境をつくる。
当たり前のように、英語という料理が目の前に置いて食べてもらう。
英語を使っても恥ずかしくない環境を作る(聞いた話によると、英語を喋っていた子が、周りの子に変な目で見られて英語を喋らなくなったということである)

オトノネは、放課後児童クラブをセカンドスクールとして、子供達に英語環境で暮らしてもらうという実験を試みようと今思いました。
わからなくても、なんでも。英語で問い、英語で語り、わからなくても笑ってごまかす。英語に心を開けているのなら、そのなかでたくさんのことを学べるはずだ。英語に心を閉ざしていない小一なら、できるのではないか。

オトノネひろげるシェアぼたん

英単語を覚えるのが苦手な人は、ゲームで?

【継続が命】ゲームで楽しく英語学習できるアプリをまとめた【17選】

こういう世の中になっている。

別に英単語を覚えられるなら、使えるようになるなら、なんでもいいのだが。
英単語だけを覚えて、その単語の使い方がわからなくなるケースは多々ある。

ゲームをどう使うか。
道具はつかいよう。

ゲームじゃないと単語と向かい合えないなら、こういうものから始めてもいいのかもしれない。
ただし、そのゲーム世界が、受験の成果に直結するかは、また別の考察が必要!

ゲームやタブレットだけでは得られない、英語のチカラがある。

オトノネひろげるシェアぼたん

小学英語が始まってどうなったか。

小学英語が導入。
で、何が起きたか。

いいことが起きたか。
教育産業がビジネスを始められた。
それは、子供にとっていいこととは限らない。

とりあえず悪いことは起きた。
「小学校で英語が嫌いになる生徒が増えた」

英語が好きになるかどうか、英語が得意になるかどうかは、中学一年生のときにならう先生で決まる、という話を聞いたことがある。
一度置いて行かれたら追いつくことが難しい。

英語が嫌いになる学年が、中学生から小学生に下がった。
そういう話を聞く。
教育とは、やっぱり、教わる先生で決まるものなのだ。
とおもう。

評価の仕方はどうなっているんだろう。
今度聞いてみよう。
テストとか、学習態度とか、いままでと変わらないんじゃないか。
どうなっているんだろう。

それにしても、こういう記事を見ると、教育もビジネスになったとおもう。
オトノネはオトノネなりにやっていけばいいか!

オトノネひろげるシェアぼたん

英語教育その1:富山県の英語力は全国2位?情報リテラシーを身につけよう。

北日本新聞2019年4月17日

背景知識がないとなかなか気がつきにくいが。

疑わしくは「教員の判断で認めたケース」という項目だ。

また英検準二級がどの程度の英語力か、疑わしい。準二級をとっているのに英語が全く読めない、できない高校生に出会うことがよくあるからだ(穴埋め問題の解き方を学び、英語の読み方を学んでいない生徒がほとんど)。(石川県の私立高校の特進クラスでは、大学受験の「模試」の過去問を研究し、「模試」で結果を出させているところもある。恐ろしい)英語力ではなく、英語検定試験力である。

国内外を含めたくさんたくさんの英語検定試験のレベルを俯瞰するための尺度に、国際基準「CEFR(セファー)」がある。これによると、英検準二級はA2(基礎の第二段階)であり、

日常の基本的な表現を理解して、簡単な会話のやりとりができるレベル。基本的な個人情報や買い物、地元の地理、仕事など、身近な話題については情報交換が可能。

なレベルだそうだ。本当だろうか?検定試験にもタテマエがある。

また、「公立」が対象であることに注意。つまり、「私立」にデキる生徒が集まる都市部についてはそもそも調査対象外ということだ。

富山県は教育県と言われ続け、みなそうだと信じているのが現状だ。お母さんたちは富山県の「ふつう」になろうとしてがんばる。うちの子を全国二位の英語力をもった富山県のスタンダードに!なんて考えていませんか?「うちの子が心配・・・」という不安な気持ちを高ぶらせるマスメディアの情報にご注意。

お母さんの焦りを、プレッシャーを、子どもは敏感に感じています。

オトノネひろげるシェアぼたん