社会

進路

なぜ学ぶ、なぜ勉強する、なぜ大学に行く、なぜ高校に行く

今日、偏差値が低い(客観的に低いだけで生徒のあたまがわるいわけではない)学校の生徒と話をした。 「期末テストの代わりにセンターの点数が使われるから、赤点とったら卒業できないんです!」 赤点とるかもしれないくらいヤバいの?と聞くと...
社会

アウシュビッツは自由・平等・平和の象徴か。

私は自由も平和も平等もこの世界にはないと思っている。 それらの言葉を掲げることが西欧文化と折り合いをつけるために都合が良かっただけで、日本は明治以降にとってつけた漢字でハイカラをしているだけのようにも思える。ハイカラという言葉も、死語にな...
教育

「長時間」「みんな一緒」「やらされる」組織からの自立と、組織の選択。

こんな見方ができる。 あくまで、見方。 「させる」世の中。 学校はまだ戦時で、工場に集団就職した子どもたちがいそいそと手を動かし、終わらない宿題・課題、そして矢継ぎ早に繰り返されるテストで休む間もない。そこで「させられる」以外...
言葉の玉手箱

勉強ってなんだろう。

私も誰かに聞きたい。 石川県、富山県の御三家、進学高校が全然進学高校じゃないことをデータで示している最中、「こんなにも、地方と都会は違う。なのになぜ、大学進学をさせようとするのか」わからなくなった。 塾は、親や学校、大人の見栄を...
タイトルとURLをコピーしました